現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 斬新顔のトヨタ「和製スーパーカー」!? V6+4WDのオープンミッドシップ! めちゃカッコイイ「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

ここから本文です

斬新顔のトヨタ「和製スーパーカー」!? V6+4WDのオープンミッドシップ! めちゃカッコイイ「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

掲載 17
斬新顔のトヨタ「和製スーパーカー」!? V6+4WDのオープンミッドシップ! めちゃカッコイイ「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

■トヨタのオープンミッドシップ

 コンセプトカーは、世界各地で開催されるモーターショーや、カスタムカーが並ぶ「オートサロン」「SEMA」など、様々な場面で披露され人々の注目を集めます。このうち、トヨタが2011年6月の第39回ニュルブルクリンク24時間耐久レースで公開したコンセプトカー「GRMNスポーツハイブリッドコンセプトII(GRMN SPORTS HYBRID Concept II)」は、どのようなモデルなのでしょうか。

【画像】スーパーカー並みにカッコいい! トヨタ「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」を画像で見る(26枚)

 トヨタは2011年6月22日、ドイツで開催された第39回ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、GAZOO Racing tuned by MNのコンセプトカーGRMNスポーツハイブリッドコンセプトIIを初披露しました。

 GRMNスポーツハイブリッドコンセプトIIは、トヨタ「MR-S」をベースとしたオープンミッドシップ・ハイブリッドカーです。

 2010年1月の東京オートサロン2010で発表された第1弾「GRMNスポーツハイブリッドコンセプト」からスタイリングを一新するとともに、ハイブリッドシステムを改良。

 ミッドシップ・レイアウトによる車両の回頭性の良さ(自在に走る楽しさ)と、フロントをモーター駆動することによる安定性を兼ね備えた、4WDスポーツハイブリッドシステムを搭載しています。

 さらに、オープンボディ採用により、EV走行時に静かな自然を存分に楽しめるようになるなど、クルマの楽しさを車両一台に凝縮したといいます。

 ボディは、トヨタ「GR86」より一回り大きい全長4350mm×全幅1890mm×全高1200mm。ホイールベースは2575mmです。

 外装は、ワイド&ローなスタイリングに斬新なデザインを巧みに組み合わせており、欧州メーカーのスーパースポーツカーのような雰囲気に。

 内装は、ベースがMR-Sであることが分かりますが、センターコンソールやハンドル、シートは独自の仕様に変わっており差別化が図られています。

 パワートレインは、トヨタ「クラウン」などにも搭載された最高出力249馬力の3.5リッターV型6気筒エンジン(2GR-FXE)をミッドに搭載し、フロントのモーターと組み合わせシステム最高出力299馬力を発揮します。トランスミッションはCVT、駆動方式はAWDです。

※ ※ ※

 トヨタはこのクルマについて「1997年、他社に先駆けて量産型ハイブリッド車を市場導入したトヨタは、従来からハイブリッド技術のレース車両、スポーツカーへの応用を積極的に研究。今回の車両も、その一環と位置付けている」と説明していました。

 GRMN SPORTS HYBRID Concept IIは、その発表後の続報はなく、現在も市販化には至っていませんが、そのカラーリングとデザインも相まってか往年の名車「トヨタ800スポーツ」を連想する人もおり、大きな注目を集めました。

 2024年1月には、幕張メッセ(千葉市美浜区)で東京オートサロンが開催されます。ここで新しい魅力的なコンセプトカーの登場が期待されます。

こんな記事も読まれています

ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「スーパーカブ C125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
このボックスシートは広すぎる! フルフラットへの変更も簡単なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
このボックスシートは広すぎる! フルフラットへの変更も簡単なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
クルマは本当に日本を幸せにしたのか? 戦後つくられた「クルマ強制社会」、持ってなければ生活ニーズも満たせない深刻現実とは
クルマは本当に日本を幸せにしたのか? 戦後つくられた「クルマ強制社会」、持ってなければ生活ニーズも満たせない深刻現実とは
Merkmal
伝説の第二章!! パチンコ『頭文字D』新シリーズ「P頭文字D 2nd」全国のホールに実装開始
伝説の第二章!! パチンコ『頭文字D』新シリーズ「P頭文字D 2nd」全国のホールに実装開始
ベストカーWeb
【ポイントランキング】2024MotoGP第6戦カタルーニャGP終了時点
【ポイントランキング】2024MotoGP第6戦カタルーニャGP終了時点
AUTOSPORT web
ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
ルクレールが悲願の母国初優勝。角田裕毅、日本人3人目となるモナコGP入賞果たす【決勝レポート/第8戦】
AUTOSPORT web
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
えええ、2代目イプサムやっす!! 初代に比べて高級感マシマシだったのに200万円台前半ってマジかよ
ベストカーWeb
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
三浦 昂がFIAワールド・バハ・カップに初参戦でクラス優勝!OPEN COUNTRY M/T-Rが快挙を達成
レスポンス
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
空飛ぶクルマが発売スタート!! しかも国産!! でも億超えの衝撃
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
くるまりこちゃん OnLine 「ペースメーカー」第98回
ベストカーWeb
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #3 【トヨタ ハイエースバン】
グーネット
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
スバル アイサイト搭載の「フォレスター」が最高評価を獲得! 米・IIHSの安全性評価で
グーネット
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
三菱 軽商用車「ミニキャブ トラック」一部改良 カーキの新色追加&安全装備を強化
グーネット
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
バニャイアが今季3勝目。ドゥカティのカタルーニャ勝利はロレンソ以来6年ぶり/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #2【マツダ CX-5】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」6
グーネット
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
グーネット
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
「本当にやってよかった」SDA EngineeringのスバルBRZが富士24時間で有終の美。井口と山内、本井代表も達成感
AUTOSPORT web

みんなのコメント

17件
  • noc*****
    >「和製スーパーカー」!?

    くるまのニュースさんは最近やたらとこの言葉を使ってますが、流行らせたいのでしょうか?
    ソニーのスマホやシャープの液晶テレビをわざわざ和製って言ってるようなもので、恥ずかしいですよ。
  • マキトシ
    こんな記事出すくらいなら、新年くらい休めばいいのに。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索
MR-Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村