現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大差をつけての栄冠に輝く!「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は「トヨタ プリウス」が受賞!

ここから本文です

大差をつけての栄冠に輝く!「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は「トヨタ プリウス」が受賞!

掲載 11
大差をつけての栄冠に輝く!「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は「トヨタ プリウス」が受賞!

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーはBMW X1が獲得!

12⽉7⽇、「2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が東京ポートシティ竹芝ポートホールにて開催され、「トヨタ プリウス」がイヤーカーに輝いた。

「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会・表彰式を12月10日18:00からYouTubeでオンライン配信!

⽇本カー・オブ・ザ・イヤーの選考対象となるクルマは、前年の11月1日より当年の10月31日までに日本国内において発表された乗用車で、60名を上限とした選考委員の投票によって決定される。





また、その年を代表するクルマとなる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。さらに2つの部門賞、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」も設けられている。15時よりスタートした最終選考会は、昨年に続きおぎやはぎとサッシャがMCを担当、60名の選考委員による開票が行われた。




今回から選考委員の投票方法が変更されており、16点の持ち点を対象車10車(10ベストカー)のうち3車に配点。そのうち最も高く評価するクルマに対して必ず10点を与え、2位には4点、3位には2点を与えるシステムとなった。




開票は10名、20名が終了時点でこそ中間結果が発表され、トヨタ プリウスがリードしていたが、その後はサッシャの計らいでシークレットに。最終的にはプリウスが2位のBMW X1に210票の大差をつけて見事「2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー」の栄冠に輝いた。インポート・カー・オブ・ザ・イヤーはBMW X1、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーは三菱デリカ ミニ、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーは日産セレナがそれぞれ受賞している。

2023-2024 ⽇本カー・オブ・ザ・イヤー「トヨタ プリウス」
・授賞理由
ハイブリッド⾞のパイオニアであり、⻑く牽引役、推進役を務め続けたプリウスが、5代⽬にしてついにその殻を破った。ハイブリッド技術が⼀般化した今、もはやそのシンボルである必要はなく、⾃らブレークスルーを図り新しいフェーズへ移⾏したのである。⾸脳陣からはコモディティ化を進める案も出たが、それを覆したのは開発陣の熱意。クリーンな⾞というだけでなく、愛される⾞を⽬指した。これまで空⼒性能最優先だったボディは、スタイリッシュなモノフォルムに⼤変⾝。Cd値では従来型に少し劣るものの、前⾯投影⾯積を減らすことでCdA値は従来型並みに抑えることに成功している。その上で低重⼼化とロングホイールベース化を図り、動的性能の著しい向上を実現したことが⾼く評価された。操縦性はプリウス史上最も敏捷かつ正確なものに変貌を遂げ、スポーツドライビングが楽しめる。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「BMW X1」
・授賞理由
⽇本市場に相応しいコンパクトサイズでありながら、BMWらしい動的質感の⾼さを実現。パワー・オブ・チョイス。つまりユーザーのライフスタイルに応じてBEV、ガソリン、48Vマイルドハイブリッド・ディーゼルの3種類のパワーユニットが⽤意され、そのどれもがハイレベルな⾛⾏性能を獲得している点が⽀持された。補助⾦を含めればほぼ同⼀のプライスレンジに収まるインポーターの努⼒も⾒逃せない。

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー「三菱デリカミニ」
・授賞理由
近年厳ついフロントマスクがブランド・ランゲージだった三菱が⼀転、愛らしく魅⼒的な表情を採⽤したことが評価された。しかも販売台数はekクロススペースの3倍強を達成。デザインが商品性の⾼さに直結する⼤切な要素であることを⾃ら証明してみせた。同社にとってアイコン的存在でもあるデリカのモデル名を⽤いるだけでなく、外観⾯でも同じ世界観を共有した意義も⼤きい。
テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー「日産セレナ」
・授賞理由
「セレナはモノより思い出」の公約通り、脇役に徹するための数々のテクノロジーが⾼評価を呼んだ。ミニバンでありながら⾼速道路でハンズオフ可能なプロパイロット2.0を最上級グレードに採⽤。空⼒⾯ではミニバンの弱点である横⾵に強い細部処理を施す等抜かりない。5ナンバー枠に収めながらタイヤサイズを拡⼤したにも関わらず、従来型並みの室内スペースを確保。e-POWER⽤に新開発された3気筒1.4Lエンジンに対する評価も⾼い。




最終選考会の模様は下記YouTubeより

https://www.youtube.com/watch?v=JpoF0v6NoFA

日本カー・オブ・ザ・イヤーのHPはコチラ
https://www.jcoty.org/

こんな記事も読まれています

CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
CBXなど昭和の名車を展示! ホンダ×渋谷のスニーカーショップ「BILLY’S ENT SHIBUYA」コラボイベント開催
モーサイ
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
なぜほかのメーカーが採用しないのか不思議! ホンダディーラーで使う「アクセサリーチェックシート」が単純だけど有能すぎた
WEB CARTOP
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット

みんなのコメント

11件
  • pjh********
    フルモデルチェンジした時のプリウスの宿命はその時の「燃費 世界一」だったが
    今回は世界一ではなかった。(ヤリスが世界一)
    やはり排気量が2Ⅼになり、先代の1.8Ⅼよりガソリンを消費してしまう
    パワートレインになったのが燃費が伸びなかった第一の原因だろう。
    それでもCOTYを受賞したのは、燃費よりも走り・デザインを大事にしたからではないだろうか。
  • TEI********
    大方の予想通り
    デザイン的に皆の予想の遥か上を行く物に仕上げてきたからまあ良いんでないの
    旧型があまりに酷かったからねー
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0628.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村