現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?

ここから本文です

新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?

掲載 9
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?

 日本では、道路事情や手頃な車両価格から、小さなクルマを好む人が多い。すると自動車メーカーも自ずと力を入れるので優秀なクルマも多くなる。ここでは2023年12月のモデルチェンジ以来早くも人気のスズキ スイフトを取り上げる。

※本稿は2024年2月のものです
文/吉川賢一、写真/SUZUKI
初出:『ベストカー』2024年3月10日号

新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?

■若年層人気も狙った4代目。期待できる!

2023年12月登場の新型スズキ スイフト。新開発の高効率3気筒エンジンは要注目だ

 2023年12月13日に発売開始となった新型スイフトに公道試乗することができた。新型スイフトのポイントは4つ。デザイン、燃費/走行性能、安全装備、そして快適装備/パッケージングだ。なかでも新開発の高効率3気筒エンジン(Z12E)と新CVTによる低燃費はホットポイントだ。

 CVTだと24.5km/L、5速MTだと最高値の25.4km/Lにもなり、他社製ストロングハイブリッド車も真っ青のレベル。ただ、3気筒エンジン特有のネガが生じていないかはチェックしたいところだ。

 試乗車はマイルドハイブリッド車のHYBRID MZ(CVT、2WD)。クールイエローメタリックは、最近若者に人気のくすみカラー。スズキによると、新型スイフトはより若い人に向けて開発したそうで、先代スイフトとは違った垢抜けたデザインとカラー、そして端正な顔立ちで、若い層にも人気が出る予感がする。

 驚くべきは内装。樹脂素材ではあるのだが、色使いや模様、スイッチのレイアウトなどが上手く、見た目のクオリティが驚くほど高い。日産の「ノートオーラ」並みにも感じられ、相当頑張ったと思う。

 メーター内の液晶画面は小ぶりだが、センターディスプレイがドライバー側へちょっとだけ傾けられたことで包まれ感があり、安心できる。

■新エンジン+CVTの味付けで力強い加速感

ボディ四隅を把握しやすく、初めて乗っても自信を持って操作できるのがいい。足もよく動き、乗り心地にも安っぽいところがない

 いよいよ試乗。最小回転半径4.8mからくるスイフト特有の取り回しのよさは健在で、駐車場や狭所でのUターンなどは容易だ。

 事前の説明では3気筒エンジンは燃費重視だとされていたが、速度を上げていっても動力性能は充分。軽いボディの恩恵も大きいが、CVTのチューニングで、あえてシフトチェンジ時にショックを出すように演出し、力強い加速フィールを出しているとか。

 楽しくて、パドルシフトでシフトダウン、アップを繰り返してエンジンサウンドを味わってしまった。ロードノイズも小さく、一般道を流すシーンでは、車内はかなり静かだった。

 サスペンションの振動吸収性も高く、段差の衝撃を丸め込んでいなしてくれるような印象があり、安心感があって乗り味が心地よい。

 かといってハンドリングもおろそかになっておらず、ハンドルを切れば素直に曲がる感覚や、少ないロールでコーナーを軽やかに駆け抜ける身のこなしは、コンパクトカーのなかでは相変わらずピカイチだと感じた。

■気になるところも少々……今後の改良に期待

新開発のZ12E型エンジン。燃焼改善と各種ロス削減で燃費向上が図られたほか、街乗り領域での軽快な走りを実現するトルク特性とされた

 気になったのは、3気筒エンジン特有のアイドリング振動。ブルブルといった振動がハンドルやシート、シフトノブを通して身体に伝わってくる。

 先代の4気筒エンジンから、今作では3気筒へと変更となったことで、対策は念入りに施したとスズキ担当者は話していたが、他社製の3気筒エンジンと比べると、まだやれる余地はあるように思う。車速が上がれば、そのほかの揺れに紛れるのでわからなくなるが、感度の高い人には気になる部分かもしれない。

 ただ、出たばかりの新型モデルであるため、こうしたネガは年次改良で解消されていくことだろう。この先に控える新型スイフトスポーツもこの新型3気筒エンジンがベースとなる可能性は高い。歴代スイスポの魅力であり続けた「走りのFUN」を追求したモデルになっていくことを期待したい。

■モーターパワーを得たスイフトスポーツは2024年夏登場!

全幅は1735mmで現行同様3ナンバーサイズ。精悍さを増した外観も魅力だ(ベストカー編集部作成の予想CG)

 スイフトが新型となったことで、その新型をベースとするスイフトスポーツも気になるところだ。

 新型は現行欧州仕様が採用する48Vマイルドハイブリッドシステムを採用すると見られ、出力は150ps程度となるもよう。ハイブリッドとなり若干価格は上昇するが、それでも230万~260万円と、引き続き割安といえる価格となる。登場は今夏の予想。

■スズキ初! マイルドHV+5速MTグレードも用意!

ハイブリッドMXグレードに設定される5MT車の存在も気になる

 今回の試乗会では乗れなかったが、新型スイフトで注目されるのがハイブリッドMXグレードに設定される5MT車の存在。WLTCモード燃費=25.4km/Lで、全グレード中唯一のエコカー減税100%となっている。気になる走りについては、近々に試乗予定なので改めて報告したい。

●新型スイフト(HYBRID MZ・4WD)諸元表
・全長:3860mm
・全幅:1695mm
・全高:1525mm
・ホイールベース:2450mm
・車両重量:1020kg
・パワーユニット:1.2L直3 DOHC+モーター
・エンジン最高出力:82ps/5700rpm
・エンジン最大トルク:11.0kgm/4500rpm
・モーター出力:3.1ps/6.1kgm
・トランスミッション:CVT
・WLTCモード燃費:22.7km/L

新型スズキ スイフト価格表

こんな記事も読まれています

人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
人はなぜ「◯◯界のロールス・ロイス」を目指すのか? 最高であり文化の香り漂うのは「ベル・エポック」という豊かな時代に誕生したから!?
Auto Messe Web
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
AUTOSPORT web
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
AUTOSPORT web
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
グーネット
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
くるまのニュース
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
AUTOCAR JAPAN
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
AUTOSPORT web
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
Auto Messe Web
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
グーネット
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
AUTOCAR JAPAN
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
AUTOSPORT web
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
AUTOSPORT web
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
OPENERS
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!?  4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!? 4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
くるまのニュース
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
レスポンス
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • kik********
    ワゴンRの様に、バッテリー容量を3ではなく10にして、モーターのみで少しだけ移動できるようにすれば、ほぼアイドリングしないのではないかと思うんです。
    もちろん、バッテリーの使用状況などによってアイドリングするんだけど、その時間を極力少なくできると思うんです。エンジン側に対応するのも並行してですけど。
    コストがかかるなら、3か10を選択できるようにすれば良いんじゃないでしょうか。
  • j_n********
    次のマイナーチェンジに期待します。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0375.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0375.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村