サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4RエナジーとJR東日本、EV「リーフ」の再生バッテリーを踏切保安に活用 常磐線と水戸線で

ここから本文です
 日産自動車と住友商事が共同出資するフォーアールエナジー(牧野英治社長、横浜市西区)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は9日、踏切保安装置用バッテリーに電気自動車(EV)の使用済み電池を再生して活用すると発表した。従来の鉛蓄電池に比べ耐用期間が10年と長く、短時間でのフル充電も可能になる。4月以降、常磐線と水戸線の約10カ所の踏切に試験導入する。

 日産のEV「リーフ」の使用済みリチウムイオンバッテリーを再製品化し、踏切の制御を行う同装置に使う。鉛蓄電池は充電時間が約70時間であるのに対し、再生バッテリーは約24時間。耐用年数も長く長期間使用できることからコストダウンにもつながる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン