現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマ好きでも「そんなのあったっけ?」 名前も姿も思い出せないマイナーすぎる派生車4選

ここから本文です

クルマ好きでも「そんなのあったっけ?」 名前も姿も思い出せないマイナーすぎる派生車4選

掲載 更新 37
クルマ好きでも「そんなのあったっけ?」 名前も姿も思い出せないマイナーすぎる派生車4選

 この記事をまとめると

■人気車種の派生モデルだからと言って売れるとは限らない

同じ中身なのになんでこんなに差が付いた! 明暗クッキリ兄弟車の勝ち負け4選

■この手のモデルはパッとせずに短命に終わったモデルが多い

■セールスはイマイチでもコンセプトはよかった

 人気車種の名前を借りて登場するも撃沈した名車を振り返る

 その名前を聞けば、誰もがスタイリングを思い出せるというほどメジャーなモデルであっても、意外に派生車種となるとどんなカタチをしていたのかパッとは思い浮かばないこともある。ここでは、そんな知る人ぞ知る的な有名モデルの派生車種4台をピックアップして紹介しよう。あなたは、いずれも覚えているだろうか。

 1)ホンダ・プレリュードインクス(1989年)

 デートカーとして一世を風靡したホンダ・プレリュード。その3代目モデルの途中、1989年11月に追加されたのが「inx(インクス)」だ。

 プレリュードの特徴ともいえるリトラクタブルヘッドライトを薄型ヘッドライトに変え、フォグランプ付グリルを採用したプレリュードインクスは、当時のインテグラなどにも通じるホンダらしい顔つき。

 もっとも、デートカーの座を日産シルビア(S13)に奪われつつあったホンダが、シルビアに似せた顔のバリエーションを追加したというのが当時の市場における受け止め方であったと記憶している。ちなみにプレリュードインクスには2リッターSOHCキャブと2リッターDOHCというふたつのエンジンを搭載。それぞれに5速MTと4速ATを設定していた。

 2)スバル・インプレッサアネシス(2008年)

 インプレッサといえば1992年の誕生以来、スバルの主力モデルとして存在感を示し続けているが、「アネシス」のサブネームを持つインプレッサの姿をパッと思い浮かべることができる人はどれほどいるだろうか。インプレッサアネシスの登場は2008年10月だ。つまり5ドアハッチバックが主体となっていた3代目インプレッサに追加されたモデルであり、アネシスは3ナンバーサイズの4ドアセダンとして誕生した。

 背景としては北米向け4ドアセダンの右ハンドル仕様といったところだが、あくまで日本仕様のターゲットはCセグメントセダンの購入層。トヨタでいえばカローラやコロナを買うようなユーザー層であり、インプレッサアネシスは1.5リッターと2リッターの自然吸気エンジンだけの設定で、それぞれにFFと4WDを用意するグレード構成となっていた。

 同じタイミングでWRX STIにも4ドアセダンが設定され、そちらはある程度の支持を集めていたが、インプレッサアネシスについては、どうにも鳴かず飛ばずだった印象が強い。

 なお、インプレッサの派生モデルとしては「リトナ」という名前に聞き覚えがある人もいるかもしれないが、リトナは初代インプレッサに用意された2ドアクーペ。これをベースとしたSTiバージョンのクーペボディのほうがよく見かけるといったくらい、リトナも不人気だった。

 コンセプトはよかったが個性的すぎて売れなかったモデル

 3)三菱ミラージュディンゴ(1999年)

 三菱のコンパクトカーとして現在もラインアップされている「ミラージュ」。初代モデルの誕生は1978年と長い歴史を誇るが、その中には変わった派生モデルもあった。

 それが1999年1月に発表された「ミラージュディンゴ」だ。全高1600mmを超えるトールワゴン・スタイルは、当時の軽自動車でメインストリームにあったスズキ・ワゴンRを卒業するユーザーにはピッタリといえるもので、デビュー時には非常に可能性を持つ新カテゴリーのニューカマーという印象を受けた業界人も多かったことだろう。

 エンジンは、1.3リッター、1.5リッター、1.8リッターを設定。一部グレードにGDI(ガソリン直噴)テクノロジーを搭載したほか、トランスミッションにCVTを採用し、現在でも通用しそうなパワートレインとするなど、メカニズム的にも意欲作となっていた。

 とはいえ、見てのとおり縦長の個性的なヘッドライトによるフロントマスクは非常に個性的で、ユーザーを選ぶことになった。つまり人気が出なかったのだ。

 そのため、2001年には大幅なマイナーチェンジを実施、オーソドックスなフロントマスクへと変身させたが時すでに遅し。翌年にはディスコンとなり、わずか4年でそのモデルライフを終えてしまった。

 4)トヨタ・スプリンターマリノ(1992年)

 最後に紹介するのがトヨタ・スプリンターマリノ。「スプリンターといえばマリノじゃなくて『トレノ』でしょう。変換ミスにもほどがある」と思ったかもしれないが、いやいやスプリンターマリノという派生モデルは実在していた。

 デビューは1992年5月、サッシュレスドアのスタイリッシュな4ドアハードトップとしてスプリンターのラインナップを充実させる目的で誕生した。カローラ/スプリンターの世代でいえばAE101型で知られる時代の話だ。

 そんなスプリンターマリノに搭載されたエンジンは1.5リッターと1.6リッター。トップグレードには20バルブの4A-Gが搭載され、後期型では6速MTが組み合わせられた。全高1315mmと空力に優れたボディは、スポーツドライビングの視点からも高いポテンシャルを持っていた。

 なお、兄弟車としてカローラには”セレス”が用意された。カローラセレスについては空力の良さが評価されJTCCに参戦するなどしたが、スプリンターマリノではそうしたモータースポーツでの活躍もなく、それも存在の薄さにつながっているのだろうか。

こんな記事も読まれています

23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
レスポンス
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
ベストカーWeb
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
Auto Messe Web
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
モーサイ
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
くるまのニュース
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
motorsport.com 日本版
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
AutoBild Japan
榎戸育寛、引退後の全日本ロード、EWCル・マン24時間の代役に「悔しい思いがあった。求めて頂けている以上は走りたい」
榎戸育寛、引退後の全日本ロード、EWCル・マン24時間の代役に「悔しい思いがあった。求めて頂けている以上は走りたい」
AUTOSPORT web
トヨタの次世代モビリティ『&brella』に体験乗車 太秦映画村で4月18-21日
トヨタの次世代モビリティ『&brella』に体験乗車 太秦映画村で4月18-21日
レスポンス
【スズキ】30歳以下のビギナーを対象としたライディングスクール「U30 スズキセイフティスクール」を5月より全国5会場で開催!
【スズキ】30歳以下のビギナーを対象としたライディングスクール「U30 スズキセイフティスクール」を5月より全国5会場で開催!
バイクブロス
JAF がバイクの制動・旋回について検証結果を公開(動画あり)
JAF がバイクの制動・旋回について検証結果を公開(動画あり)
バイクブロス
F1日本GPで1ストップに賭けたメルセデス。エンジニアが明かす作戦の理由と失速の原因
F1日本GPで1ストップに賭けたメルセデス。エンジニアが明かす作戦の理由と失速の原因
AUTOSPORT web
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

37件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索
インプレッサリトナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.8148.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村