現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

ここから本文です

ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

掲載 16
ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

 2023年10月6日にいよいよ発売となった、トヨタ新型「クラウンスポーツ」。国産車とは思えない艶やかな雰囲気や、クラウンシリーズとしては比較的運転しやすいサイズ感などから、期待している人も多いことだろう。

 シリーズ4タイプのうち「スポーツSUV」を担うモデルであるクラウンスポーツだが、スポーティな高級クロスオーバーといえば、トヨタ車でいえば「ハリアー」が人気だ。(パワートレイン次第ではあるが)価格帯も大きくは違わない両モデルは、身内ながらライバル。はたして、ハリアーとクラウンスポーツはどちらがいいのか!? どちらがお得なのか!??

ガチ対決勃発!! ハリアー対クラウンスポーツどっちがいい? どっちがお得?

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、平野学

同じパワートレインだと75万円差まで近づく

 まずは価格を比較してみよう。新型クラウンスポーツは2.5Lハイブリッドモデルの1グレードのみで、価格は税込590万円、駆動方式はE-Four(4WD)のみだ。一方のハリアーは、2.0Lのガソリンモデルで2WDを選ぶと312万8000円からという価格だが、クラウンスポーツと同じスペックの2.5LハイブリッドE-Fourだと433万9000円からとなり、上級グレード(Z レザーパッケージ)になると514万8000円と、クラウンスポーツと75万円差まで近づく。

 クラウン(スポーツ)とハリアーでは車格が異なるため、この価格差は当然ではあるが、ハリアーも上級グレードであれば500万円を超えてくるため、ハイブリッドで4WDを検討しているならば、あと75万円でクラウンスポーツに手が届くとなると迷う部分かもしれない。

クラウンスポーツのインテリア。シリーズ共通のデザインで、機能性、高級感は抜群だ

新型クラウンスポーツは2.5Lハイブリッドモデルの1グレードのみで、価格は税込590万円、駆動方式はE-Four(4WD)のみだ

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="5,7" car_cd="10102029" keyword="ハリアー" limit=30]

基本的な違いは少ない両モデル、ただやはり贅沢装備には違いが

 ハリアーとクラウンスポーツは、どちらもトヨタのGA-Kプラットフォームを採用するモデルだ。ボディサイズは、ハリアーが全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm、ホイールベースは2,690mmであるのに対し、クラウンスポーツは全長4,710mm×全幅1,880mm×全高1,560mm、ホイールベースは2,770mm。全体的なサイズはほぼ同じだが、クラウンスポーツは全高が100mmも低いため、よりスポーティな印象だ。

ハリアーとクラウンスポーツは、全体的なサイズはほぼ同じだが、クラウンスポーツのほうが全高が100mmも低いため、よりスポーティな印象

 基本的なパワートレインに大きな違いはなく、エンジンの型式もA25A-FXSで両車同じ。ただ、最高出力はわずかにクラウンスポーツのほうが高められており、バッテリーは、ハリアーがリチウムイオン、クラウンスポーツはバイポーラ型ニッケル水素電池の搭載だ。

 メカニズムで大きな違いとなるのは、後輪操舵の有無だ。クラウンスポーツにはDRS(Dynamic Rear Steering)と呼ばれる後輪操舵システムが備わっており、車速に応じて後輪の向きを逆向き、または同じ向きに制御することで、低速域では取り回しがよく、中・高速域では自然なハンドリング性能を実現させてくれる。これによってクラウンスポーツは、ハリアーよりも小さい最小回転半径5.4mを実現(ハリアーは5.7m)。

 これは都市部での扱いやすさにつながるし、もちろんハンドリング性能にも違いが出てくる。このあたりは、クラウンスポーツが贅沢な機能を搭載した高級モデルなのだと実感できる部分だろう。

2020年発売の新型ハリアー。洗練された上質なデザインと、普段使いでもロングドライブでも使いやすいバランスの取れたボディサイズが魅力だ

存在感を求めるならばクラウンスポーツ、必要な機能だけを求めるならばハリアーで十分

 クラウンスポーツの価値は、クラウンという伝統のネームバリュー、そのブランド力とデザイン性、高級モデルにふさわしい機能だ。最近トヨタのアイコンになりつつある「ハンマーヘッド」や、彫刻的で躍動感のあるフォルムなども魅力であり、ボディサイズとのバランスを含めて相当にカッコいい。このデザインだけでも手に入れる価値はあると思う。

彫刻的で躍動感のあるフォルムが魅力のクラウンスポーツ。このデザインだけでも手に入れる価値はある

 メカニズム面でも、DRSの恩恵を受けたいと思うならクラウンスポーツをオススメしたい。最小回転半径にこだわりたい人や、高速域での安定性、ワインディングでのハンドリングなど、メリットを感じやすい道路を走る機会が多い人ならば、価格差を補って余りある満足感が得られるはずだ。

 ハリアーは上質で優雅な印象があり、落ち着いた大人の高級感というイメージがある。デザインは好みになるが、周囲に強烈な存在感や印象を与えるというよりは、モダンで洗練された雰囲気が好みという人に適しているだろう。シャシーの基本性能が高いので、DRSがなくても走りは安定しており、ロングドライブも存分に楽しめる。4WDまでは必要ないとか、ハイブリッドでなくても問題ないなど、自分に必要な機能や性能を求めたいならば、お得感があるハリアーがおススメだ。

クラウンスポーツのリアビュー。かなりカッコイイ

◆      ◆     ◆

 クラウンスポーツのほうが車格が上ではあるが、クルマの使用環境をじっくり吟味してみると、そこまでの性能は不要な場合もある。もしそう感じるようであれば、価格の割安感があるハリアーのほうがメリットは多いはずだ。

こんな記事も読まれています

ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ランエボの終売から早10年……お前の事が好きだったんだよ! 受け継がれる三菱が懸けたランエボの魂
ベストカーWeb
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ミニバンの皮を被ったモンスター! こいつは凄いぞ……圧倒的ポテンシャルを秘めたトヨタアイシスを紹介ィィィ
ベストカーWeb
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
え……ヨタハチのパワーってN-BOX並みだったの!? それでも60年前は衝撃のデキだったのよ!! 今と昔のクルマを比べてみた
ベストカーWeb
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
アバルト「595」をHKSパーツで完全武装! トライアルが目指すナンバー付きサーキットスペシャルの中身とは
Auto Messe Web
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
角田「コーナーでのバランスを安定させることがポイント」2日目は40周で終了もマシンの理解を深める/F1インタビュー
AUTOSPORT web
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
自社のSDGsに悩む企業のアナタ! アウディの取組み ネットカーボンニュートラルな生産をご紹介
AUTOCAR JAPAN
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
レスポンス
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
生産終了のCX-8……3列シートSUVの後継出るぞ!! CX-80はより高級路線で2024年秋登場なるか?
ベストカーWeb
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
一生に一度、絶対に行くべきは「グランドキャニオン」でした。生で見る「地球の歴史」の壮大さに言葉失いました【ルート66旅_40】
Auto Messe Web
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

16件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索
ハリアーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村