現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ、オデッセイが中国生産車となって2年ぶりに国内復活

ここから本文です
ホンダ、オデッセイが中国生産車となって2年ぶりに国内復活
写真を全て見る(1枚)

2023年12月7日、ホンダは上級ミニバンのオデッセイに一部改良を実施し、2023年12月8日に発売する。オデッセイは2021年12月に同社埼玉製作所狭山工場の閉鎖に伴い、日本市場向けが生産終了となっていたが、このたび海外生産車として2年ぶりの復活となった。価格は480万400~516万4500円。

 
生産終了後も販売店やユーザーから復活を望む声は大きく、国内での生産を模索していたという。じつは、狭山工場での生産終了の時点で、国内外の他工場での継続生産も検討していたが、決定には至らなかった。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スーパーGTの2024年のレース距離が確定。今季は300km/350km/3時間のレース距離に
スーパーGTの2024年のレース距離が確定。今季は300km/350km/3時間のレース距離に
AUTOSPORT web
大八車なんて走ってるか? 銀座の激レア「通行止め標識」が自転車とセットじゃないワケ 警視庁に聞くと意外な答えが
大八車なんて走ってるか? 銀座の激レア「通行止め標識」が自転車とセットじゃないワケ 警視庁に聞くと意外な答えが
乗りものニュース
日産が新型「エルグランド」実車公開!? まさかの“エクストレイル顔”&アリアライト採用! 斬新なSUVスタイルの「グラシア」とは
日産が新型「エルグランド」実車公開!? まさかの“エクストレイル顔”&アリアライト採用! 斬新なSUVスタイルの「グラシア」とは
くるまのニュース
F1の2023年の収益は前年と比べて約970億円増加。ラスベガスGPの開催が経済的な成功を後押し
F1の2023年の収益は前年と比べて約970億円増加。ラスベガスGPの開催が経済的な成功を後押し
AUTOSPORT web
33歳、フェラーリを買う──Vol.15 ちょっと旧いフェラーリの“カーナビ問題”解決へ
33歳、フェラーリを買う──Vol.15 ちょっと旧いフェラーリの“カーナビ問題”解決へ
GQ JAPAN
レッドブル、盤石の構え? 初日はエンジンモードを”下げて”走行。フェルスタッペン「レースに向けて確実なマシンを作ろうとしている」
レッドブル、盤石の構え? 初日はエンジンモードを”下げて”走行。フェルスタッペン「レースに向けて確実なマシンを作ろうとしている」
motorsport.com 日本版
全長5.3m超!? 日産が新型「大型3列SUV」世界初公開へ! 最高級の新型「QX80」24年3月に米国でお披露目
全長5.3m超!? 日産が新型「大型3列SUV」世界初公開へ! 最高級の新型「QX80」24年3月に米国でお披露目
くるまのニュース
“デニムを着たMINI”「ブルードライブ」走行映像を初公開!制作現場の様子も【動画あり】
“デニムを着たMINI”「ブルードライブ」走行映像を初公開!制作現場の様子も【動画あり】
グーネット
[15秒で分かる]ホンダ『CR-V e:FCEV』…燃料電池車で出来ること
[15秒で分かる]ホンダ『CR-V e:FCEV』…燃料電池車で出来ること
レスポンス
盗難感知するとクラクションで威嚇!愛車のセキュリティ強化に役立つ「ハンドルロック」
盗難感知するとクラクションで威嚇!愛車のセキュリティ強化に役立つ「ハンドルロック」
グーネット
1980年代に話題を集めたディーゼル車3選!
1980年代に話題を集めたディーゼル車3選!
GQ JAPAN
BMW M Team Studieが2024年スーパーGT参戦体制を発表。荒&スペングラーが残留しニクラス・クルッテンが新規加入
BMW M Team Studieが2024年スーパーGT参戦体制を発表。荒&スペングラーが残留しニクラス・クルッテンが新規加入
motorsport.com 日本版
レッドブル育成ドライバーのリンブラッドがF3デビューウィン|F3バーレーン レース1
レッドブル育成ドライバーのリンブラッドがF3デビューウィン|F3バーレーン レース1
motorsport.com 日本版
マセラティ 新型「グランカブリオ」公開!最速316キロ誇るオープントップモデル
マセラティ 新型「グランカブリオ」公開!最速316キロ誇るオープントップモデル
グーネット
なぜ激短? 「日本一短い国道です」思っていた以上に短かった… 歩いてみたら「意外な点」も
なぜ激短? 「日本一短い国道です」思っていた以上に短かった… 歩いてみたら「意外な点」も
乗りものニュース
「高級ミニバン&SUV」大人気! 今どき「高級セダン」なぜ必要!? 「メリット」はあるのか
「高級ミニバン&SUV」大人気! 今どき「高級セダン」なぜ必要!? 「メリット」はあるのか
くるまのニュース
EVバブルは崩壊したのか?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
EVバブルは崩壊したのか?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
1000万円超えの「黒いSUV」発売! グリル&ホイールまで“黒ずくめ”仕様!? 全長4.7mのおしゃデザインモデルとは
1000万円超えの「黒いSUV」発売! グリル&ホイールまで“黒ずくめ”仕様!? 全長4.7mのおしゃデザインモデルとは
くるまのニュース

みんなのコメント

6件
  • AUTO PHANTHER
    日本では、まず、売れないだろう。
  • ala********
    ホンダ販売店関係者ですが、国内販売終了時に、近いうちに中国から輸入するからとメーカーから聞いていましたよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.21000.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.21000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村