現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ナゾの盛り上がりの正体がようやくわかった! 組み立てることで、ラゲッジルームの構造のヒミツも丸わかり。【DeAGOSTINI 週刊 Honda NSX 組み立て記録】

ここから本文です

ナゾの盛り上がりの正体がようやくわかった! 組み立てることで、ラゲッジルームの構造のヒミツも丸わかり。【DeAGOSTINI 週刊 Honda NSX 組み立て記録】

掲載 2
ナゾの盛り上がりの正体がようやくわかった! 組み立てることで、ラゲッジルームの構造のヒミツも丸わかり。【DeAGOSTINI 週刊 Honda NSX 組み立て記録】

Vol.45|ラゲッジルーム組み立て

インタークーラーやインナーフェンダーが付いて、いよいよ実車感が増してきました。パイプの取り回しなどもよくわかりますね。今回は、前号に付属していたラゲッジルームのパーツを使用します。大枠となるボックスをリヤのサブフレームにビスで固定。これでせっかくのトランスミッションがほとんど見えなくなってしまいました……。残念ですが、仕方ないですね。

アメリカ軸足となった5代目アコードは日本でも大ヒット!【DeAGOSTINI 週刊 Honda NSX 組み立て記録】

お次はVol.42で組み立てたインタークーラーの取り付け。コア部分をフラットシルバーに塗装したインタークーラーです。

あわせて読みたい インタークーラーの色は、シルバーと決まっているのだ!【DeAGOSTINI 週刊 Honda NSX 組み立て記録】

デアゴスティーニから販売中の『週刊 Honda NSX』。1/8のビッグスケールダイキャスト…

組み付けは上下のパイプを差し込むだけですが、取り回しがちょっと複雑なのでわかりづらいです。
それとサージタンク側の差し込み口が固くて、なかなか奥まで入りません。仕方ないのでパイプを一度バラして思いきり押し込んだら、奥まで入りました。
続けてラゲッジルーム内のプレート、つまり内張りをはめ込みます。これも起毛処理が施されていて、リアルです。

Vol.46|リヤタイヤインナーフェンダー組み付け

46号はリヤタイヤのインナーフェンダーの組み付けです。ほぼ完成しているリヤサブフレームを慎重に裏返し、左右のインナーフェンダーを組み付けます。
その後再びリヤフレームを戻して、それぞれ2ヵ所のビスで固定します。その後は残りのラゲッジルームの内張りとアッパープレートを組み付けて、今回の作業は終了。
インナーフェンダーやラゲッジルームが装着されて、いよいよボディ後ろ半分の完成が見えてきました。あとはボディパネルとタイヤ&ホイールを組み込むだけですね。

ところでNSXのラゲッジルームは左側の床がトンネルのように盛り上がっているのですが、キットではそれもちゃんと再現されていました。実車のNSXを見たとき、この突起の下にはなにがあるのかな、と思っていたのですが、そこにはトランスミッション関連のパーツがあることがわかりました。

デアゴスティーニのキットは見えなくなるところまでしっかり作り込まれているので、実車の構造がよくわかることも魅力ですね。

ラゲッジルームの床の突起の下はトランスミッション関連のパーツでした。実車で感じた疑問が、このキットを組み立てたことで解決。これは作らないとわからない!今号のヘリテージギャラリー|1993 today(2代目)

1985年に登場した初代トゥデイ。シンプル&クリーンそして実用的な美しいデザインです。当初は商用車のみでした。2ドアの軽自動車って、いまはほぼ絶滅しましたね。当時の価格は54万8000~67万円。安い!今回のヘリテージギャラリーは1993年に登場した2代目トゥデイ。トゥデイは1985年に商用軽自動車として登場し、その美しいスタイルが人気となって、のちに乗用モデルも追加されました。
2代目は最初から乗用車として開発され、初代トゥデイのイメージを受け継ぐ丸型2灯ヘッドライトを採用していたのですが、初代のクリーンな雰囲気は希薄で、「ありがちな軽乗用車」となってしまった感は否めません。

やはり販売台数も初代ほどは盛り上がらず、結局トゥデイはこの2代目を最後に姿を消してしまったんですよね……。

1988年にマイナーチェンジを行なって乗用車を追加。そしてフロントのデザインも変わりしたが……これはどう見ても改悪です。2代目トゥデイ。全高を高くして実用性を高め、リヤはハッチではなく下ヒンジのトランクを採用。若い女性ユーザーをターゲットにしていて、イメージキャラクターは牧瀬里穂さんでした。発表会に本人がゲストで来ると聞いて、仕事をほっぽらかして駆けつけた記憶があります。斬新なコンセプトの新型車が人気となるも2代目で失敗する、というパターンは、トールボーイコンセプトを2代目であっさりと捨てて大失敗したシティと被るものがありますね。
ちなみに初代トゥデイのデザインは海外でも評価が高く、ルノーが1992年に発売した初代トゥインゴはまるっきりトゥデイをパクったデザインでした。

コンパクトなボディながら広い室内を持っていた初代ルノー・トゥインゴ。自動変速式のMTは、シフトチェンジ時のタイムラグが結構ありましたね。デザインはまんまトゥデイです。↓YouTubeでは、一気見できるようになっています↓

こんな記事も読まれています

波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
波乱のレースもお構いなし! フェルスタッペン完勝今季4勝目。角田裕毅&リカルドのRBは痛恨すぎるダブルリタイア|F1中国GP決勝速報
motorsport.com 日本版
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
発表直後の『XSR900 GP』に長蛇の列も、赤レンガにヤマハ車ずらり 新規ファン創出へ魅力アピール
レスポンス
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索
トゥデイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村