現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ3、なぜ2年連続受賞?「カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー」

ここから本文です

マツダ3、なぜ2年連続受賞?「カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー」

掲載 更新 22
マツダ3、なぜ2年連続受賞?「カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー」

マツダは4月13日、マツダ3が「カナダ・カー・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞したと発表。

カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーは、カナダ自動車ジャーナリスト協会が主催。有力ジャーナリスト、ライター、フォトグラファーによって構成されており、毎年カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーおよびカナダ・ユーティリティ・カー・オブ・ザ・イヤーを選出する。

待ち伏せ取り締まりの罠にハマり、素敵な若奥さんがブチ切れ。違反切符を破いた理由とは

マツダ3は、スタイリング、品質、ドライビングポジション、静粛性、ダイナミック性能、安全性などが高く評価され、2021年3月30日(現地時間)に選出された。

じつは、2020年に続き、2年連続の受賞となる。

2年連続とは聞いたとこがないが…。じつはカナダ・カー・オブ・ザ・イヤーは、導入年にかかわらずカナダで販売されているすべての新車を対象にすると数年前に規定が変更になったそうだ。

なぜそんなに評価されているのか? じつは2.5Lターボエンジン搭載車が昨年追加され、人気が再燃。再評価を受けることになったらしい。

その2.5Lターボのスペックは、最高出力250馬力、最大トルク434Nm(レギュラー仕様は227馬力/420Nm)。他のパワートレーンよりも高スペックを誇る。駆動方式は全車4WDだ。

この2.5Lターボ、日本での搭載車はマツダ6、CX-5、CX-8の3機種。レギュラー仕様なのでスペックは若干低い設定(230馬力/420Nm)。マツダ3への搭載予定は…まだなさそう。

パワフルなエンジンを載せたマツダ3(かつてのマツダスピードアクセラのような?)があってもいいと思うのだが、はたして?

〈文=ドライバーWeb編集部〉

関連タグ

こんな記事も読まれています

ナイトロンから KTM 250ADVENTURE(’20-)用リアショックアブソーバーが発売!
ナイトロンから KTM 250ADVENTURE(’20-)用リアショックアブソーバーが発売!
バイクブロス
【MotoGP】「指示は見えてたけど納得できなかった」ロングラップペナルティを怒りのガン無視、バスティアニーニの言い分
【MotoGP】「指示は見えてたけど納得できなかった」ロングラップペナルティを怒りのガン無視、バスティアニーニの言い分
motorsport.com 日本版
フェルスタッペン、「ゴーカートのようなマシン」で予選6番手。ペレスはQ1敗退の“大惨事”:レッドブル/F1モナコGP
フェルスタッペン、「ゴーカートのようなマシン」で予選6番手。ペレスはQ1敗退の“大惨事”:レッドブル/F1モナコGP
AUTOSPORT web
「シビック」ベースでも乗り心地しっとり、ローバー共同開発の『コンチェルト』【懐かしのカーカタログ】
「シビック」ベースでも乗り心地しっとり、ローバー共同開発の『コンチェルト』【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
やったりました!ルクレールがモナコを制す!サインツJrが3位!F1グランプリ第8戦モナコGP決勝
やったりました!ルクレールがモナコを制す!サインツJrが3位!F1グランプリ第8戦モナコGP決勝
AutoBild Japan
中上貴晶「決勝に向けてベストな状態」を探った2日間。スプリントはホンダ勢トップの13位/第6戦カタルーニャGP
中上貴晶「決勝に向けてベストな状態」を探った2日間。スプリントはホンダ勢トップの13位/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
トヨタ「“ミニ”RAV4」実車公開!? ダイハツ「ロッキー」ベースの“RAV4”仕様! タフ顔が超カッコイイ「コンパクトSUV」の正体とは
トヨタ「“ミニ”RAV4」実車公開!? ダイハツ「ロッキー」ベースの“RAV4”仕様! タフ顔が超カッコイイ「コンパクトSUV」の正体とは
くるまのニュース
ジープの大型電動SUV『ワゴニアS』、5月30日デビューが決定
ジープの大型電動SUV『ワゴニアS』、5月30日デビューが決定
レスポンス
佐藤琢磨、インディ500での3勝目はならず。でも協力してくれたみんなに感謝「期待には届かなかったけど、さらに前進したい」
佐藤琢磨、インディ500での3勝目はならず。でも協力してくれたみんなに感謝「期待には届かなかったけど、さらに前進したい」
motorsport.com 日本版
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
超貴重  今読み返しても熱~い!! 86&BRZデビュー1年後の多田哲哉CEスペシャルインタビュー
ベストカーWeb
「360チャレスト」は約4100万円と高値安定中! 量産フェラーリでも人気集中の跳ね馬初市販ハードコアモデルとは
「360チャレスト」は約4100万円と高値安定中! 量産フェラーリでも人気集中の跳ね馬初市販ハードコアモデルとは
Auto Messe Web
トヨタ・ランドクルーザー250に、パイオニアの「10スピーカーサウンドシステム」が純正採用
トヨタ・ランドクルーザー250に、パイオニアの「10スピーカーサウンドシステム」が純正採用
月刊自家用車WEB
【メルセデスのモンスター】メルセデス・ベンツ 300SEL 6.3/W109(1968-1972年)
【メルセデスのモンスター】メルセデス・ベンツ 300SEL 6.3/W109(1968-1972年)
AutoBild Japan
LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
AUTOCAR JAPAN
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
レスポンス
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
バイクブロス
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
バイクブロス
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
くるまのニュース

みんなのコメント

22件
  • マツダ3は確かにカッコいいし、静粛性も高くて良い。
    個人的には社内で流れている音が外に漏れないくらいの遮音性を高く評価してる。
    2.5出ないかな
  • 超カッコいい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

286.9325.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.0278.3万円

中古車を検索
MAZDA3 セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

286.9325.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

138.0278.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村