現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが新型「スポーツカー」を世界初公開!? 斬新ハンドル採用で期待高まる! 「FT-Se」がMR2・MR-S後継と言えるワケ

ここから本文です

トヨタが新型「スポーツカー」を世界初公開!? 斬新ハンドル採用で期待高まる! 「FT-Se」がMR2・MR-S後継と言えるワケ

掲載 19
トヨタが新型「スポーツカー」を世界初公開!? 斬新ハンドル採用で期待高まる! 「FT-Se」がMR2・MR-S後継と言えるワケ

■「FT-Se」が「MR2」や「MR-S」の後継と言える理由

 2023年10月16日、トヨタは「ジャパン モビリティ ショー2023」に出展する予定の2台のコンセプトモデルのデザインを公開しました。
 
 そのうちの1台「FT-Se」は、ミッドシップレイアウトを持つスポーツBEVになると見られ、特徴から「MR2」や「MR-S」の再来を期待する声も多いようです。

【画像】「えっ…!」 トヨタの新型スポーツカー!? 斬新デザインの「全体像」を画像で見る。(26枚)

 FT-Seについてトヨタは以下のように説明しています。

「TOYOTA GAZOO Racingが取り組む『モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり』の思想のもと、カーボンニュートラル時代におけるスポーツカーの選択肢の一つとして提案する、高性能スポーツBEVモデル」

 また、「ソフトウェアアップデートにより、ドライバーとともに育っていくクルマを目指す」とも説明されています。

 そうしたこともあり、これまでのスポーツカーにはない魅力を持った1台となることが伺えます。

 ただ、現時点ではFT-Seは2枚の画像しか公開されておらず、その全貌についてはほとんど明らかにされていません。

 一方、2021年12月に公開された「スポーツEV」というコンセプトモデルを見ると、FT-Seと多くの共通点があることがわかります。

 細部についてはFT-Seのほうがより具体的なデザインとなっているものの、エッジのきいたスタイリングやオレンジメタリックとブラックの2トーンボディは、どちらもよく似ているように見えます。

 スポーツEVと同時期に発表されたBEVの多くが、その後市販化されていることを考えると、FT-SeはスポーツEVの市販版、あるいはより市販版に近いコンセプトモデルと考えても不思議ではありません。

 スポーツEVに関する情報も決して多くはないものの、コの字型のヘッドライトを持つ特徴的なフロントマスクを見ることができるほか、ルーフを取り外した状態の画像も公開されています。

 また、低く短いボンネットやサイドのエアインテークからは、スポーツEVはバッテリーなどの重量物を車両中央部に搭載する「ミッドシップレイアウト」を持つモデルであることが伺えます。

■FT-Seは「MR2」「MR-S」の後継なの? そう言える理由とは

 これらの特徴から、スポーツEVはかつてトヨタがラインナップしていたスポーツカーである「MR2」およびその後継の「MR-S」の再来であると噂されてきました。

 もし仮に、スポーツEVのこうした特徴がFT-Seにも引き継がれるのであれば、MR2やMR-Sの事実上の後継車としてFT-Seが登場する可能性が現実味を帯びてきます。

 それを裏付けるのが、今回発表された「FT-Se」という名称です。

 過去のトヨタの事例を見ると、「FT」は「Future Toyota」、「S」は「スポーツ」、「e」がBEVを意味しており、「未来のトヨタの電動スポーツカー」を表していると考えられます。

 一方、「MR2」は「ミッドシップの2シーター」、「MR-S」は「ミッドシップのスポーツカー」を意味しており、両車のネーミングの構造はよく似ています。

「FT」はコンセプトモデルであることを意味する記号であることから、FT-Seが市販化された際には、少なくとも「FT」の部分は別の記号に置き換わる可能性が高そうです。

 その結果「ミッドシップの電動スポーツカー」を表す「MR-Se」のような名称や「GR」の一員であることを強調した「GR-Se」のような名称となることも考えられます。

 もちろん、FT-Seの市販版に対してまったく新しい名称が与えられる可能性も十分にあります。

 ただ、どのような名称になるにせよ、FT-SeがMR2やMR-Sの魂を受け継ぐモデルとなることは確実と言えそうです。

※ ※ ※

 ミッドシップレイアウトは、高い運動性能を実現するうえで理想的なレイアウトのひとつとされている一方で、手頃なモデルはほとんど存在しません。

 そのなかでもMR2やMR-Sは、多くのユーザーに手の届きやすいミッドシップスポーツカーとして高い人気を誇っていました。

 FT-SeがMR2やMR-Sの事実上の後継車となるのであれば、手の届きやすいモデルとなるのかも大きなポイントとなりそうです。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
AUTOSPORT web
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
ベストカーWeb
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
レスポンス
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
ベストカーWeb
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
グーネット
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
グーネット
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
グーネット
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
グーネット
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
グーネット
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦モンテカルロ終了時点/新人ポール・アーロンが首位浮上
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦モンテカルロ終了時点/新人ポール・アーロンが首位浮上
AUTOSPORT web
文明の利器をおおいに活用!! 2026年からイベントデータレコーダーを大型車にも義務化
文明の利器をおおいに活用!! 2026年からイベントデータレコーダーを大型車にも義務化
ベストカーWeb
VW「ゴルフGTI」は「老舗の蕎麦屋のカツ丼」!? 本家FFホットハッチの高度なトータルバランスは感動ものです【AMWリレーインプレ】
VW「ゴルフGTI」は「老舗の蕎麦屋のカツ丼」!? 本家FFホットハッチの高度なトータルバランスは感動ものです【AMWリレーインプレ】
Auto Messe Web
王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート
王者中升 ROOKIE AMGが盤石の2連覇。初挑戦TKRI松永建設AMGが2位に/富士24時間決勝レポート
AUTOSPORT web
いつものカーナビで動画や音楽が楽しめる!AIBOX新製品が登場 マックスウィン
いつものカーナビで動画や音楽が楽しめる!AIBOX新製品が登場 マックスウィン
グーネット

みんなのコメント

19件
  • チャッキー
    もういい加減に庶民の手の届かないスーパーカーはいいからさ、安価でカッコいいの売ってよ。
  • del********
    もう何年?いや10年以上前から言ってるよね
    新型MR2とか
    出る出る詐欺(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索
MR-Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村