現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

ここから本文です

フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

掲載 11
フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

 登場から長い年月が経ち、フルモデルチェンジの噂も流れているフリード。やはり設計の古さは隠せずにいるが、それでもスペース効率に優れたレイアウトと熟成されたトランスミッションはさすがホンダのデキ!! 

※本稿は2023年9月のものです
文/水野和敏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

■動きはまさに前期型フィットそのもの

全長4265mm、ホイールベース2740mm。エンジンルームの前後長を短く切り詰め、車室の全長を可能な限り大きくとっているパッケージングが特徴的だ

 さて、いつものように歩くほどのゆっくりした速度で走り出します。

 これはまさに前型のフィットですね。操舵に対し一瞬の間をおいて反応する感覚だとか、サスがストロークしながら外輪に荷重がかかっていく動き方など、この挙動の作り方は嫌いではありません。

 新型フィットはサスペンションの動きを滑らかにしているのはいいのですが、全体的にフロントが動きすぎ。特にフロントに荷重が寄る下り坂のコーナリングでは、フロントアウト側が前のめりにおじぎをします。全体的なバランスは前型のほうが安定していました。

 さてこのフリードですが、わざとこじるような操舵をしてもフロントがつんのめるようなことはなく、切り返しの動作でもリアの追従性がよく、変にリアが粘るような違和感はありません。安心感のあるバランスのよい操安性です。乗り心地もいいです。

■改良されたDCT&ハイブリッド

ノイズは許容範囲な反面、ブレーキはやや容量不足か。若干ではあるがエンジンの騒音が室内に入る

 ロードノイズは全体的によく抑えられています。ちょっと後輪からリアサスを通じてルーフレールを共振する騒音が入ってきますが許容範囲です。

 ブレーキはやや容量不足を感じます。止まる瞬間に伸びてしまう感覚があります。

 DCTを使ったハイブリッドは、初期にはトラブルが多く発生しましたが、ずいぶんと改良されましたね。シフトアップ、ダウンの動作感に違和感はありません。

 ハイブリッドとは言いますが、モーターの押し出し感はそれほど大きくはなく、あくまでもエンジン主体のパワートレーンです。ややエンジンの騒音が室内に入ってきます。

■水野和敏 取材メモ

エンジンルームを極力小さく、その分キャビンスペースを広くというホンダの思想が息づいている

・エンジンルームを最小限のサイズとして、限られた全長の中でキャビンスペースを最大限に活かすパッケージングはいかにもホンダらしい工夫を感じさせる

・3列目シートは跳ね上げ式収納。荷室スペースは規制されるが、座面前後長がたっぷりとあり、また座面、背もたれともにクッション厚があって座り心地がいい

・7速DCTにモーターを組み合わせたハイブリッドは改良されたが、やはり設計の古さを感じさせる

■ホンダ フリードハイブリッド(90点)

水野さんがホンダ フリードにつけた得点は90点

 特に目立って欠点のないクルマ。前型フィットをベースとしたコンパクト3列シート車。設計の古さを感じさせる部分もあるが、決してそれがネガになっていない。

 7速DCTにモーターを組み合わせたハイブリッドは、モーター動力はあくまでもアシストでエンジン主体のパワーユニット。ホンダ最新のe:HEVとは大きく異なるハイブリッドシステムだ。

 エンジンルームのスペースをギリギリまで小さくすることで、4300mm前後の全長にもかかわらず、効率のよいミニバンとしてキャビンスペースを最大限に造りだし、3列目シートの居住性と実用性を確保している。

●ホンダ フリードハイブリッドG主要諸元
・全長:4265mm
・全幅:1695mm
・全高:1710mm
・ホイールベース:2740mm
・最低地上高:135mm
・最小回転半径:5.2m
・車両重量:1410kg
・エンジン:直列4気筒DOHC
・総排気量:1496cc
・最高出力:110ps/6000rpm
・最大トルク:13.7kgm/5000rpm
・モーター出力/トルク:29.5ps/16.3kgm
・トランスミッション:7速DCT
・WLTCモード燃費:20.9km/L
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:車軸式
・タイヤサイズ:185/65R15
・車両価格:269万9400円

こんな記事も読まれています

レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
WEB CARTOP
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日刊自動車新聞
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
AUTOSPORT web
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
motorsport.com 日本版
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
メキシコの日本人学校をサポートする自動車メーカーの取り組み 駐在員が安心して働ける環境を
日刊自動車新聞
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
ヤマハのフィッシングボートに操船支援システム「Y-FSH」搭載 トヨタと共同開発
レスポンス
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
ダッジ、2024年からSBKにセーフティカーとして『チャレンジャーSRTヘルキャット』を供給
AUTOSPORT web
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
高速道の“路肩渋滞”違反じゃない? 「出口渋滞」で1km近く続くことも… NEXCOが教える渋滞時に取るべき行動とは
くるまのニュース
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクに乗ろうと思ったら家族が反対.....バイクってやっぱり危険なの?
バイクのニュース

みんなのコメント

11件
  • 唯野ニート
    フリードの2列目の座面をもう少し長くして欲しいと感じた。
  • iju********
    次期フルチェンフリードが公道でスパイショットされていて、来年春頃に発売の噂があるのに現行フリードの、いまさらな記事。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村