現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期型登場も間近? マツダ ロータリーモデル「RX-9」実は「もうあった」!? 「知らなかった」「めちゃ気になる」反響大な45年前の激レアモデルとは

ここから本文です

次期型登場も間近? マツダ ロータリーモデル「RX-9」実は「もうあった」!? 「知らなかった」「めちゃ気になる」反響大な45年前の激レアモデルとは

掲載 4
次期型登場も間近? マツダ ロータリーモデル「RX-9」実は「もうあった」!? 「知らなかった」「めちゃ気になる」反響大な45年前の激レアモデルとは

■JMS2023で初公開の「アイコニックSP」に「ついに次期RX-9登場」か!?

 マツダは2023年10月28日から11月5日まで開催された「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」で、新型ロータリースポーツカー「アイコニックSP」を参考出品。これまでファンの間で次期「RX-9」と期待も高かったモデルがついに姿を現したことで話題を呼びました。
 
 しかし実は45年以上前、既にマツダではRX-9というモデルが存在していました。そんな幻のロータリー車に対し、SNS上などでは様々な意見が集まっていました。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ新型「ロータリースポーツ」を画像で見る(30枚以上)

 ロータリーエンジンは、1957年にドイツのヴァンケル社が開発し、夢のエンジンとしてさまざまな自動車メーカーが注目しました。

 各社が苦戦を強いられるなか、乗用車向けとしてはマツダのみが量産化に成功し、1967年登場の「コスモスポーツ」に初搭載。

 その後もマツダの各モデルに積まれ、マツダが目指すロータリーエンジンの拡大施策「ロータリゼーション(造語)」を推進するなど、マツダの象徴とも言える存在となっています。

 しかし2012年に「RX-8」の生産を終了し、ロータリーエンジンの歴史は一度途絶えました。

 2015年の東京モーターショーにはロータリーエンジン搭載のクーペコンセプト「RX-VISION」が展示され、次期RX-9の発売に期待が高まっていましたが、2023年9月には、新開発の1ローターRE「8C」型を発電用に用いたプラグインハイブリッド車「マツダMX-30ロータリーEV」がデビュー。

 さらにJMS2023に前述のアイコニックSPが登場し、美しくも現実味のあるスタイリングや、MX-30ロータリーEVの発展形である2ローターEVという仕様などと相まって「ついに次期RX-9が実現か」と、再び多くのマツダファンが盛り上がりをみせています。

 しかしマツダは“RX-9”という車名を、既に市販モデルに採用していたという事実については、意外と知られていません。

 しかも登場は1977年と、今から45年以上も前の話です。さらに、このRX-9は“スポーツカー”ではなく、“セダン”だったのですから驚きです。

 そのセダンの名は、「ルーチェ」。1966年から5世代が販売されたマツダのフラッグシップモデルです。

 RX-9は海外向け専用の車名で、日本での3代目ルーチェ(1977年から1988年まで発売)、海外での2代目「929」のロータリーエンジン搭載モデルとして生まれました。

 573cc×2の「12A」と、654cc×2「13B」型の両方を用意し、日本仕様の最高出力はそれぞれ125psと135ps。

 上下に矩形ライトを重ねた特徴的なマスクや重厚なスタイルが特徴で、国内では当初は「ルーチェ・レガート」と名乗っていましたが、1979年のマイナーチェンジで横長グリルに変更され、車名もルーチェに戻っています。

 その次の4代目ルーチェ/3代目929からはロータリーエンジン搭載車が廃止され、海外でのRX-9の名称も1世代限りで消えてしまいました。

※ ※ ※

 この幻のロータリーモデルRX-9に対し、SNSなどでは多くの声が寄せられています。

 若い世代と思われるコメントでは「ルーチェ、イカツくてカッコいい」「ナニコレ見たことない」「知らなかった」と、新鮮な驚きの声が多く見られました。

 一方で「そういえばあったなあルーチェ」「懐かしい“広島ベンツ”!」というコメントもあり、世代によって受け取り方は随分と異なるようです。

 また、マツダがJMS2023に出展したロータリーエンジン搭載のスポーツカーコンセプトに対し「このところマツダはSUV(のニューモデル)ばかりだからそろそろスポーツカーが欲しい」「わくわくしますね」「アイコニックSP早く出てこないかな」と期待を寄せるコメントも多く見られます。

 果たして次世代ロータリースポーツカーがRX-9を名乗るのかどうかは不明ですが、新たにアイコニックSPが姿を現したことから、世間の期待度は大きく高まっているようです。

こんな記事も読まれています

USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
USスチール、日本製鉄による買収を承認 買収額は2兆1000億円
日刊自動車新聞
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
BMW次世代EVに「リマック」のバッテリー搭載? 新興メーカーと供給契約を締結
AUTOCAR JAPAN
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
LEDヘッドランプの採用でさらに視認性UP! スズキが「GSX250R」の新型モデルを発売
バイクのニュース
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
この "顔" 新鮮! シトロエン新型「C3」欧州発売 モダン・クロスオーバーに進化、約250万円から
AUTOCAR JAPAN
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
真っ赤なトヨタ「ハイエース」をワイド&ロー化!「ハイスタミーティング」で3位を獲得した圧巻のカスタムとは
Auto Messe Web
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
SUBARU BRZの「カップカー ベーシック」が仕様変更
カー・アンド・ドライバー
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
ヤマハ発動機、フォーミュラEのパワートレイン供給先 独アプトに決定
日刊自動車新聞
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
レスポンス
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
2023年度国内EV販売ナンバーワンは2年連続で日産「サクラ」! 「EV購入者の5人に2人はサクラ」の快進撃は続くのか!?
ベストカーWeb
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
カーユーザーはどれくらいの頻度で洗車しているのか?
@DIME
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
制服でバイクに乗っても良いの? 誰かに怒られる事はあるのか?
バイクのニュース
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
マクラーレン『アルトゥーラ・スパイダー』日本初公開…パフォーマンスが向上、価格は3650万円
レスポンス
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
群馬では悲しい事故も! 対策はないものか? 列車の接近を知らせる設備がない第4種踏切がまだ2400か所も!
ベストカーWeb
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
トヨタ・プロボックスが一部改良で安全装備を拡充
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

4件
  • sky********
    アイコニック?
    韓国車みたいな名前で何か嫌な感じ。
  • www********
    ルーチェレガートカッコいい!それもロータリー?凄いの一言。教習車これのMTだった…当時だから外車のパクリデザインなんだろうけど、いいなぁ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.8253.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

79.0268.0万円

中古車を検索
ルーチェの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.8253.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

79.0268.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村