現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 57年前の「スカイライン」が800万円超え!? まさかの激レア仕様!「赤バッジ」が眩しい「ニッサン A200GT」豪で落札

ここから本文です

57年前の「スカイライン」が800万円超え!? まさかの激レア仕様!「赤バッジ」が眩しい「ニッサン A200GT」豪で落札

掲載 5
57年前の「スカイライン」が800万円超え!? まさかの激レア仕様!「赤バッジ」が眩しい「ニッサン A200GT」豪で落札

■「スカイラインGT」の歴史はこのモデルから始まった!

 2024年2月15日、国際的なカーオークションサイト「Collecting Cars」において、日産「スカイライン」が、8万5280オーストラリアドル(約838万円)で落札されました。
 
 希少な1967年式モデルだといいますが、どのような個体なのでしょうか。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「スカイライン」を画像で見る(30枚以上)

 Collecting Carsは、2018年に創設されたカーオークションサイトです。

 欧州をはじめ、シドニーやロサンゼルス、アブダビなどに拠点を持ち、欧州車や日本車をメインにオークションが開催されています。

 今回8万5280オーストラリアドルで落札されたのは、1967年式「スカイライン A200GT」で、日本では「プリンス スカイライン GT-B」と呼ばれる2代目(S54型)スカイラインの珍しい輸出仕様車です。

 スカイラインは、1957年に登場した初代以来65年以上にわたって続く歴史のあるブランドで、現在発売されているスカイライン(V37型)は2013年11月に発表された13代目です。

 そんなスカイラインの歴史を語るうえで特に重要な存在となるのが、現在も続く「GT」の名称です。

 GTとはグランドツーリングカーの略で、高性能であるとともに、長距離ドライブが容易にできるクルマであることを表しています。

 スカイラインGTの歴史は1964年、レース参戦を目的に100台限定で急きょ追加された2代目スカイラインの高性能仕様「スカイラインGT」(S54A-1型)から始まりました。

 当時の高級セダン「グロリア」用の高性能な2リッター直列6気筒エンジンを搭載し、さらにチューニングを施しています。

 そのために、1.5リッターの直列4気筒エンジンを積んだ通常のスカイラインのホイールベース(前後車軸間の距離)を200mmも延長してボンネットスペースを確保し、ロングノーズとなった部分に無理やり大きなエンジンを収めたのです。

 おとなしいセダン車に高性能エンジンを搭載したその姿から、当時「羊の皮を被った狼」と称され注目を集めました。

 そして高性能仕様の証しとして、S54型スカイラインGTのフェンダーには赤バッジのGTエンブレムが備わっていたのも注目ポイントです。

 レース参戦に向けて開発されたS54型初代スカイラインGTは、同年に鈴鹿サーキットで行われた第2回「日本グランプリ」GT-IIレースで、レース専用車のポルシェ「904」と接戦を繰り広げ、わずか1周ながらトップを走行。

 2位から6位を独占する優秀な結果となったことから、瞬く間に日本中の注目を集めたのです。

 翌1965年からは正式なカタログモデルとなり、性能を抑え青いGTエンブレムを装着したスカイラインGTも設定されたことで、レースマシンにも備わっていた赤バッジが高性能版(のちに「スカイラインGT-B」へ名称変更)の証しとなったのです。

 今回オーストラリアで落札されたのは、そんな「“元祖”スカイラインGT」の希少な輸出モデルでした。

 アイボリーホワイトのボディにブラックのビニールレザーシートが組み合わされ、写真で見る限り非常に程度の良い状態で出品されています。

 高性能版を示す赤バッジに加え、輸出モデル専用の珍しい「プリンス A200GT」エンブレムが左右のフェンダーに備わります。

 ステアリング位置は右で、オリジナルのウェーバー製3連キャブレター付き2リッター直列6気筒エンジンが搭載されると共に、この個体には「PowrLok」のリアデフが装備されていました。

 なお車両のオドメーター(走行距離)は、57年前のモデルとしては極めて少ない2万6000キロ余りを示していますが、Collecting Carsでは、この距離について保証する記録はないと説明しています。

※ ※ ※

 2023年8月、日産は「スカイライン」に1000台限定のスポーツグレード「スカイライン NISMO(ニスモ)」と、100台限定の特別仕様車「スカイライン NISMO Limited(リミテッド)」を発表しました。
 
 日産は「スカイラインGTの集大成」だと説明し、フロントフェンダーには赤バッジの「GTエンブレム」を復活させたことで、往年のファンからも注目を集めています。

こんな記事も読まれています

日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
くるまのニュース
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
マツダが「ミッドシップ・スーパーカー」実車展示! 本気で作った「ロータリー搭載モデル」はガルウィング! 全高1165mmの「超うすうすボディ」登場に涙が止まらない!
くるまのニュース
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
スズキ「FR 2人乗りオープン」登場! 5ナンバー&2013年式で320万円!? 「謎のカプチーノ」とは
くるまのニュース
日産「GT-R」生産終了! 最後は1444万円から…!? 次期R36は“28年登場”が濃厚か 「空白期間アリ」でどんなスペックになる?
日産「GT-R」生産終了! 最後は1444万円から…!? 次期R36は“28年登場”が濃厚か 「空白期間アリ」でどんなスペックになる?
くるまのニュース
マツダが「和製ハイパーカー」公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」実現に反響あり! 超カッコいい「ガルウィング」採用した“RX500“幕張に登場
マツダが「和製ハイパーカー」公開! 衝撃の「ロータリー・ミッドシップ」実現に反響あり! 超カッコいい「ガルウィング」採用した“RX500“幕張に登場
くるまのニュース
1300万円超えの「2.0L ロードスター」実車展示!  丸目4灯ライトのレトロ仕様!? 「グランドアルバイシン」とは
1300万円超えの「2.0L ロードスター」実車展示! 丸目4灯ライトのレトロ仕様!? 「グランドアルバイシン」とは
くるまのニュース
マツダ「4ドアロータリースポーツカー」公開へ 斬新ドア×4シーターの「コンパクトスポーツ」 激レアモデル“修復中”の姿を披露
マツダ「4ドアロータリースポーツカー」公開へ 斬新ドア×4シーターの「コンパクトスポーツ」 激レアモデル“修復中”の姿を披露
くるまのニュース
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
くるまのニュース
6速MTのみ! スバルが“新”「2ドアスポーツカー」発表! めちゃスポーティな専用アイテム装備の「Cup Car Basic」登場
6速MTのみ! スバルが“新”「2ドアスポーツカー」発表! めちゃスポーティな専用アイテム装備の「Cup Car Basic」登場
くるまのニュース
約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示
約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示
くるまのニュース
6速MT搭載のトヨタ「新AE86」実車展示! スパチャ搭載のリトラクタブル個体も!? 2人乗りのスゴいモデル… 架空の研究所に登場?
6速MT搭載のトヨタ「新AE86」実車展示! スパチャ搭載のリトラクタブル個体も!? 2人乗りのスゴいモデル… 架空の研究所に登場?
くるまのニュース
日産「“R36型”GT-R」登場へ? 新たな「和製スーパーカー」は何が必要!? 「身近さ」「MT操る楽しさ」求める声も
日産「“R36型”GT-R」登場へ? 新たな「和製スーパーカー」は何が必要!? 「身近さ」「MT操る楽しさ」求める声も
くるまのニュース
約5500万円! ホンダ「NSX-R GT」が予想以上の落札価格。スプーンがレース参戦20周年を記念して製作したマシンでした
約5500万円! ホンダ「NSX-R GT」が予想以上の落札価格。スプーンがレース参戦20周年を記念して製作したマシンでした
Auto Messe Web
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
くるまのニュース
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
くるまのニュース
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
くるまのニュース
【魅力あるクルマ】世界のスーパースポーツと比類する日産GT-Rの圧倒的な存在感
【魅力あるクルマ】世界のスーパースポーツと比類する日産GT-Rの圧倒的な存在感
カー・アンド・ドライバー
670馬力の新型「爆速FRスポーツカー」登場! 最強「V8エンジン」の咆哮を放つ「新型チャージャー」NYに実車展示!
670馬力の新型「爆速FRスポーツカー」登場! 最強「V8エンジン」の咆哮を放つ「新型チャージャー」NYに実車展示!
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • ******
    オーストラリアは昔からスカイラインが輸出されている
    日本以上にデカいスカイラインクラブが幾つもあって、コレクターも多い
    それならこの落札価格も不思議じゃない
  • ra2********
    奥多摩の大麦駐車場でたまに見かける。
    この個体のラジエターグリルは格子状だけど、さらに古い縦じまグリルの方が迫力があり、かっこいいけど。
    GTRの伝説の原点はこの2000GTB だと思うので、その割には800万は安いと思う。
    ボンネットが長いサイドビューはただものではないことを感じさせる。
    昔はかなり見かけたが、その割に現存は少なく貴重だ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

12.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村