現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWの「キドニー・グリル」が大きくなったのは今に始まったことではない! バリエーション豊富な「ブタ鼻」の歴史を振り返ろう

ここから本文です

BMWの「キドニー・グリル」が大きくなったのは今に始まったことではない! バリエーション豊富な「ブタ鼻」の歴史を振り返ろう

掲載 32
BMWの「キドニー・グリル」が大きくなったのは今に始まったことではない! バリエーション豊富な「ブタ鼻」の歴史を振り返ろう

キドニー・グリル誕生から90年、いくつもの転機が訪れたヒストリー

「キドニー・グリル」、つまり腎臓型グリルという少々変わった愛称で呼ばれるBMWのキドニー・グリルは、その誕生から約90年を経た今なおBMWの象徴であり続けている。近年では、第2世代の4シリーズおよび現行M3に採用された縦長キドニー・グリルの大胆不敵なデザインで賛否両論を巻き起こしたのだが、じつはこれも歴史的なモデルからデザインを受け継いだものという。つまり、歴史と伝統を体現したものとのことなのだ。ここでは、キドニー・グリルの誕生と変遷に焦点を当て、その歴史を振り返ってみよう。

BMW新型「M2」はMTでこそ乗るべき! もと先代M2オーナーだからわかる新型の進化の度合いを紹介します

1930年代に生まれたキドニー・グリルは縦長だった

1927年に自動車生産に乗り出して以来、英オースティン「セブン」のノックダウン生産車を生み出してきたBMW。初の自社オリジナルモデルとして1933年に誕生させた「303」は、現在に至るBMWのアイデンティティとなっている2つの要素を早くも備えていた。ひとつめは、BMW初の直列6気筒エンジンを搭載したこと。そしてふたつめは「キドニー・グリル」の愛称で親しまれる独創的なグリルデザインである。

ラジエターがフロントエンド中央に屹立していた時代、センターバーによって左右に分割されたグリルはさほど目新しいものではなかった。しかし、上部と下部に丸みを帯びた2本の縦長グリルを並べるキドニー・グリルは、当時の人々にとても強いインパクトを与え、当時はまだ新興勢力だったBMWブランドの認知にも貢献したという。

その後、第二次世界大戦が勃発するまでのBMW製乗用車は、流線型の世界的流行に対応しつつも、戦前BMW最高傑作とも称される「328」を含むすべてのモデルで、この独創的なグリルが採用されることになる。

1950年代の507で水平デザインが登場

第二次大戦後、復興を遂げようとしていたBMWでは、戦後の第1作「501/502」でも縦長キドニー・グリルを採用するが、キドニー・グリルにとって最初の転機となったのは1955年にデビューしたV8エンジンのリアルスポーツ「507ロードスター」。水平にレイアウトされた大型エアインテークを備えた最初のBMWである。これは、キドニー・グリルのデザインについても創造的な自由を表現しようとしたデザイナー、アルブレヒト・フォン・ゲルツの手によるもの。1990年代以降に立ち上げられたさまざまなプロジェクトとともに、後世のBMW所属デザイナーたちにも引用されることになった。

1960年代のノイエ・クラッセで2つの縦長キドニーが一体化

しかしそれ以上に大きなインパクトとなったのは、1961年にデビューした「ノイエ・クラッセ」こと「1500」。一時は不振に喘いでいたBMWを復活させた歴史的大ヒット作である。1500およびその派出モデルである「1600/1800/2000」のキドニー・グリルは、2つの縦長キドニーが初めて一体化され、フロントの車幅いっぱいに拡がる2つの水平グリルの間に配置された。このデザインは1966年から生産された「02」シリーズ、「2500」から始まる大型セダンおよびクーペ(ともに1968年~)など、1980年代に至るまでBMWの中核モデルのフロントデザインにおけるパイオニアとなった。

M1で採用された「史上最少のキドニー・グリル」

一方、1978年に発表されたBMW初のミッドシップ・スポーツカー「M1」は、キドニー・グリルのデザインに関してもエポックメイキングなモデルとなる。ミッドシップゆえにノーズが非常に薄くなることから、フロントバンパー内にキドニー・グリルと水平型エアインテークを組み込むように配置。その結果、史上最小のキドニー・グリルが生み出された。

イタルデザイン-ジウジアーロ作品として知られるM1は、BMW所属デザイナー、ポール・ブラックのデザインで1972年に製作されたコンセプトカー「BMW Turbo」にインスパイアされたもの。このキドニー・グリルのデザインは、「Z1」(1988年)や初代E31系「8シリーズ」(1989年)など、1980~90年代のニッチなスポーツモデルのフロントデザインにも影響を与えることになった。

■もっとディープなBMWの世界はこちら

E36系3シリーズからのデザインが21世紀初頭までキーとなる

キドニー・グリルに次なる劇的な進化をもたらしたのは、1990年に登場した第3世代のE36系「3シリーズ」。先代E30系までは一体化されていたキドニー・グリルが再び2つに分割されるとともに、やや横長で角が丸くてフラットな形状とされ、水平にレイアウトされた。特筆すべきは、ヘッドライトとキドニー・グリルがボディ同色のサーフェスによって切り離されているという点。このデザインは1990年代の多くのモデル、例えばE38系「7シリーズ」、E39系「5シリーズ」、「Z3」、4代目E46系3シリーズ、そして初代(E53)および第2世代(E70)の「X5」などでも採用されるなど、21世紀初頭のBMWデザインのキーとなった。

また、2013年に登場したBMW初のバッテリーEVモデルである「i3」においては、ついに空気を取り入れるという本来の機能を持つ必要性をなくしたキドニー・グリルだが、純粋にBMWとしてのアイデンティを際立たせる要素として採用された。このコンセプトはPHEVスーパーカーの「i8」にも採用されたのち、現在のBMW製BEV各モデルにも継承されている。

一方、ともに2018年にデビューした現行型「8シリーズ」および「Z4」では、横長の五角形を2つ並べたデザインとされ、スポーティなノーズ形状を強調。さらに現行モデルであるG20系3シリーズやG30系5シリーズのキドニー・グリルは、上辺をボンネットのキャラクターラインに届くほど高い位置に設定したうえで、多角形フォルムの両端を左右のヘッドライト上辺へと接続。水平方向の広がりを視覚的にアピールしている。

最新4シリーズ/M3の巨大グリルもインパクトだけにあらず

そして冒頭でも述べた現行G22系4シリーズ/M3のインパクト満点のキドニー・グリルについて、BMWの公式見解では、第二次大戦前の328のデザインを現代に昇華したものと伝えられており、大方の国内メディアでもその見解に追随しているようだ。

しかしこれはあくまで筆者の私見ながら、大きな縦型キドニー・グリルと横長の異形ヘッドライトの組み合わせは、1960年代の名作2000C/CSのフロントエンドを強く連想させられるのだが、読者諸兄はいかが思われるだろうか……?

■もっとディープなBMWの世界はこちら

こんな記事も読まれています

中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!?  フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!? フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
くるまのニュース
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
バイクのニュース
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
レスポンス
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
カー・アンド・ドライバー
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
くるまのニュース
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
VAGUE
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
@DIME
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb

みんなのコメント

32件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村