現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アンダー200万円で5MT設定アリ! 貴重すぎる「ワゴン」、狙うなら今しかない!? トヨタ「カローラ」に「激レアモデル」存在!

ここから本文です

アンダー200万円で5MT設定アリ! 貴重すぎる「ワゴン」、狙うなら今しかない!? トヨタ「カローラ」に「激レアモデル」存在!

掲載 62
アンダー200万円で5MT設定アリ! 貴重すぎる「ワゴン」、狙うなら今しかない!? トヨタ「カローラ」に「激レアモデル」存在!

■ステーションワゴン&MTはラスト!?

 日本ではAT(オートマチック)車の販売比率が98%以上とも言われ、年々MT車は減少していますが、一方でごく一部のモデルにはいまだMT車の設定があります。
 
 そのなかでも、MT車と同様、需要の低下から今ではかなり少なくなったステーションワゴンボディでMTを設定しているモデルがあるのです。

【画像】昔はMT車は良かった!? 今や「名車」のコクピットを画像で見る(27枚)

 トヨタ「カローラ」シリーズは1966年のデビュー以来、ベーシックなクルマとして親しまれ、これまでに5000万台以上を世界150以上の国と地域で展開しています。

 現在、日本国内では2018年に登場したシリーズ通算12代目の「カローラ」「カローラ スポーツ」「カローラ ツーリング」と、11代目の「カローラ アクシオ(アクシオ)」「カローラ フィールダー(フィールダー)」を販売しています。

 このうち現行フィールダーは、アクシオとともに2012年5月に登場。フィールダー単体としては3代目になります。

 ボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1475-1500mmと、小型車(5ナンバー)枠に収まるコンパクトサイズです。

 コンセプトは「ビッグスペースコンパクト」で、大きさを押さえたボディのなかに大人4人が過ごせる空間と広々とした視界を確保。使い勝手のよさを追求しました。

 また、1.5リッターと1.3リッターの2タイプのガソリンエンジンにCVT(無段変速機)または5速MTを組み合わせます。

 登場から11年を迎えた現在までに、度重なる改良を実施。

 2013年には1.5リッターエンジン+モーター搭載のハイブリッドモデルを新設定したほか、2015年にはデザインの一新と先進運転支援「トヨタ セーフティ センス C」を採用。2017年には再びフロントマスクを中心とするデザインの小変更を実施しています。

 モデル途中にはエアロを装備するグレードや、黒を基調にシートやインパネ、ドアトリムをスタイリッシュなホワイトのコーディネートとした「W×B(ダブル バイ ビー)」を設定するなど、一般ユーザーのニーズを見据えたグレードも設けられていました。

 現在販売中のモデルは2022年8月に改良が行われたモデルで、「EX」というモノグレード展開へと縮小。一般向けは12代目に任せ、主にビジネスニーズに向けたモデルとなりました。

 改良では、ブラック加飾のプロジェクターLEDヘッドライトを装備し精悍さを高めるとともに安全性を向上。また充電用USB-C端子、ナノイーXエアコンを装備し、シート表皮も新たな素材を用いています。

 そんなカローラフィールダーですが、現行型登場当初から5速MT搭載グレードを用意しつづけています。

 ステーションワゴンでは、2022年に改良でマツダのステーションワゴン「MAZDA6」からMT車が消滅して以来、国産車では最後の1台となっているのです。

 トヨタのラインナップのなかでも、2022年10月の改良でカローラ・カローラツーリング・カローラスポーツから6速MTが廃止されたほか、MT搭載グレードを用意していたコンパクトSUV「C-HR」が7月末で生産を終了する予定と縮小が続いています。

 ステーションワゴン・MT車設定という、減少しつつあるふたつの特徴を持つフィールダーは、今やかなり貴重な存在になったと言っても過言ではありません。

 なお、フィールダーEX・MT車の価格(消費税込)は175万8400円から設定。新型車の価格が軒並み上昇するなか、200万円を切る安価な価格も魅力です。

こんな記事も読まれています

[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファー「小型・薄型モデル」の選択のキモは、“サイズ”と“音”と“価格”!
[音響機材・チョイスの勘どころ]サブウーファー「小型・薄型モデル」の選択のキモは、“サイズ”と“音”と“価格”!
レスポンス
ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
ブリッツのストラットタワーバーにGR86 / BRZ(ZN8/ZD8)のフロント&リア用、『アクア』フロント用が追加
レスポンス
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
日産新「4人乗り高級ミニバン」4月発売! “VIP”向けの豪華仕様は何がスゴい? 最上級837万円、特徴は?
くるまのニュース
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
【MotoGP】「今のMotoGPはTV越しに簡単に見られすぎている」オリベイラ、伝え方に工夫の余地ありと感じる
motorsport.com 日本版
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
「F-CON V Pro+」の開発をHKSがスタート! 第1弾は先代トヨタ「86」とスバル「BRZ」から。直噴インジェクター制御にも対応
Auto Messe Web
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
マツダ ルーチェ・ロータリークーペ(昭和44/1969年10月発売・RX87型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト055】
Webモーターマガジン
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
哀川翔のラリーチームが5年ぶりにアジアクロスカントリーラリー参戦へ。ドライバーは川畑真人
AUTOSPORT web
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
綿貫舞空、EWCル・マンで3位表彰台。中古タイヤの経験を活かし「レースは勝負になると思っていた」
AUTOSPORT web
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
ボルボっていうよりも……なぜかホンダ感漂うハッチバック「ボルボ480」ってナニモノ?
WEB CARTOP
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
海外から注目浴びるも、参戦するのはプルシェールのみ。スーパーフォーミュラで外国人が増えるには何が必要?|英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記
motorsport.com 日本版
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
ドアを開けたら壁とゴツン……の悲劇! クルマのドアエッジを守る手段をアレコレ試してみた
WEB CARTOP
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
ヴァレオの組織再編で電動化への対応強化と北京モーターショー2024で最新技術と製品を展示
Auto Prove
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
アルピナ『B3』が2度目のフェイスリフトへ! リムジン&ツーリングをWスクープ
レスポンス
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
ホンダの「コスパ最強SUV」やっぱり爆売れ! “209万円”の新型「WR-V」が凄かった! 人気「グレード」や「ボディ色」は? どんな人が買ってるの?
くるまのニュース
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
眉村ちあきが悪党専門のボディガードに!? 悪党たちの探り合い『ハードボイルド・レシピ』
バイクのニュース
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
「後ろから当てられたように感じた」と接触でペナルティのバキシビエール。アルピーヌ、初イモラに苦戦
AUTOSPORT web
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
ついに表彰台逃したフェラーリ。チーム代表は中国GPで「ミスが多すぎた」と自省
motorsport.com 日本版
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
スズキが「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ画期的な“荷台”を搭載! 「新型エブリイ」も登場 トラックショーに出展
くるまのニュース

みんなのコメント

62件
  • 実際、マニュアルとオートマでは体感出力に驚くほどの差があります。古いダイハツミラオートマに乗っていた時に、代車でマニュアルを借りたらダイレクト感に驚きました。何れにせよ選択肢を残してくれるのは素晴らしいです。
  • いつまで販売されているか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索
カローラフィールダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

175.8202.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

14.8240.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村