サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ

ここから本文です
 車体の大型化もなんのその! 新型は新規客を呼び込んでいる

 新型トヨタ・カローラセダンとステーションワゴンのツーリングが正式発売されて2カ月が過ぎた。トヨタが発信したリリースによると、ハッチバックのスポーツも含む、カローラシリーズのセダンとツーリングが発売された9月17日からの1カ月の受注台数は2万2000台(月販目標台数は3モデル共通で9400台)。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計による、2019年10月のカローラシリーズの販売台数は1万1190台となり、久しぶりに登録車のみの販売ランキングで1位となっている。