現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 発売予定の部品がSNSで大きな反響!「レストアパーツ.com」で日本のレストアライフが変わる

ここから本文です

発売予定の部品がSNSで大きな反響!「レストアパーツ.com」で日本のレストアライフが変わる

掲載 更新
発売予定の部品がSNSで大きな反響!「レストアパーツ.com」で日本のレストアライフが変わる

国産クラシックカーのレストアで、一番の悩み処のパーツといえばなんといってもボディの外鈑部品ではないでしょうか?

今までにCLカーズでも、主にトヨタ車でゴム部品や機関部品のリプロ品に熱心なTHサービス(http://thservice.jugem.jp)、スカイラインやフェアレディZのガーニッシュやエンブレム、内装部品等で有名なリバイブジャロピー(http://revivejalopy.web.fc2.com/catalog.html)、ユニークなところではまさかのタイのオート三輪タクシーいわゆる「トゥクトゥク」がダイハツミゼットの部品としても使えるというニューズ(http://www.geocities.jp/news0001jp/)、イギリスのクラシックカー用タイヤの専門商社、ヴィンテージタイヤサプライの代理店で、20世紀初頭のクラシックカー用のタイヤですら入手可能な村上タイヤ(https://www.murakamitire.co.jp)等、少なからず国産クラシックの部品供給の問題を打破しようと尽力している業者があることを紹介してきましたが、先日筆者が参加した愛知ワールドクラシックカーフェスティバルin常滑で、またもや魅力的なクラシックカー用のリプロ部品をリリースしている業者のブースを発見しました。

年収1000万円プレイヤーになればポルシェ911は買えるのか?

それが今回ご紹介するレストアパーツ.com(まんさく自動車)です。

クラシックカーのレストアや修理の難所外鈑パネル

「日本のレストアライフが変わる」というある意味、過激な(?)コピーですが、クラシックカーのレストアや修理で一番苦労するのが外鈑パネルでしょう、機械的な部品はオーバーホールが可能だったり、ほかの車種からの加工流用や汎用品、運が良ければ品番が変わって別の車種で使われ続けていたというケースもあるのですが、外装や外鈑だけはそうもいかず、少々状態が悪くて錆や腐食があっても鈑金修理で使いまわしたり、状態のよい物や未使用品のデッドストックが稀に市場に出ると青天井の値段が付くというケースもあります。また外鈑部品の入手の難しさゆえに、腐食をアルミテープとパテで塞いでフルレストア済と称して市場に出すという悪質なケースもあります。

しかし、自動車の部品の中で外鈑部品は一番リプロが難しいともいわれ、金型を起こす初期費用の大きさや、製品の保管スペースの問題など、多くのリプロ業者が二の足を踏んだ分野ですが、いよいよ日本のリプロ業者に外鈑パネルの分野に打って出る業者が現れたとことに期待を抱かずにはいられません。しかも今回もまた筆者の住む名古屋市のすぐ近く、航空ファンの聖地、岐阜基地とかがみがはら航空宇宙博物館のある、岐阜県各務ヶ原市にあるレストアパーツ.comを運営するまんさく自動車に向かいました。

部品の在庫はまんさく自動車の整備工場ではなく、別の敷地の倉庫にあるというので、案内された倉庫の中に入っていくと大量の段ボール箱が、「レストアパーツ.comの拠点の準備中なので…」というので、てっきり準備中の倉庫の部材かと思ったのですが…

「これ、全部商品なんです」

筆者の頭の中は一瞬「???」となったのですが


たしかに、箱には510/1600/BLUE BIRDやSKYLINEの文字が、これがすべてハコスカや510ブルーバードの新品のバンパーやボンネットだというのですが、なかなか信じることができません。「箱から出しますの実際に見てください」という言葉とともに手近にあった箱から出てきたのは…


510型ブルーバードの新品のバンパーが!

510型ブルーバードのフェンダーにバックパネル、フロントエプロン、S30Zのボンネット等…

目の前にまんさく自動車の井上社長夫妻がいるのもはばからず、素っ頓狂な声を出して驚くばかりでした。なにしろ新品パーツでの入手はほぼ絶望視され、でこぼこのサビだらけでもハンマーを当てて、ボンデ鋼鈑を切り継いででも直して使いまわすか、ネットオークションにデッドストックの新品でも出れば青天井の入札合戦になるような、国産クラシックカーの外鈑部品が倉庫を埋め尽くしている光景に、筆者は幽霊か宇宙人でも見たようなあり得ない物を見ている顔をしていた事でしょう。

近日発売予定のAE86型レビン・トレノ用のクォーターパネルとバックパネル

Zやスカイライン、セリカ等の外鈑部品をFRPやカーボンで作っている業者も存在しますが、プレス鋼鈑でリプロ品を作ったというのが前例がないと聞いています。まずは、人気があり海外からの引き合いも多い510型ブルーバードやS30型Z、スカイラインからということですが、さすが北米で大成功を収めたベストセラーのFIVEーTENはあともう少しでボディシェルが丸ごと1台組めるのではないか?と思えるくらいのラインナップです。しかも価格は約3~9万円と非常に現実的な値段だけにまたビックリです。フロントフェンダー1枚が約5万円前後、同クラス現行車の新品部品より少々割高な程度、しかしこれまでの事情を踏まえればこれは破格と言ってもいい値段ではないでしょうか?

そしてこちらが、近日発売予定のAE86型レビン・トレノ用のクォーターパネルとバックパネル、こちらは発売を告知したところSNSでも大反響があったそうで、全国のハチロクオーナーの間で話題沸騰中だそうです。実はまんさく自動車の井上社長、AE86トレノを長年愛用し現在は86/BRZレースにもエントリーするほどのハチロクフリークの方でした。

しかし、どうしてこう言うことが可能になったかと聞くと、マスタングやシボレーなどのアメリカンマッスルカーのボディパーツリプロ部品で有名な業者が「日本の市場も開拓したい」ということで、まんさく自動車の井上社長の下にオファーが舞い込んできたとのこと。よく筆者も、海外のクラシックカーパーツのネットショップを見るたびに「国内がダメならいっそ海外でクラシックカーのリプロ部品を作ってる会社に日本車の部品を作ってもらえるように頼めないだろうか」と夢想することがあるのですが、「僕も海外でマスタングのリプロ部品を作ってるサプライヤーに日本車の部品も作ってもらえないかと妄想してたら実現しちゃったんですよ(笑)」とのことだそうです。

製造工場は台湾にあるとのことで、気になる品質はというとマスタングは取り付け時に鈑金やパテでの修正を要するおおざっぱなアメリカンクオリティ準拠に対し、やはり品質にうるさい日本ではアメリカと同じようにはいかないという旨を伝えたところ、ちゃんとそのまま修正なしで組付け可能な(もちろん、経年劣化等車種ごとに個体差があるため完璧というわけではありませんが)日本クオリティ準拠した仕上がりにも対応してくれたとのことで安心して使えるものだそうです。何より現在の防錆鋼鈑を使っているため、腐食した部分は丸ごとレストアパーツ.comの製品にしてしまえば、もう錆の再発を心配することもなくなるというのは大きいでしょう。

会場内でも一際注目を集めたリプロパーツ

先日のノスタルジック2Daysに出展した際も、リプロパーツだけで丸ごと1台組んだデモ用の「新品のマスタングのボディシェル」は会場内でも一際注目を集めたそうで、製造廃止になった部品の供給再開と自社によるリフレッシュプランの提供をアナウンスした「某国産車メーカー」の関係者からも質問を受けたそうです。

THサービスでも、「商品化可能な業者と取引はあるものの、ウチの規模で扱うのは難しい」と言っていた外鈑部品は、なんでも闇雲に商品化できるというものでもなく、問い合わせが多くても、やはり商売としては未知数な部分が多いようです。筆者としてぜひ初代セリカやTE27レビン・トレノ、トヨペットクラウン等ハチロク以外のトヨタ車の外鈑部品も商品化してほしい所です。

以前、トヨタ博物館の布垣館長がCLのインタビューで「国産クラシックカーの部品に関しては、すべてをメーカーが供給するのは難しい部分もあり、メーカーでサポートしきれない部分はぜひ部品サプライヤーさんが独自に販売して修理できる体制ができるといいと思います。」と答えた事があります。

実は筆者のセリカは愛知トヨタ系ディーラーのGRガレージで自動車保険に入っているのですが、GRガレージは社外品のチューニングパーツも扱っているので、営業の方に「もしGRガレージにトヨタのクラシックカーに乗ってるお客さんが来ても、GRは社外部品もOKなら、レストアパーツ.comやTHサービスの部品でAE86や初代セリカが直せるようになったら別の客層が増えるんじゃないですか?」と話したらまんざらでもないような感じでした。

日本のクラシックカーを取り巻く環境

大体のどのくらい見込みがあれば商品化出来るのか聞いてみると、50個単位から商品化が見込めるゴム類と違い、やはり「金型の償却や商品の回転率からして1000台単位の見込みが欲しい」とのことでした。筆者個人の意見としては最近自社のクラシックカーの保護にも動いてる自動車メーカーも巻き込んで、たとえばトヨタ車ならGRガレージがハチロクや初代セリカの部品を全国の拠点で最低2~3個ストックするとかすればそれだけで最低でも50個~数百個くらいは需要を確保できると思うのですが…

また、よくクラシックカーは事故に遭うと必ず保険でもめるといいます。何しろ基本、保険は時価で算定できず。たとえば部品に定価がないため、アジャスターは事故でひしゃげたクラシックカーには、オーナーの思い入れや市場価値等、目もくれず冷徹に全損判定を出します。しかし、こうしたリプロ品の市場が確立すれば、クラシックカーの修理費用にも一定の相場が成立し保険会社の対応が変わる可能性もあるかもしれません。

国産クラシックカーのリプロ部品を充実させ一つのマーケットとして確立させるには「何をリリースすればいいのか見込みや優先順位を知るために、具体的にどの部品が、どのくらいの頻度で需要があるかデータベースみたいなものが欲しい」という話を聞いたことがあります。

現在、レストアパーツ.comで部品をラインナップしている車種のオーナーはもちろん、ラインナップされていない車種のオーナーの方も、一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。また、オーナーズクラブなどでまとまった数が日本以外の国のオーナーにも協力を呼び掛けるなどしたら、商品化もありうるかもしれません。レストアパーツ.comのこれからの展開と、日本のクラシックカーを取り巻く環境が欧米に追いつく日が来る日を願って止みません。

すべてリプロ品で組み上げた「新品の」マスタングのボディとレストアパーツ.com(まんさく自動車)の社長 井上尚志さん。いつの日かハコスカやセリカも新品パーツで丸ごと一台組めるようになったら…

レストアパーツ.comの事業が本格的に動くようになったら船便で来ることを考慮して名古屋港の近くに移転することも考慮しているとか、ぜひ名古屋に来てください!筆者も遊びに行きます、いやむしろ倉庫整理の手伝いに行きます!

レストアパーツ.com(まんさく自動車)
〒504-0852
住所:岐阜県 各務ヶ原市 蘇原古市場町 1-7
電話:058-380-5461
FAX:058-380-5462
E-mail:info@restore-parts.com
サイトURL:https://www.restore-parts.com

[ライター・カメラ/鈴木修一郎 写真提供/レストアパーツ.com(まんさく自動車)]

こんな記事も読まれています

もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
くるまのニュース
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
AUTOCAR JAPAN
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
AUTOSPORT web
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
AUTOSPORT web
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
AUTOSPORT web
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
AUTOCAR JAPAN
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
AUTOSPORT web
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
AUTOSPORT web
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
くるまのニュース
【カーコーティング技術を住宅設備に】総合家庭用品メーカー「レック」と「KeePer技研」が共同企画した家庭用水まわりコーティング剤が販売開始
【カーコーティング技術を住宅設備に】総合家庭用品メーカー「レック」と「KeePer技研」が共同企画した家庭用水まわりコーティング剤が販売開始
driver@web
先行ピットインを決めたディクソンが逆転勝利。初参戦プルシェールは11位完走/インディカー第2戦
先行ピットインを決めたディクソンが逆転勝利。初参戦プルシェールは11位完走/インディカー第2戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.7650.0万円

中古車を検索
セリカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

181.7240.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.7650.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村