現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 工芸品の趣がある──新型日産スカイラインNISMO試乗記

ここから本文です

工芸品の趣がある──新型日産スカイラインNISMO試乗記

掲載 8
工芸品の趣がある──新型日産スカイラインNISMO試乗記

日産「スカイライン」に設定された1000台限定の「NISMO」は、魅力的なスポーツセダンだった! サトータケシがリポートする。

毎日の足に使ってもいい

1980年代に採用されたマニアックな日本車の装備3選

クルマに興味がある人は、“いまさらスカイライン!?”と、思うかもしれない。実は筆者も、スカイラインNISMOに試乗すると聞いて、そう思った。

デビューから約17年、そのパフォーマンスを磨きに磨き抜いて世界のスーパーカーの仲間入りを果たした「GT-R」。デビューから2年、世界中で人気が爆発してオフィシャルHPに“ご注文の一時停止のお知らせ”の案内が出ている「フェアレディZ」。この2台にはさまれたスカイラインは、影が薄い。立派になったふたりの弟を横目に、くすぶっている長男のイメージだ。

けれども、スカイラインNISMOのステアリングホイールを握っていると、多幸感がじわじわと、波のように押し寄せてきた。このクルマには、乗った瞬間に「楽しい!」と、思わせるような、わかりやすさはないけれど、一度寄り添ったら離れられなくなるような、滋味深さがある。

契約した1000人(1000台限定だ)のオーナーは、ホントにいい買い物をしたと思う。こんなクルマは二度と出てこないかもしれないので、末永く、大切に乗ってほしい。

現行の「スカイライン400R」をベースに、パワートレインと足まわりをNISMOが鍛え上げた、というのがこのクルマの売り文句だ。ただし、スタートして最初に感じるのは洗練されている、という印象だ。

まず、乗り心地が洗練されている。後輪はベース車両の400Rが245/40R19サイズだったのに対して、265/35R19と太くて薄くなっており、しかも資料にはリヤサスペンションを4割以上強化しているとある。

したがってタウンスピードではドスンという突き上げを覚悟していたけれど、いい意味で肩透かしを食らった。凸凹を突破しても4本の脚が滑らかに伸び縮みして、路面からの衝撃の角を丸めてくれる。これなら毎日の足に使ってもいい。

エンジンの最高出力はベース車両比でプラス15psの420ps、最大トルクはプラス75Nmの550Nm。

興味深いのは、バカッ速さや超絶レスポンスをわかりやすくアピールするのではなく、アクセルペダルを踏み込むにつれて自然に加速が伸びるフィーリングを重視していることだ。スロットル開度と加速のセッティングや、7段ATとエンジンのコンビネーションが大人っぽい。

会話が成り立つクルマワインディングロードでは、大人っぽいという印象がもう一歩前進して、玄人っぽいという印象に変わる。

はっきり言って、脳天に突き抜けるような快感を提供するハンドリングマシーンではない。けれども、ステアリングホイールを切ると、前と後ろがバランスよくロールして、きれいなコーナリングフォームで曲がっていることが実感できる。市街地で感じた洗練された乗り心地が、こうした場面でも変わりないことも特筆モノだ。

スカイラインNISMOで走っていて感心するのは、会話が成り立つクルマだということだ。アクセルペダルを踏むと、「もうちょっと踏み込むと、もっとイイ感じになるよ」というメッセージが伝わってくる。ブレーキペダルを踏むと、「ここで少し踏力を緩めようか」というアドバイスが返ってくる。ステアリングホイールを切り込むと、「もう一杯一杯だから、これ以上切ってもムダだよ」と、諭される。

なるほど、運転とはクルマとの対話なのだ、ということがひしひしと伝わってくる。そしてクルマの背後に、どなたかは存じませんが、念入りにチューニングを施した手練れの影が浮かび上がる。

1000台限定とはいえ工場のラインで製造しているから作品と呼ぶのは無理があるだろう。とはいえ、単なる工業製品ではなく、工芸品の趣がある。

スカイラインNISMOに乗っていると、「おもしろい! 楽しい!!」ではなく、「ずっと乗っていたい」と、感じる。

冒頭で、GT-RとフェアレディZに比べると影が薄いと書いたけれど、街でこのクルマを見かけたら、“わかっている人が乗っている”と、尊敬の眼差しを向けてしまうだろう。

文・サトータケシ 写真・安井宏充(Weekend.) 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
GQ JAPAN
ポルシェ911カレラのようなホットハッチ──新型GRヤリスGR-DATモデル試乗記
ポルシェ911カレラのようなホットハッチ──新型GRヤリスGR-DATモデル試乗記
GQ JAPAN
【最新モデル試乗】モーターとエンジンの「いいとこ取り」。時代を先駆けるクラウン・スポーツPHEVの迫力世界
【最新モデル試乗】モーターとエンジンの「いいとこ取り」。時代を先駆けるクラウン・スポーツPHEVの迫力世界
カー・アンド・ドライバー
【試乗記】Hyundai IONIQ5 Nの基礎体力アップと「楽しい」に繋ぐ遊び心、そして圧倒的ハイパフォーマンスに笑顔
【試乗記】Hyundai IONIQ5 Nの基礎体力アップと「楽しい」に繋ぐ遊び心、そして圧倒的ハイパフォーマンスに笑顔
Auto Prove
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
ベストカーWeb
1990年代、クルマの珍技術3選 Vol.2
1990年代、クルマの珍技術3選 Vol.2
GQ JAPAN
420馬力! 日産新型「最強セダン」登場! 爆速すぎる新型「スカイラインNISMO」が完売!? どんな人が買った?
420馬力! 日産新型「最強セダン」登場! 爆速すぎる新型「スカイラインNISMO」が完売!? どんな人が買った?
くるまのニュース
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
カー・アンド・ドライバー
【最新モデル試乗】国際派11代目ホンダ・アコードは最新技術を積極投入。スポーティセダンを名乗るに十分な気持ちのいい走りの持ち主である
【最新モデル試乗】国際派11代目ホンダ・アコードは最新技術を積極投入。スポーティセダンを名乗るに十分な気持ちのいい走りの持ち主である
カー・アンド・ドライバー
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
ベストカーWeb
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ
ベストカーWeb
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
【10年ひと昔の新車】アウディ S6/S7は、ハイテク満載の新型V8エンジンを搭載した
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】早期輸入熱望! 今度のVWティグアンはモダンでエレガント。走りも大幅に進化している
【最新モデル試乗】早期輸入熱望! 今度のVWティグアンはモダンでエレガント。走りも大幅に進化している
カー・アンド・ドライバー
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
AUTOCAR JAPAN
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

8件
  • ジェミニタイプR
    工芸品と言うほど造形が素晴らしいわけでもなく、フェラーリのように美しい訳でもなく。
    パワーがあって速いセダンは今の時代少ないからここまで持ち上げてるだけで、これはスカイラインと名前がついた工業製品というだけでしょう。
  • zoo********
    現行スカイラインのNISMO仕様。
    それを「新型」とは言わないよ。
    100台ならまだしも、1,000台もあったら限定という感じでもない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村