現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【10年ひと昔の国産車 57】マツダ アテンザはマイナーチェンジで乗り味が滑らかに進化した

ここから本文です

【10年ひと昔の国産車 57】マツダ アテンザはマイナーチェンジで乗り味が滑らかに進化した

掲載 更新 19
【10年ひと昔の国産車 57】マツダ アテンザはマイナーチェンジで乗り味が滑らかに進化した

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「マツダ アテンザ」だ。

マツダ アテンザ(2010年:マイナーチェンジ)
昨年(編集部註:2009年)の東京モーターショーなどを通じて最近のマツダが表明しているのは、ハイブリッドなども視野には入れているが、すぐには無理なので、まずは既存のパワートレーンのさらなる効率アップと軽量化を進めるということ。つまり、できることからコツコツとやっていくというわけだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

そんなマツダが、アテンザのマイナーチェンジを発表した。現在の2代目アテンザが登場したのは2008年1月。切れ味は良かったが荒々しい側面もあった初代に対し、2代目は内外装ともエレガントな趣で登場した。とはいえ、2代目アテンザもマツダらしい「やんちゃ」な面も残っていた。

16インチタイヤを履くベースグレードはそれなりにマイルドだったが、17/18インチタイヤを履くモデルの乗り味は硬く、ワダチでは足を取られるワンダリングも感じた。スポーツを意識するあまり激しさもあったようだ。ところが、今回のマイナーチェンジではこのフットワークが大幅に見直されている。

内容は実にきめ細かい。フロントのサスペンションはサブフレームとスタビのブッシュの硬さを変えている。リアはトレーリングブッシュの形状やバンプストップラバーを変更。ダンパーは前後とも伸び側の減衰を少し落とした。さらにアルミホイールの形状を見直して17インチで8%、18インチでは10%の軽量化を達成。同時に車体下面に新しいディフレクターを採用し、空力特性も向上させている。

こうした微に入り細にわたる見直しにより、まず乗り心地が良くなった。細かい突き上げが消えて滑らかになっている。ギャップに乗った時に背負い上げられるような減衰の強さも減った。スポーツサルーンらしい腰の強さはそのままに、しなやかさを増している。直進安定性も向上した。路面が多少荒れていても進路が乱れるようなことがなく、ビシッとまっすぐ走る。以前、現行2代目の初期型に乗ってたときに気になっていたところが、ほぼ完璧に手直しされている。

今回のマイナーチェンジで、もうひとつのポイントが2Lエンジンの刷新だ。従来のポート噴射式に代えて、ガソリン直噴のDISIになった。ガソリン直噴は燃焼がより精密にコントロールできる上に、燃料の冷却効果によりノッキングが起こりにくく圧縮比が上げられる。つまり、出力アップと燃費の向上が同時に狙えるというわけだ。

これにより、従来型のエンジンより最高出力は3ps、最大トルクは0.7kgmアップ。一方で燃費は10・15モードで0.8km/Lも向上している。アクセルを踏んだ瞬間の反応はマツダらしく相変わらず元気だ。しかも、そのトルク感はパーシャルからのピックアップにも出ていて、軽いアクセルの踏み込みに対してもスルスルと速度を乗せる。2Lでこれくらい余裕が出てくれると、実用性メインならこれで十分かなという気になる。50%のエコカー減税対象になっている点も重視したい。

マツダのDセグメント世界戦略車という大任を負うアテンザは、セダン、5ドアハッチバックのスポーツ、そしてスポーツワゴンの3車型を揃える、今どき貴重なモデルだ。その魅力に加え今回の地道な熟成で、走り出した瞬間に感じる「いいクルマ感」は確実に強くなっていた。

■アテンザ スポーツ 25Z(スポーツワゴン 20S) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4735×1795×1440(1450)mm
●ホイールベース:2725mm
●車両重量:1460kg(1450)
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:2488cc(1998)
●最高出力:125kW<170ps>/6000rpm(112<153>/6200)
●最大トルク:226Nm<23.0kgm>/4000rpm(189<19.3>/4500)
●トランスミッション:6速MT(5速AT)
●駆動方式:横置きFF
●10・15モード燃費:11.4km/L(13.0)
●タイヤ:225/45R18(205/60R16)
●当時の車両価格<税込み>:250万円(235万円)

[ アルバム : マツダ アテンザ(2代目マイナーチェンジ) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
くるまのニュース
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
WEB CARTOP
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
くるまのニュース
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
レスポンス
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
WEBヤングマシン
トップガンの赤黒&ZXRカラー!! カワサキの「ニンジャ」40周年記念モデルを激撮!
トップガンの赤黒&ZXRカラー!! カワサキの「ニンジャ」40周年記念モデルを激撮!
WEBヤングマシン
クライスラー新型「ハルシオン」世界初公開! 流線型ボディのスーパーカーは ブランドの近未来を示唆する電動コンセプト
クライスラー新型「ハルシオン」世界初公開! 流線型ボディのスーパーカーは ブランドの近未来を示唆する電動コンセプト
VAGUE
【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
【岡崎宏司カーズCARS】ICONIC SPが提示したロータリーの新たな魅力。「美しいデザイン」と「動的資質の高さ」にマツダの輝く未来を感じる
カー・アンド・ドライバー
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
トヨタ新型「ヤリスクロス」実車展示! 迫力顔でちょっと“ビッグ”! 大統領も「興味津々」の“高級独自仕様”泰に登場
くるまのニュース
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
【SCOOP!】新型ホンダ「CB400」は新開発の直4+新世代MT“Eクラッチ”のコンビで来る?!
WEBヤングマシン
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
日産「新型スポーティセダン」発表!「精悍顔」に顔面刷新! 700万超え豪華グレードもある新型「セントラ」約490万円からアルゼンチンに登場
くるまのニュース
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
ホンダ「スーパーカブC125」 新色を設定した2024年モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「フォルツァ」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
新型マツダ6がカッコ良すぎるのよ!! 縦置きエンジン+FRレイアウト採用でパワーユニットは5つ展開か!?
ベストカーWeb
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
軽キャンパーはシンプルがいい! そんな人は必見のトヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
RVRの後継となるのか!? 三菱の新型コンパクトSUV「エクスフォース」が登場もPHEVモデルはなし!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

19件
  • 現行よりこっちのデザインの方がいいわ
  • マツダ地獄w

    こんな古いアテントは価値ないからスクラップしかないしマツダらしく作りがボロでボディーが10年もたないだろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

283.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0266.0万円

中古車を検索
アテンザセダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

283.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0266.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村