現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プロボックス伝説はなぜ生まれた!? 史上最強営業車のライバルは軽バンってどういうこと

ここから本文です

プロボックス伝説はなぜ生まれた!? 史上最強営業車のライバルは軽バンってどういうこと

掲載 23
プロボックス伝説はなぜ生まれた!? 史上最強営業車のライバルは軽バンってどういうこと

 「納期とクレームのツインターボ」なんてジョークもあるほど高速道路をかっ飛んでいる印象があるプロボックス(安全運転は鉄則です)。タフなビジネスユースにも耐える堅牢性が特徴だが、なぜこうも信頼性があるのだろうか。そして意外なライバルは?

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ、日産

プロボックス伝説はなぜ生まれた!? 史上最強営業車のライバルは軽バンってどういうこと

■荷物に耐えるタフなサスペンション

プリミティブな商用バンとして君臨するプロボックスは貴重な存在だ

 プロボックスはいわゆる「ライトバン」的な存在。営業マンが商品やサンプルを満載して客先に訪問するための相棒的なクルマだ。コンパクトなボディながら最大積載量は400kgとタフなのが特徴。

 そんなプロボックス、高速道路などで追い越し車線をスイスイと走り抜けるシーンをよく目撃する(法定速度は守りましょう)。スポーツカーのようにこだわりぬいた足回りではないのになぜあそこまでアクセルを踏みぬけるのか……。

 それは最大400kgの重量物を車載しても底づきしない足回りに秘密がある。荷物を満載した際にコントロールを失っていては恐怖だが、しっかりと対策をしてありやや硬めの足回りが備わっているのだ。

 だからこそ空荷や軽い荷物の際にはスポーツカーもびっくりな、キビキビしたハンドリングを味わうことができる(MTがなくなったのは残念だが)。個人的には1.5Lのガソリンがいいが、1.3Lが至高というジャーナリストも多い。

[articlelink]

■ライバルは商用バンではなく軽バン!?

日産AD(旧NV150)は2006年登場のライバルであるがハイブリッドの設定ががない

 プロボックスは意外なことに3種類のパワートレインが用意される。ガソリンが1.3L/1.5Lの二本立て、そして1.5Lハイブリッドが用意される。ベースグレード比較で1.3Lが149万1000円、1.5Lが167万円、ハイブリッドが179万円となっている。

 商用車で3種のパワートレインを用意するというのはいったいなぜなのか。実はライバルに大きな関係がある。

 一般的に見れば同じ商用バンに属する日産ADがライバルになりそうなものだが、ADにハイブリッドがなく、大きなテコ入れもないこともあり軽の商用バンがライバルになることが多い。先進安全技術などが軽バンにも浸透してきたことで、従来からの経済性もあって積極的に選ぶ事業者も多いのだ。

 軽バンは各社120万円前後がボリュームゾーンとなるが、この価格帯になるとプロボックスの1.3Lも視野に入る(ターボモデルを選ぶともっと僅差だ)。高速道路での移動があるかなどを考慮すると軽バンのボリュームもプロボックスが担うことになるのだ。

 このあたりもトヨタが1.3Lを維持し続ける理由となるだろう。プロボックスはマーケティング的にも最強な存在であり続け、今後も仕事の相棒として根強い人気と共に生き残っていくだろう。

こんな記事も読まれています

Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
Team HRCのレクオーナ、SBK第1戦オーストラリアを欠場。テストで負傷した左肩に激しい痛み
AUTOSPORT web
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
WEBヤングマシン
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
バイクのニュース
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
くるまのニュース
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb

みんなのコメント

23件
  • ace********
    プロボックスが飛ばせる理由は、ガソリンが会社持ちだからだよ。
  • nam********
    個性出そうとネット記事を鵜呑みにしてプロボックス買っちゃう頭が悪い人たち
    ネット記事って雑誌よりも桁違いに多くの頭が悪い人を狩れるから効率良いんだよね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.4172.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0186.0万円

中古車を検索
プロボックスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

127.4172.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.0186.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村