サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > わずかな期間で半額の衝撃! 中古車市場で「国産車」より「輸入車」の値落ちが激しいワケ

ここから本文です

わずかな期間で半額の衝撃! 中古車市場で「国産車」より「輸入車」の値落ちが激しいワケ

 中古車市場では国産車の価格を下まわることもめずらしくない

 クルマ好きならば一度は所有してみたいと考える人が多くいるであろうフラッグシップモデル。各メーカーの技術の粋を集めたモデルは、走りの面でも快適性の面でも最先端のものが採用されているのだから気にならないハズがない。

若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

 しかし、国産メーカーのフラッグシップモデルと輸入車のフラッグシップモデルを比較したとき、中古車価格に大きな開きがあることにお気づきだろうか?

 たとえば、国産フラッグシップモデルの例としてレクサスLS、輸入車のフラッグシップモデルとしてBMW7シリーズをピックアップして比較してみよう。

 某中古車サイトでチェックすると、2018年式で走行距離が2000キロ台、修復歴なしのレクサスLS Iパッケージが955万円で販売されていた(新車価格は1042.5万円)。

 一方、同じ2018年式、走行距離1000キロ未満、修復歴なしのBMW 750i Mスポーツは788万円となっていたのだ(新車価格は1614万円)。

 ボディカラーはレクサスがホワイト系、BMWがブラック系とどちらも人気のカラーであり、新車価格は500万円以上BMWが高いにもかかわらず、中古車価格はレクサスの方が150万円以上高くなっている。つまり、新車時の価格も考慮すると600万円以上の差が生まれているというわけなのだ。

 供給過多が原因で市場価格が下がってしまうことも

 ではなぜここまで中古車価格に差が出るのだろうか? そもそも輸入車、とくに高額なモデルについては、そもそも値引き幅が大きく設定されていることが多く、必ずしも定価で購入しているわけではないという点がひとつ。

 そして、海外から車両が届くまでに時間がかかるため、各ディーラーがある程度の見込み在庫を抱えており、その結果供給過多となって市場価格が下がってしまうという残念な点も理由となっている。

 また、フラッグシップモデルとはいえ信頼性に関しては国産車には及ばない輸入車ということで、中古車を狙うユーザーが二の足を踏んでしまうということもある。

※画像は750Li xDrive

 ただ、逆に考えるとこれらの問題がクリアになれば、現行モデルでも圧倒的に安く購入することができるということなので、ある意味では非常にお買い得な存在ということも言える。

 恐らく手放すときにはさらに安くなってしまうだろうが、次も同じように2年落ちくらいの上質なモデルを安く購入すれば、そこまで損はしないのではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します