現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 違反の可能性もアリ! 便利な「ワンタッチウインカー」 定番なりつつある装備も間違えると危険? 「合図」の正しい使い方は

ここから本文です

違反の可能性もアリ! 便利な「ワンタッチウインカー」 定番なりつつある装備も間違えると危険? 「合図」の正しい使い方は

掲載 54
違反の可能性もアリ! 便利な「ワンタッチウインカー」 定番なりつつある装備も間違えると危険? 「合図」の正しい使い方は

■「合図不履行」になるうる可能性

 車線変更や右左折をする時にはウインカーを使って、他のクルマや歩行者などに自分のクルマの動きを合図しなければなりません。
 
 このウインカーの中でも「ワンタッチウインカー」について、使い方によっては交通違反となってしまうことがあるといいますが、どのようなことが違反に該当するのでしょうか。

【画像】「えっ!?」 そこ光る? 不思議なウインカーを画像で見る(38枚)

 車線変更や交差点での右左折をする時などには、ウインカーを使用して自分のクルマの動きを他のクルマに知らせなければなりません。

 一般的にはハンドルの右側についているレバーを、右に合図したい場合は下に倒し、左に合図したい場合は上に持ち上げると、クルマの前後についているウインカーランプが点滅する仕組みになっています。

 交差点での右左折などハンドルを切る角度が大きい場合は、ハンドルを切って戻すことで自動的にウインカーレバーが元の位置に戻って点滅が切れますが、車線変更などハンドルを切る角度が少ない場合は、ウインカーの点滅が自動的に切れないこともあります。

 この時は、レバーを手で元の位置に戻すことで点滅を消すことが可能です。

 一方で、最近のクルマの中には「ワンタッチウインカー」が装備されているクルマが増えてきています。

 これはレバーを軽く倒すことで3回から5回(車種により異なる)点滅したあとに自動で消灯する機能です。

 例えばホンダ「N-WGN」では、「レバーを上または下に軽く押してレバーを放すと、方向指示器が3回点滅」する仕組みだといいます。

 ワンタッチウインカーの最大のメリットは消し忘れが防げることが挙げられます。先述の通り、ハンドルを切る角度によってはレバーが戻らないことがあるため、右左折や車線変更の後も点滅しっぱなしになってしまうことがあります。

 その点、ワンタッチウインカーであれば3回(または5回など)点滅後に自動的に消えるため、消し忘れることがありません。

 しかし、このワンタッチウインカーは使い方によっては交通違反となってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

 道路交通法第53条1項では「合図の義務」として、ウインカーを出すタイミングが定められています。

 例えば、右折や左折をしようとする時は、右左折する地点の30m手前の地点からウインカーによる合図を開始し、右左折が終わるまで継続しなければなりません。

 同じように、転回(Uターン)をしようとする地点の30m手前の地点から、車線変更をする時は車線変更を行う3秒前から合図を開始し、それぞれの行為が完了するまで継続することが必要です。

 ワンタッチウインカーを使用する際、場合によっては右左折や車線変更などが完全に終わる前に点滅が終わってしまうおそれがあります。

 例えば、合図を出す30m手前から時速30kmで走行するとその地点に到達するまでに約3.6秒かかります。

 さらに右左折をする場合では、減速しながら対向車や巻き込みを確認し、対向車や歩行者がいれば一時停止しなければなりません。

 そのため、ワンタッチウインカーではこれらの行為が終わる前に点滅が消えてしまう恐れが考えられます。

 また、車線変更の場合も、ワンタッチウインカーを使用すると、車線変更が完全に終わる前にウインカーが消えてしまい、合図が不十分となる可能性が高いでしょう。

 右左折や車線変更をする際に、ウインカーによる合図が正しくできていなかった場合、「合図不履行違反」として取り締まりの対象となる可能性があります。

 合図不履行違反に該当すれば、違反点数1点と普通車では6000円の反則金が課されるため、ワンタッチウインカーの利用には注意が必要です。

※ ※ ※

 ワンタッチウインカーは合図の消し忘れを防ぐ便利な機能ですが、使い方によっては合図が不十分となってしまい、交通違反として取り締まりの対象となる可能性があります。

 機能に頼りきりになってしまうのではなく、周囲の状況にも配慮しつつ、通常のウインカーと使い分けながら上手に活用しましょう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

とうとう政府主導で「物流賃上げ」へ 荷待ち・荷役も「お金とれ」&「空荷で走るな」 示された数値目標は実現できるのか
とうとう政府主導で「物流賃上げ」へ 荷待ち・荷役も「お金とれ」&「空荷で走るな」 示された数値目標は実現できるのか
乗りものニュース
フォーミュラEの東京ePrix、ボランティアスタッフを募集中
フォーミュラEの東京ePrix、ボランティアスタッフを募集中
motorsport.com 日本版
カスタムビルダー 中嶋 志朗氏とのコラボウェアがクシタニから登場!(動画あり)
カスタムビルダー 中嶋 志朗氏とのコラボウェアがクシタニから登場!(動画あり)
バイクブロス
雨のセッション1は牧野任祐がトップタイム|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:初日午前タイム結果
雨のセッション1は牧野任祐がトップタイム|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:初日午前タイム結果
motorsport.com 日本版
盗難防止の心強い味方!? バイクのU字ロックやディスクロックとは
盗難防止の心強い味方!? バイクのU字ロックやディスクロックとは
バイクのニュース
まるで“アスリート”なトヨタ新型「クラウン スポーツ」! 「PHEVモデル」はハイブリッドと何が違う? めちゃ楽しい「ハイパフォーマンスモデル」は意外とお買得か
まるで“アスリート”なトヨタ新型「クラウン スポーツ」! 「PHEVモデル」はハイブリッドと何が違う? めちゃ楽しい「ハイパフォーマンスモデル」は意外とお買得か
くるまのニュース
幕張メッセにコンパニオン大集合!! パーツメーカーの美女大特集【東京オートサロン2024】
幕張メッセにコンパニオン大集合!! パーツメーカーの美女大特集【東京オートサロン2024】
ベストカーWeb
『M-TEC NSX(JGTC GT300/2004年)』“GT500直系”の驚速GT300 NSX【忘れがたき銘車たち】
『M-TEC NSX(JGTC GT300/2004年)』“GT500直系”の驚速GT300 NSX【忘れがたき銘車たち】
AUTOSPORT web
メルセデスベンツから新型EVミニバン登場、市街地航続は530km
メルセデスベンツから新型EVミニバン登場、市街地航続は530km
レスポンス
なぜ「案内標識」に「方角」表示ある? 全国でも珍しい「方位記号」の謎 奈良県に点在する背景とは
なぜ「案内標識」に「方角」表示ある? 全国でも珍しい「方位記号」の謎 奈良県に点在する背景とは
くるまのニュース
MotoGPカタールテスト2日目|ドゥカティ隙なし? バニャイヤがラップレコード上回る走りで締めくくる
MotoGPカタールテスト2日目|ドゥカティ隙なし? バニャイヤがラップレコード上回る走りで締めくくる
motorsport.com 日本版
F1バーレーンテスト直前に一部チームがフィルミングデーで走行開始。マクラーレンとハースが登場
F1バーレーンテスト直前に一部チームがフィルミングデーで走行開始。マクラーレンとハースが登場
AUTOSPORT web
不正の影響でタウンエースもハイエースもランクルも買えない……で欲しい人はどうする? 整理してみたら「選択肢」はキチンと残されていた!
不正の影響でタウンエースもハイエースもランクルも買えない……で欲しい人はどうする? 整理してみたら「選択肢」はキチンと残されていた!
WEB CARTOP
レッドブル式”ゼロポッド”は成功するのか? プレシーズンテストで「機能するかをチェックする」
レッドブル式”ゼロポッド”は成功するのか? プレシーズンテストで「機能するかをチェックする」
motorsport.com 日本版
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”仕様のみ! 乗り心地良好の「超静音モデル」! 新たな「L100」が尼で306万円から
三菱「新型“2人乗り”軽バン」公開! 斬新“窓なし”仕様のみ! 乗り心地良好の「超静音モデル」! 新たな「L100」が尼で306万円から
くるまのニュース
EVの再生バッテリー利用ポータブル電源がカー用品店でも販売に、ケンウッド
EVの再生バッテリー利用ポータブル電源がカー用品店でも販売に、ケンウッド
レスポンス
ファビオ・クアルタラロ「このグリップはひどい。受け入れられない」ヤマハ、エンジン改善も問題残る
ファビオ・クアルタラロ「このグリップはひどい。受け入れられない」ヤマハ、エンジン改善も問題残る
motorsport.com 日本版
「パンダトレノ」復活!? まるで「AE86」なトヨタ最新「ハチロク」がスゴい! 一体どんなモデル?
「パンダトレノ」復活!? まるで「AE86」なトヨタ最新「ハチロク」がスゴい! 一体どんなモデル?
くるまのニュース

みんなのコメント

54件
  • どうでもいいけど普通にウインカー出してくれ
    曲がり始めてからウインカー出すように教習所で教えてるのか?
    地方ナンバーが特に酷い
  • ウインカー出さないよりマシだと思う。車線変更時にウインカー出さないのもいる。先日は右折レーンにいた車が 車線変更禁止の黄色線なのに左にウインカー出して直進レーンに入った奴がいた。こういう時にパトカーがいればイイのに…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

131.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0213.7万円

中古車を検索
N-WGNの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

131.8170.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0213.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村