現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もう最後…伝統的「スポーツカーブランド」の“終焉イベント”実施!? 「FF最速ホットハッチ」の系譜はアルピーヌへ

ここから本文です

もう最後…伝統的「スポーツカーブランド」の“終焉イベント”実施!? 「FF最速ホットハッチ」の系譜はアルピーヌへ

掲載 3
もう最後…伝統的「スポーツカーブランド」の“終焉イベント”実施!? 「FF最速ホットハッチ」の系譜はアルピーヌへ

■ルノー・スポールの終焉…その系譜はアルピーヌへ

 2023年11月25日、袖ケ浦フォレスト・レースウェイで「R.S.アルティメット・デイ」が開催され、のべ300台超のルノー・スポール車とオーナー、そしてプレスが集まりました。

【画像】めちゃカッコイイ! ルノー新型「メガーヌ R.S. ウルティム」を画像で見る(28枚)

 すでにフランスのルノー・グループ全体の指針として、「R.S.(ルノー・スポール)」というブランドはアルピーヌに上位統合されることがアナウンスされていますが、1970年代のルノー・スポール創設当時からして、やや端折り気味にいえば「(アルピーヌ+ゴルディーニ)×ルノー本社=ルノー・スポール」で、初代総長はかのジェラール・ラルース先輩でした。

 今もアルピーヌF1のファクトリーがあるのはゴルディーニの元工場跡地ですし、アルピーヌのディエップ工場では1990年代より「ルノー・スポール・スピダー」や歴代「ルーテシアR.S.」を生産するなど、人材もノウハウも完全にルノーと一体化したところに、今日のルノー・グループ再編成の一環としてアルピーヌを頂点に据える体制となったのです。

 とはいえルノー・スポールといえば、歴代「メガーヌR.S.」や「ルーテシア2~4」までのR.S.を見ればわかる通り、超タイムアタック・スペシャリストなモデルでもない限り、後席も荷室もある実用車でもあったワケです。

 それを今のところ現行A110という2シーターしかないアルピーヌで代替できるはずもなく、ハッチバックやSUV、さらに5シーターとおぼしきスポーツセダンまでコンセプトをアルピーヌが矢継ぎ早に発表しているのは、従来のルノー・スポール顧客を決して見捨てるつもりはない、というサインでもあります。

 前置きが長くなりましたが、実用車でありながら本気のスポーツ性を実現させた「ホットハッチ」の名門として、ルノー・スポールは日本市場で確たる存在感を築き上げました。

 その名を名のる市販モデルは2023年いっぱいとなりますが、ブランドの有終の美を飾る機会として行われたのが、今回の袖ヶ浦でのサーキット・ミーティングでした。

 そこで、これまでも事あるごとに、R.S.モデルのプロモートやトレーニングのために来日していた、シャシー・エンジニアのフィリップ・メリメ氏と、開発ドライバーにしてニュルブルクリンクのタイムアタックを担当したロラン・ウルゴン氏も、フランスから駆けつけたのです。

 朝一番の記者会見における質疑応答で、メリメ氏とウルゴン氏のコメントからとくに印象に残った点は3つ。

 まずモータースポーツのノウハウやテクノロジーを、人々が公道で走らせるモデルに落とし込む・手にできるようにするというルノー・スポールの理念を、開発としてかなりやり切ったという充実感がひとつ目。

 例えば実際、現行のメガーヌR.S.に搭載された4コントロールつまり後輪操舵は、ハイエンドな後輪駆動もしくは4WDのスポーツカーには存在したものの、FFのホットハッチで実現してしまうのは、まさしく飛び道具的でした。

 結果、駆動と操舵の双方でタイヤに負担がかかるというFFの弱点を、4輪を使って曲がるようにすることで究極のハンドリングマシンに変えてしまったのです。

 ふたつ目はウルゴン氏が、ホンダ「シビック タイプR」の完成度の高さに賛辞を送りつつ、欧州勢のセアト「クプラ」のような他ブランドを含めニュル・タイムアタックという絶対値的な指標による競争を打ち立て、リードしてきたという自負をチラと覗かせたこと。

「数億円とか手に入らないスーパーな車で7分どれだけ切れたか?」より、FF最速のホットハッチというのはやはり別の意味でグッと来るタイトルで、ルノー・スポールは家元ということです。

 そして3つ目は、開発中の次世代アルピーヌ「A110」ことEV版に話が及んだとき。EVでスポーツカーを造るのは正直、無理筋だと思っていたと二人ともあっさり白状しつつも、今や逆に異なるドライビング・プレジャーを追求した面白い車になりつつあるという自信を深めた、というのです。こればっかりは近い将来、確認する他ないとはいえ、楽しみですね。

■ルノー・スポールは終わるけど…

 いわばルノー・スポール、ひいてはアルピーヌは「走りのブランド」ですが、乗り手がスポーツ性を追求できるクルマ、というわけでイベント・プログラムも基本、走りまくって楽しむことがメインに据えられていました。

 ちなみに我々プレスも、じつは各媒体がダービー状態でスラロームやサーキットでのラップタイムを競い合うところを動画配信されるという、じつにルノー・スポールらしいプログラムが用意されていました。

 通常のミーティング取材のつもりで会場に着いたら、N1耐久のGT-Rとかエリーゼカップとか86のワンメイクといった名だたる公認競技のチャンピオン経験者、あるいはラリー競技経験の豊かな人たちまで、業界内で武闘派との呼び声の高い編集者&ジャーナリストたちが、自前ヘルメット&グローブ持参かつレーシングスーツ姿で集まっていたのです。

 こういううるさ方の関係者の中にも、じつはルノー・スポールのオーナーは少なくないのですが、スラロームでもサーキットのタイムアタックでも、1位のメディアにはメリメ氏&ウルゴン氏に挑戦権が与えられるとのことで、けっこうムキになっている人が多かった…というワケです。

 メリメ氏とウルゴン氏は、サーキットに着くまでそんなチャレンジがあるとは聞いてなかったそうですが。

 くるまのニュース取材班の奮闘ぶりは稿を改めますが、スラロームではメガーヌR.S.で初めて突っ込み過ぎアンダーステアを体験できたことが収穫でした。もうひとつサーキットのラップタイムアタックでは、操り易いけど電子制御の介入が控えめで、楽しんで攻められるからもっと走りたくなるという、正のスパイラルが存分に感じられたのでした。

 当然、オーナーの方々はそれが目的で足を運んでいます。新旧のルノー・スポールとゴルディーニ、アルピーヌのみ参加できる走行会枠は、エキスパートとビギナーそれぞれに分けられタイム計測付きでした。

 またプロドライバーが操るメガーヌR.S.への同乗走行「ホットラップ」や、メガーヌR.S.のドライビングシミュレーターなど、オーナー以外の人たちも楽しんで体験できるプログラムも用意されていました。

 さらにはパドックのメインステージでは、ルノー・ジャポンの小川隼平社長自らがモータージャーナリストの今井優杏氏と司会進行を務め、車両の解説やメリメ氏とウルゴン氏によるトークショーをはじめ、じゃんけん大会まで、アットホームな雰囲気で進行しました。

 そういえば、フランス車オーナーにとって食の楽しみは人生の最重要ごとのひとつで、ランチタイムには各出展者が趣向を凝らしていました。

 とくにアルピーヌ&ルノー・スポールの生き字引にしてハンガーエイトのオーナー、藤井照久氏はルノー・エスタフェットのキッチンカーで猪、つまりジビエのスープを提供。寒い日のパドックで貴重なグルメ体験ができるのも、フランス車の奥深さです。

 イベントの最後を飾ったのは、「オールルノーラン」。袖ヶ浦のホームストレートに3列縦隊を作って、全車でメリメ氏&ウルゴン氏を先頭に記念撮影したのですが、垂れ幕を掲げる前にウルゴン氏が名残り惜しそうに、列の後ろの方まで撮ってはスマホに収めていたことが印象的でした。

 確かにいち時代の終焉かもしれませんが、ルノー・スポールの輪は次に繋がりそうなコミュニティに成長しつつあります。

 それで思い出しました、フランスではスポーツの話題を仲間や関係者とやりとりしたら、手紙や挨拶文の定型として添える便利な表現があります。

 普段のメール末尾もクリスマスカードも絶対これなのですが、「Salutations sportives」といって相当に訳しづらいのですが、「またスポーツな場でよろしく!」って感じの意味です。

こんな記事も読まれています

道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
くるまのニュース
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
AUTOSPORT web
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
WEB CARTOP
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
AUTOSPORT web
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
バイクブロス
率直に聞く あなたはなぜ「クルマ」が好きなのか?
率直に聞く あなたはなぜ「クルマ」が好きなのか?
Merkmal
2位に驚くノリス「フェラーリから35秒遅れると予想していた。賭けに負けてうれしい!」マクラーレン/F1中国GP
2位に驚くノリス「フェラーリから35秒遅れると予想していた。賭けに負けてうれしい!」マクラーレン/F1中国GP
AUTOSPORT web
成田空港発! インバウンドに特化した『JCOレンタル』開始、フルサポートだけど非対面のナゼを佐々木亮社長にインタビュー
成田空港発! インバウンドに特化した『JCOレンタル』開始、フルサポートだけど非対面のナゼを佐々木亮社長にインタビュー
レスポンス
トヨタ新型「めちゃ“凄い”ハイラックス」発表! 安定感マシマシ「本格スポーツ」モデル!? 進化した「ハイラックスGRS」西で登場
トヨタ新型「めちゃ“凄い”ハイラックス」発表! 安定感マシマシ「本格スポーツ」モデル!? 進化した「ハイラックスGRS」西で登場
くるまのニュース
一体いつ塗りなおしているの? 定期的に綺麗になる道路標示や横断歩道の謎
一体いつ塗りなおしているの? 定期的に綺麗になる道路標示や横断歩道の謎
バイクのニュース
ランドクルーザー250そっくりじゃん! しかもPHEV! BYDがすげえ対抗馬をもう作ってた!
ランドクルーザー250そっくりじゃん! しかもPHEV! BYDがすげえ対抗馬をもう作ってた!
ベストカーWeb
BYDが認定中古車制度を新設し、専用サイトの運用も開始
BYDが認定中古車制度を新設し、専用サイトの運用も開始
Auto Prove
イスパノ・スイザの電動ハイパーカー『カルメン・サグレラ』が6月にデビュー
イスパノ・スイザの電動ハイパーカー『カルメン・サグレラ』が6月にデビュー
レスポンス
レッドブル代表、フェルスタッペンへの興味を公言するメルセデスにチクリ「それよりも自分たちのクルマをなんとかした方がいいよ」
レッドブル代表、フェルスタッペンへの興味を公言するメルセデスにチクリ「それよりも自分たちのクルマをなんとかした方がいいよ」
motorsport.com 日本版
昭和生まれのアクティブオヤジ感涙! かつてSUVがRVと呼ばれていた時代にイケてた懐かし装備たち
昭和生まれのアクティブオヤジ感涙! かつてSUVがRVと呼ばれていた時代にイケてた懐かし装備たち
WEB CARTOP
ホンダ「小型SUV」本格四駆&ピックアップ仕様に!? タフすぎる「ヴェゼル ギア」がめちゃカッコいい! どんなモデル?
ホンダ「小型SUV」本格四駆&ピックアップ仕様に!? タフすぎる「ヴェゼル ギア」がめちゃカッコいい! どんなモデル?
くるまのニュース
WECトヨタ、今季初勝利も冷静な姿勢を保つ「今回はチームの戦略と実行力で勝てたレースだった」
WECトヨタ、今季初勝利も冷静な姿勢を保つ「今回はチームの戦略と実行力で勝てたレースだった」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

3件
  • PYON_MOON
    ルマン24時間もルノーじゃなくてアルピーヌだもんね
  • yrv********
    アルピーヌA110だって、MTがないオートマのみ。
    リアエンジンをMTで味わいたいなら、ルノーではトゥインゴが唯一の選択肢。
    (その中でも、ルノースポールが関わったモデルは『GT』のみである)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

634.71358.0万円

中古車を検索
A110の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

940.01550.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

634.71358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村