現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの斬新「MRスポーツカー」が凄すぎる! “ミッドシップ×後輪駆動”なのに「200万円以下」で購入可能!「超軽量ボディ」の2人乗りオープンカー「MR-S」とは

ここから本文です

トヨタの斬新「MRスポーツカー」が凄すぎる! “ミッドシップ×後輪駆動”なのに「200万円以下」で購入可能!「超軽量ボディ」の2人乗りオープンカー「MR-S」とは

掲載 16
トヨタの斬新「MRスポーツカー」が凄すぎる! “ミッドシップ×後輪駆動”なのに「200万円以下」で購入可能!「超軽量ボディ」の2人乗りオープンカー「MR-S」とは

■「ミッドシップスポーツの民主化」を担ったMRシリーズの末弟

 様々なクルマが誕生しては消えていくのが、自動車の歴史の常。
 
 たとえ発表時に華やかな注目を集めたクルマであったとしても、時代の流れによっては生産終了に追い込まれるケースも珍しくありません。
 
 トヨタがかつて販売していた「MR-S」も、まさに名車になり得た要素を数多く備えていたものの、残念ながら消えてしまったクルマの一台でしょう。

【画像】「フェラーリ」そっくりに改造されたトヨタ「MR-S」が売っていた! 見分けがつくが画像で比較する

 MR-Sは1999年10月にトヨタから発売された2人乗りのスポーツカーで、車重が軽く屋根も開くことから、詳しくは「ライトウエイト・オープンスポーツカー」というジャンルに属します。

 最大の特徴は車名にも記された「MR(ミッドシップ)」という「エンジンを車体中央部分に配置する駆動形式」を採用している点で、この構造はスーパーカーや特殊なスポーツカーあるいは商用車など、一部を除き限られたクルマにのみ取り入れられている特殊な駆動方式です。

 ボディサイズ(前期型)は全長3885mm×全幅1695mm×全高1235mmとコンパクトな車体で、車重も最軽量モデルでは970キロと、1トン切りを達成した軽い車体も魅力的。

 パワーユニットには最高出力140馬力を発揮する1.8リッターガソリンエンジンを搭載し、トランスミッションには前期型は5速、後期型は6速のMTを組み合わせるほか、当時としては非常に先進的なセミオートのシーケンシャルマニュアルトランスミッションまで選択できるこだわりようでした。

 それでいて車両価格は最も安いグレードで198万円から(当時の税抜き表示)となり、現在からはとても想像できないほどの低価格まで実現していたのです。

 そんなMR-Sは、その車名と構造から詳しい人は分かるように、国産市販車としては初のミッドシップカーである名車「MR2」の後継車として誕生しました。

 このMR2には初代と2代目が存在しますが、どちらも重量バランスに優れたミッドシップレイアウトによるクイックなハンドリングや先鋭的なデザインから高い人気を誇ったモデルで、その後を継ぐことを担わされたMR-Sも「新時代のライトウエイト・オープンスポーツカー」になるものと、大きな期待が集中したのです。

■重圧と言えるほどの高い期待を背負ったものの…

 このように高い期待を一身に背負って登場したMR-Sでしたが、結論から言えば、残念ながら高い評価を得ることはできませんでした。

 外装のみならずトランスミッションまで一身するような大規模なマイナーチェンジを行ってテコ入れをしたものの、発売開始から7年後の2007年7月に生産終了となり、後継モデルも現れませんでした。

 MR-Sは誰でも扱える小柄なサイズに爽快な運転性能、そして購入しやすい低価格や低燃費、さらに個性的で特殊な構造を一台で実現した、名車になり得る要素をこれでもかと盛り込んだ、間違いなく「かつて無いこだわりを持つクルマ」でした。

 幌の開閉構造ひとつ取っても「Z型」に折りたためる設計」としたことで、車内の天井内張りにあたる箇所がオープン中には汚れなくなるなど、当時のライバル車といえるマツダ「ロードスター(2代目)」がまだ採用していなかった先進的な仕組みを採用していました(ロードスターは後の3代目・4代目でMR-S同様の「Z型」を採用しています)。

 そんなMR-Sがなぜ爆発的な人気が得られなかったのでしょうか。その理由としては、同車の根本である「手軽にスポーティな走りが楽しめる」というコンセプトが、当時の「スポーツカーを求めるコアなユーザー層」にマッチしなかったのが大きかったのだと思えます。

 先述のように前身の「MR2」は、初代の後期モデルおよび2代目は、過給機をプラスし大幅に動力性能を高めたことで、本格スポーツとしてアグレッシブな走りを楽しむ人に高く評価され、愛好家を持つクルマです。

 さらに改造し、よりピーキーな操作感を楽しんで乗り続けているオーナーも珍しくなく、そのためMR-SにはMR2後継車として同様の性能が求められ、期待がかかっていた面もありました。

 しかし、MR-SはそのコンセプトをMR2とは一変。

 扱いやすく誰でも楽しめるスポーティな走りを実現した同車は、エンジン出力が低く“非力”と捉えられたり、無駄のない構造で車重は軽いものの剛性が低く走りに安定性がないなど、「MR2好き」および「本格的なスポーツカー好き」から厳しい評価を受け、その流れもあって高い評価を得られなかったのは不幸なことでした。

 またそこに、「2人乗りで広いトランクもなく荷物も積めない」という利便性の低さや、「穏やかで優しげな反面、どこか物足りない」なエクステリアデザインも重なり、本格的な走りを追究しないような一般層からも敬遠されてしまいました。

 それでもMR-Sのコンセプトを理解し、素直にドライブを楽しむユーザーは少なからず確実に存在しましたが、顧客層の大半に受け入れられず、7年の後に販売を終了しました。

※ ※ ※

 ちなみに、MR-SとMR2は両車とも当時のトヨタの子会社「セントラル自動車」(現:トヨタ自動車東日本)で製造されていました。

 トヨタでラインナップされる、れっきとしたトヨタ車ではあるものの、初代MR2はトヨタのエンブレムが車体に装着されておらず、代わりにオリジナルのエンブレムが装着されていたのです。

 MR-Sもそれに倣ってかボンネットにはオリジナルのエンブレムのみ装着されおり、外装にはトヨタのエンブレムが一切無い(ステアリングやホイールのみトヨタのエンブレムが刻印)という、シリーズ揃って異色のモデルと言えるでしょう。

 そんな当時は高い評価を得られなかったMR-Sですが、今では軽量コンパクトなミッドシップのライトウエイト・オープンスポーツカーは貴重ということもあり、その価値を見直すクルマ好きも増えているように感じます。

 中古車相場も値上がりし、程度が良いものなら当時の新車価格に届く200万円を超える個体も見られますが、手頃な価格のものも数多く出回っていますので、「当時は欲しくても事情から買えなかった」という人は、最後のチャンスとしてこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
レクサスの中国製コピー? 上級ワンボックスEVが英国上陸 マクサス・ミファ9へ試乗 価格なりの高水準
AUTOCAR JAPAN
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
シボレー「アバランチ」をおりて日産「タイタン」に返り咲いた理由は?『スプラトゥーン』のデザインを取り入れたボディが遊び心満点です
Auto Messe Web
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
コラピントがファイナルラップのオーバーテイクで初優勝掴む。宮田莉朋14位|F2イモラスプリント
motorsport.com 日本版
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
道譲らないとダメ? たまに遭遇する「民間の緊急車両」どう対応すればいいのか
乗りものニュース
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
アンダー350万円! 新型「既視感ありまくりSUV」公開! 5速MT&4.3m級のコンパクトボディ採用! 3列7人乗りの「グルカ“5ドア”」印に登場
くるまのニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第5回】好発進から一転。“少し感情的になった”ケビンと今後のアプローチを話し合い
AUTOSPORT web
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
「話が来たのは先週の日曜」急きょ参戦のバーニコートがIMPULに合流。気になる第3戦以降のドライバーは?
AUTOSPORT web
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
ホンダ「N-ONEカップ」に青木拓磨選手が参戦!「HDRS」からレースへのステップアップを自らが実証します。2024年初のHDRSは袖ヶ浦から
Auto Messe Web
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
スズキ「ジムニー」自衛隊車両に!? ファンの夢を形にした「新型」佐賀地本が公開
乗りものニュース
イモラでグラベルトラップが拡張。トラックリミット違反への対策で/F1エミリア・ロマーニャGP
イモラでグラベルトラップが拡張。トラックリミット違反への対策で/F1エミリア・ロマーニャGP
AUTOSPORT web
豪州からの刺客が続々。キャメロン・ウォーターズにRSC首位ウィル・ブラウンがNASCARカップ参戦へ
豪州からの刺客が続々。キャメロン・ウォーターズにRSC首位ウィル・ブラウンがNASCARカップ参戦へ
AUTOSPORT web
「勢いを保てればチャンピオンになれる」選手権首位キャシディが語る4年目のFE。ダ・コスタはWEC復帰を望む
「勢いを保てればチャンピオンになれる」選手権首位キャシディが語る4年目のFE。ダ・コスタはWEC復帰を望む
AUTOSPORT web
MT装備! 丸目レトロな「和製スーパーカー」登場! ミッドシップ&軽量でめちゃ楽しそうな「トミーカイラ ZZ」米で落札
MT装備! 丸目レトロな「和製スーパーカー」登場! ミッドシップ&軽量でめちゃ楽しそうな「トミーカイラ ZZ」米で落札
くるまのニュース
赤旗2度の波乱、ピアストリがFP3トップ。角田裕毅、アタックできず消化不良の13番手|F1エミリア・ロマーニャGP
赤旗2度の波乱、ピアストリがFP3トップ。角田裕毅、アタックできず消化不良の13番手|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
オートポリスは不思議なことが起こる。Q1 B組だけタイム悪化の怪……原因は“風”か?|スーパーフォーミュラ第2戦
オートポリスは不思議なことが起こる。Q1 B組だけタイム悪化の怪……原因は“風”か?|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
「特定」「一般」に「通運」「航空」なんてのもある! トラックで見かける表記はどんな意味?
「特定」「一般」に「通運」「航空」なんてのもある! トラックで見かける表記はどんな意味?
WEB CARTOP
F1エミリア・ロマーニャFP3速報|マクラーレンがワンツー。赤旗中断の影響もありRB角田裕毅は13番手
F1エミリア・ロマーニャFP3速報|マクラーレンがワンツー。赤旗中断の影響もありRB角田裕毅は13番手
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

16件
  • pon********
    資金に余裕あったらMRーS欲しかったけどなぁ。
    賛否両論あると思うけど、個人的には好き
  • tom********
    ボクスターのパクリって良く言われるけど似てるのは2代目ボクスターでMR-Sの方が発売早いのは意外に知られてないよね。
    ノーマルのデザインがもう少し良ければ&上位グレードで2ZZ選択出来たら全く違う評価になってただろうに勿体ないと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索
MR-Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村