現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ伝統の高級セダンが大きく変わった!──新型クラウン・セダン試乗記

ここから本文です

トヨタ伝統の高級セダンが大きく変わった!──新型クラウン・セダン試乗記

掲載 10
トヨタ伝統の高級セダンが大きく変わった!──新型クラウン・セダン試乗記

フルモデルチェンジしたトヨタの新型「クラウン・セダン」に小川フミオが試乗。速報を綴る!

想像以上に走りもイイ!

三浦獠太がフィアット500への思いを語る!──連載:CAR OBSESSION

新型クラウン・セダンが2023年11月に登場。12月初旬に、さっそくハイブリッドモデルに試乗できた。これがかなりイイのである。

クラウン・セダンのハイブリッドのどこがいいかというと、ふんわりした乗り心地と、トルク感のある力強い走り。そのバランスがとてもいいのだ。

クラウン・セダンは、先行する「クラウン・クロスオーバー」が前輪駆動に後輪をモーターで駆動する「E-Four」4WDを搭載するのに対して、純粋な後輪駆動方式を採用。レクサス「LS」などとプラットフォームを共用する。つまり、クロスオーバーやスポーツとは成り立ちが異なる。

それにしても、驚くほど、キャラがたっているセダンだ。どこがというと、先述したとおり、乗り心地だ。

「昭和世代の方々にも“これが自分が好きだったクラウンだ”と思っていただけたらと開発しました」

サスペンション開発を担当したトヨタ自動車のエンジニアの言葉通りで、たしかに、ドイツ車を意識したような従来のクラウンとは一線を画したキャラクターが実現している。

足まわりは、路面の凹凸をきれいに吸収してくれるし、高速だろうと一般道だろうと、乗っている私の姿勢はつねにフラットなまま。それでいて、カーブなどではAVS(トヨタの電子制御サスペンション)の働きで、不安はまったくない。

当初、私はクラウン・セダンのハイブリッドを操縦していて、1980年代のクラウンを連想した。重さとトルク感をうまく活かした乗り味が特徴的で、これが日本の高級車なのかぁと、印象深かった。

さきのエンジニアの言葉にあるとおり、今回のセダンは、印象的には1980年代のクラウンを連想させてくれた。でも操舵のしっかり感とか、シートのホールド性とかを含めて、まったく別ものである。

いまの知見と技術をフルに使って、かつてのいいところを、現代の水準を超えるように実現している。そこに感心してしまった。

ホイールベースは3000mmあって、じつはかなり余裕ああるサイズだが、運転席にいると大きさ感はほとんど感じさせない。いっぽう後席は空間的に広いし、乗り心地も快適。

クラウン・セダンは、ドライバーズカーであると同時に、ショファードリブン(運転手つき)であることをめざしたと、トヨタは謳う。たしかに、その水準をきれいにクリアしていると思った。

スタイリングは、ウインドシールド下端から側面のベルトラインを通って、リアウインドウ下端まで、ぐるりとラインをまわすことで、堂々たる印象を作り出すことを狙ったそうだ。

ファストバック的なスタイリングは、運転手付きのセダンとしては違和感があっても、実車に接すると「こういうコンセプトもいいかもしれない」と、思うのではないだろうか。

クラウン・セダンは、バランスのいい出来で、5020mmの全長と3000mmのホイールベースは市街地で使ってみたときにどうだか分からないけれど、そのぶん全幅が1890mmに抑えられているのは、積極的に評価してもいいはず。

なにより、クルマ好きだったら、クラウン・セダンに乗ると、きっと気に入るんじゃないかというのが、私の印象だ。いまの時代にセダンっていうのは合うんだろうかと疑問を持っているひとも、いちど乗ってみてほしい。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
AUTOSPORT web
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
くるまのニュース
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
トヨタ「プリウス」にぴったりサイズ登場! ホイールだけでスポーティさがアップするホムラ「2×7FT」を紹介します
Auto Messe Web
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
キャンプに役立つ「C5Cシリーズ」! セルスターの最新電装アイテムが集結
driver@web
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
もう厄介なタイヤ問題とはオサラバ? ハース小松礼雄代表、新車VF-24は「挙動が予測可能」レース重視のアプローチ継続へ
motorsport.com 日本版
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
エアの注入はケージに入れる! 移動式のリフトも存在! 知られざる「巨大トラック」のメンテ事情
WEB CARTOP
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
世界にたった1台のアルファロメオ! かの「SZ」を彷彿とさせる「ジュリアSWBザガート」はスペックも強烈だった
WEB CARTOP
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
【特集:GRとNISMO変化の実存(1)】ワークスチューンが止まらない!GRカローラとGT-R NISMOの特別と格別
Webモーターマガジン
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
VAGUE
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
日刊自動車新聞
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス

みんなのコメント

10件
  • won********
    全幅1890mmを抑えられているって言うのには違和感がある。
  • matsu G_
    トヨタは今までのクラウンファンを切り捨てたのだろう・・・っと、一人のクラウンユーザーとして私はそう思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村