現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 先代で極めたスポーティさは苦手な人もいた!? 新型スイフトが目指したものをデザイナー陣に直撃した

ここから本文です

先代で極めたスポーティさは苦手な人もいた!? 新型スイフトが目指したものをデザイナー陣に直撃した

掲載 1
先代で極めたスポーティさは苦手な人もいた!? 新型スイフトが目指したものをデザイナー陣に直撃した

 この記事をまとめると

■スズキの新型スイフトを担当したデザイナーにインタビューを行った

「非力」でも「楽しい」うえに中古が「安い」! 走りを極めた「鈍足グルマ」4選

■当初のデザインを仕切り直して「ひと目見たら印象に残るデザイン」を目指した

■ボディカラーのこだわりやインテリアの造形についても語ってもらった

 スポーティさ狙ったら「保守的」と却下

 スイフトと言えばスポーティなコンパクトカーとして人気がありますが、新型では「軽やかさ」や「スマートさ」といった新しい面も追求したいといいます。ではデザインの新しさはどこにあるのか、今回は担当デザイナーの3人の皆さんに話を聞いてみました。

 仕切り直しで見つけたまったく新しい要素

──では最初に、デザインコンセプトは「一目見たら印象に残るデザイン」とありますが、その意図を教えてください。

「じつはデザインチーム内では『ハッとするデザイン』ともいっていたのですが、いずれもファーストインプレッションを重視した考えですね。過去4世代のなかではキープコンセプトもあったし、先代は歴代のスポーティさの完成形でもあった。そうした財産は生かしつつも、次はまた違う新しさが必要だと考えたワケです」。

──新型は、女性など歴代のスポーティな印象が「自分には合わない」とする層へも訴求するとしていますが、そこはどう配慮したのでしょう?

「じつは、当初は歴代のようなスポーティさを狙っていたのですが、役員から「保守的だ」とダメ出しがありまして(笑)。そこで、スポーティとは異なるファクターを求めて仕切り直し、短時間ながら4つの案にまとめることができました」。

──そこでラウンドしたショルダーとフェンダーの対比という提案が出たワケですね。

「はい。とりわけ、Z世代に身近なデジタルデバイスやファッションなどから『多面体』というテーマを導き出した。ただ、ショルダー面の「輪」でボディを引き締めてワイド感を強調するなど、デザインテーマは大きく変えつつも歴代のスポーティさはしっかり残しているんです」。

──そのショルダーラインの深さは場所によって異なります。もっと一様に深くした方がよかったのでは?

「そこは5ナンバーサイズという制約がありますので……。ただ、弊社は軽自動車のノウハウがあるので、与えられたサイズのなかではかなりの立体感が出せたと思います。具体的には、ライン下部のエッジをしっかり出すことで強さを出しています」。

──フロントでは、前に突き出したグリルと絞りの少ないヘッドライトが新しい表現ですね。

「キースケッチにもありますが、ボディの「多面体」のなかのひとつをグリル面としてボリュームをもたせ、そこを左右のフェンダーで挟み込んだ造形ですね。ヘッドライトはたしかに横への張り出しが大きいですが、これはフード部をしっかり絞っているからこそできる造形ですね」。

──そのグリルでは、下半分に置かれたメッキパーツがユニークですね。

「はい。じつはスケッチの段階ではメッキパーツは描かれていなくて、実際スタンダードグレードのXGには付いていません。ただ、仕様的な判断から上級グレードに追加することになったのですが、グリル内のレーダーなど機能的な理由から下半分のみになっているんです」。

──先代ではリアピラーの一部がボディ色でしたが、今回は完全にブラックアウトさせましたね。

「はい。先代は全身が筋肉質な造形で、その一部としてピラーがはみ出していましたが、新型ではラウンドしたキャラクターに合わせてスパッと切りました。じつはキースケッチには逆三角形のピラーが描かれていて、実際に試したものの、下が細くなっている形状から安定感が得られなかったんですね」。

──おや? と思ったのが、テールランプ下のボディが斜めにカットされている点です。

「あ、そこですね(笑)。本来はランプに合わせて水平にするところですが、それではまとまりはイイけど印象に残らない。ここは今回の「ハッとするデザイン」として動きを出したということです」。

 先進の素材感を打ち出したボディカラー

──ボディカラーでは新色が2色ありますが、次世代スズキを象徴するのが「フロンティアブルーパールメタリック」ですね。

「同じく3層コートで評判だった『バーニングレッド』の対となる色ですね。じつは開発は2016年から行っていたのですが、水溶性の塗料を安定して塗ることが難しく、発表が今回の新型スイフトまで掛かってしまいました」。

──もう1色の「クールイエローメタリック」は先進テクノロジーをイメージしたとありますが、具体的には何をモチーフにしたのでしょう?

「Z世代をターゲットとして、たとえばスポーツウエアやシューズなどで見られるシリコン系の新素材をイメージしました。スポーティの新しい解釈ですね。かなり思い切った色ですが、ここも「ハッとするデザイン」の一環と言えます」。

──次にインテリアについて。インパネとドアトリムをつないだシャープな造形は「スポーティ過ぎ」にはなりませんか?

「スポーティ過ぎるという点では、じつは当初は先代のスポーティな記号性の強い表現だったんですね。そこを仕切り直して、軽やかで包まれ感のある造形に修正した。グレーの樹脂部分は三角形のテクスチャーとすることで、明るい部分と暗い部分のコントラストを効かせています」。

──浮島的なインパネ造形は他社でも見られますが、これはトレンドでもあるのですか?

「それもありますし、Z世代に向けてあまり重厚に見せない狙いもあります。浮いている、抜けていることで従来とは異なる世界観を作りたかった。また、ナビ画面を上に移動させたことで中央の島がしっかり見えるようになったのですが、さらに金属調パーツを加えることで手前に飛び出して見えるよう工夫しています」。

──では最後に。新型は「従来のスイフトにとらわれないデザイン」を掲げましたが、実際に手掛けてみてどのようなことが達成できたと思いますか?

「スポーティさなど、記号的でストレートな表現から次世代へ更新するようなジャンプができたと考えています。ラウンドしたショルダーといった新しい要素や、ブルーの限界を超えた新しいボディカラー、黒一色ではなく軽やかなインテリアなど、いずれも仕切り直したことで実現した飛躍だと思います」。

──古典的なスポーティさからの脱却ですね。本日はありがとうございました。

こんな記事も読まれています

【試乗】ホンダWR-Vは静かでしなやかでしかも安い! 走って感じた大ヒットの予感
【試乗】ホンダWR-Vは静かでしなやかでしかも安い! 走って感じた大ヒットの予感
WEB CARTOP
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
ベストカーWeb
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
【試乗】見て触って乗っての結論……これでいいじゃん! ヒョンデKONAは穿った目で見ても粗らしい粗が見つからないクルマだった
WEB CARTOP
デジタルで作れる時代に「手彫りの粘土」でクルマをデザイン! なぜいまでもクレイモデルが活用されるのかをホンダのトップモデラーに聞いた
デジタルで作れる時代に「手彫りの粘土」でクルマをデザイン! なぜいまでもクレイモデルが活用されるのかをホンダのトップモデラーに聞いた
WEB CARTOP
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
カワイイのかブサいのか? 「欧州レトロバン」の愛嬌にやられる人続出!
WEB CARTOP
マツダの目指す走りを体現した「マツダ6」がなんと終売! でも後継モデルはさらに期待大!!
マツダの目指す走りを体現した「マツダ6」がなんと終売! でも後継モデルはさらに期待大!!
WEB CARTOP
2+2仕様を新設定した新型メルセデスAMG GTクーペが日本デビュー
2+2仕様を新設定した新型メルセデスAMG GTクーペが日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
そっちが前じゃないだろ! なんでこんな前か後か分からんクルマ作ったのよ!
そっちが前じゃないだろ! なんでこんな前か後か分からんクルマ作ったのよ!
ベストカーWeb
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
新型スイフトスポーツが待ち遠しい! 勝手に予想する性能と期待
ベストカーWeb
超レトロな「新型スポーツカー」発売! 6速MT×丸目4灯の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場の「M55」とは
超レトロな「新型スポーツカー」発売! 6速MT×丸目4灯の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場の「M55」とは
くるまのニュース
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
くるまのニュース
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】ミツオカ「オロチ」はスーパーカーの概念を大きく変えた純国産のファッションスーパーカー!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】ミツオカ「オロチ」はスーパーカーの概念を大きく変えた純国産のファッションスーパーカー!!
ベストカーWeb
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
アンダー250万円! ホンダ新型「カクカクSUV」早くも1万台受注! 低価格&コンパクトな新型「WR-V」何がスゴい?
くるまのニュース
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
トヨタ「新型SUVミニバン」公開! 斬新ドア×タフ外装がカッコいい! 「X-VAN GEAR」特許庁公表で、市販化は?
トヨタ「新型SUVミニバン」公開! 斬新ドア×タフ外装がカッコいい! 「X-VAN GEAR」特許庁公表で、市販化は?
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • *******
    すごい熱量で様々にフード形状を揶揄する人が散見されるが、見れば見るほど落ち着いててカッコいいと思うのは私だけかもしれませんね。
    全周を通るキャラクターラインと低く構えたフロントフェイスが軽快な運動性能をよく表現してると思う。
    納車が楽しみです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8380.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8380.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村