現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの意欲作なのに……どうした!? いまいちパッとしないエスクード&イグニスに喝を入れる

ここから本文です

スズキの意欲作なのに……どうした!? いまいちパッとしないエスクード&イグニスに喝を入れる

掲載 67
スズキの意欲作なのに……どうした!? いまいちパッとしないエスクード&イグニスに喝を入れる

 2022年4月にハイブリッドシステムを搭載し復活を果たしたとスズキ エスクードと、2021年9月7日に一部仕様変更を果たした同イグニス。いいクルマながらスイフトやジムニーなどの売れ筋モデルの影に隠れてしまうのか、売れ行きはどうもパッとしない。「こうすればもっと売れるんじゃないないか!?」的施策を提言したい!

※本稿は2022年12月のものです
文/渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

スズキの意欲作なのに……どうした!? いまいちパッとしないエスクード&イグニスに喝を入れる

■マニアックな商品性だけに素のグレードもほしい スズキ エスクード(2022年10月販売台数:66台)

2022年4月にハイブリッドを搭載して復活したスズキ エスクードだが、販売は今ひとつ伸びていないようで……。価格は297万円

●こんないいところがある!

 ハンガリーにあるスズキの工場で生産される輸入車だ。そのために実用性を重視している。水平基調のボディは視界が優れ、リアゲートも角度を比較的立てたから、背の高い荷物を積みやすい。後席の足元空間はあまり広くないが、大人4名の乗車が可能で、ラゲッジの広さには余裕がある。

 現行型は直列4気筒1.5Lエンジンに、コンパクトなモーターを組み合わせた。ATは1組のクラッチを使う6速のオートギヤシフトで、変速時にはモーターの駆動力を高め、滑らかに繋げる制御も行う。ATとしてはマニュアル感覚が強く、アクセル操作による速度調節もしやすい。運転が楽しく感じる。

スポーティなデザインのインパネ

●ここを鍛え直したい!

 クルマ好きのドライバーが運転すると、車両の姿勢を作りやすい足まわり、コントロール性の優れたATの制御などに面白さを見出すだろう。

 ただし奥が深く、最初は「このクルマの一体どこがいいんだ?」と思った。特にオートギヤシフトは、洗練されてきたものの、「これなら5速MTが使いやすい」と感じるユーザーも多い。

 一般ウケしない個性派向けの商品だから、ジムニーXGのようなスチールホイールなどを装着するツール感覚の素朴なグレードがあるといい。

 ディーラーオプションの外装パーツも充実させたい。選ぶ時から楽しめる雰囲気が欲しい。

●鍛え直し策もういっちょ!

 ハイブリッド感ゼロの黒バンパー+背面タイヤ仕様をノマドのサブネーム付きで限定販売。

■ボーイズレーサー仕様を作っても似合うはず! スズキ イグニス(2022年10月販売台数:159台)

スズキ イグニス。流行りのクロスオーバースタイルでありながら売れゆきはパッとしないイグニス。内外装のデザインもカッコイイが、どこを鍛え直すといい?

●こんないいところがある!

 スズキのホームページで見るとわかるとおり、イグニスは後ろ姿がカッコイイ。外観は下側が広がった台形で、フェンダーも大きく張り出す。ラリーカーのような雰囲気を感じる。日本車というより、欧州製の安価なコンパクトカーを思わせて、以前のスプラッシュに似たところもある。

 足まわりは硬めの設定で、少し高い速度域を重視して開発された。このあたりも欧州車風だ。車両重量は2WDなら900kg以下で、操舵感が機敏だからよく曲がる。

 ボディが軽いために峠道でも軽快感が伴い、仮に挙動が乱れても収まるのが早い。中高年齢層の皆さんが運転すると、剛性が低くてもボディが軽く、安定して軽快に走った昭和のコンパクトカーを思い出すかもしれない。

2021年9月の改良で、2グレードにアンダーカバー風バンパーなどを採用。価格は161万1500円~。イグニスは後ろ姿もカッコいい

●ここを鍛え直したい!

 最低地上高を180mmに設定してSUV風に仕上げたから、これからユーザー層を拡大するなら、140mm前後に抑えてエアロパーツを加えたスイフトスポーツ風のグレードが欲しい。タイヤは扁平率を50%とした17インチで、可能であれば5速MTを採用して、ボーイズレーサー風に仕上げる。

 スズキにとって小型車のイグニスは、軽自動車を補佐する役割であまり力を入れていないが、手を掛ける価値のある優れた素性を備えたコンパクトカーだ。

●鍛え直し策もういっちょ!

 車高を下げるのとは逆に、さらなる車高上げで、よりタフ感をアップさせる手もあり!

こんな記事も読まれています

トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
Merkmal
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
AUTOSPORT web
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
ベストカーWeb
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
ベストカーWeb
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ベストカーWeb
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
ベストカーWeb
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
AUTOSPORT web
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ベストカーWeb
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
motorsport.com 日本版
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
グーネット
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
AUTOSPORT web
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
AUTOSPORT web
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
ベストカーWeb
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
motorsport.com 日本版
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
AUTOSPORT web

みんなのコメント

67件
  • エスクードはパッケージングも使い勝手も悪くない、でも実車を見るとなんか違うと思っちゃうんだよなぁ。
    イグニスは上のスイフトか下の軽でいいかな、と思えちゃうし。
  • >「こうすればもっと売れるんじゃないないか!?」的施策を提言したい!

    大きなお世話。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

43.5208.0万円

中古車を検索
イグニスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.1199.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

43.5208.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村