現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?

ここから本文です

マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?

掲載 21
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?

■マツダの「フレア」とは

 マツダはフルモデルチェンジした軽自動車の新型「フレアワゴン」と新型「フレアワゴン カスタムスタイル」を2023年12月25日に発売しました。
 
 同社には「フレア」というモデルも存在し、2023年10月に一部改良されていますが、フレアにはどのような特徴があるのでしょうか。

【画像】「えっ…!」 これがマツダの新しい「軽自動車」です!

 マツダには、ヒンジドアのフレアとスライドドアのフレアワゴン/フレアワゴンカスタムスタイルをラインナップしています。

 フレアはスズキ「ワゴンR」のOEM車、フレアワゴンシリーズはスズキ「スペーシア/スペーシアカスタム」のOEM車です。

 そのなかでフレアは、広い室内空間や機能性に長けたパッケージングなど快適性を重視しつつも、低燃費な走行が追求されています。

 ボディはコンパクトですが、室内空間を快適にするための工夫が凝らされ、後席の足元もゆとりを持って作られており、大人4人で乗ってもゆったりと快適に過ごせます。

 前席は最適なヒップポイントの高さに設定することによって、スムーズな乗り降りができます。シートアレンジも自在で、後席を畳めば大きな荷物を載せることも可能です。

 エンジンは、幅広い速度域での優れた燃費性能が実現されるR06D型を採用。また、マイルドハイブリッド搭載による燃費向上も図られています。

 これは、減速時のエネルギーを利用して発電・専用バッテリーへの充電を行い、その電力を生かして加速時にはモーターでエンジンをアシストするというものです。

 他にも、減速時に約10km/h以下になると自動でエンジンが停止するアイドリングストップ機能が搭載されています。

  また、安全面での機能も充実。見通しの悪い場所での状況確認ができる全方位モニター用カメラや左右確認サポート機能に加え、誤発進抑制機能や後退時ブレーキサポートなどを搭載。

 事故の可能性を減らしてくれる機能が多数搭載されており、安全運転サポート車に該当しています。

 そんなフレアですが、2023年10月に法規対応のため一部仕様が変更されました。

 これは「後退時車両直後確認装置」の保安基準改正に伴って変更されたもので、全モデルのメーター内に「リアパーキングセンサー作動表示灯」が追加されたそうです。

 そんなフレアとフレアワゴンシリーズは、どのような人に購入されているのでしょうか。関東圏内のマツダ販売店の担当者は、次のように話しています。
 
「フレアワゴンはスライドドアなので、利便性の面からみるとフレアワゴンのほうが人気です。

 特に子供連れの女性などから好まれています。最近では合理的で使い勝手がいいクルマが求められているため、軽でもスライドドアの人気が増しています。

 その中であえてフレアを選ぶとすれば、コストパフォーマンス第一で、日常生活での移動用に使うという場合が多いです。

 フレアは軽自動車なので、客層幅は結構広いです。

 ご高齢者が買い物などの足代わりとして購入されたり、奥様のセカンドカーとして購入されたりすることが多い印象があります。

 クルマにそんなにこだわりはないけど日常生活で必要であるという方たちが、維持費が安いという理由で購入される傾向が多いです」

 また、中京圏の販売店担当者は次のように話します。

「2人で使う年配者が多いですね。それと、軽は小さくて運転がしやすいので、若い人が初めてのクルマとして購入されることもあります。

 他にも通勤用に使うクルマとして買われることなどがあります。

 最近では、軽でも人気の車種なんかはその分値段も大きかったりします。

 予算を200万円以内に納めたい人ですと、やはりフレアは選ばれがちです」

※ ※ ※

 フレアは燃費の面で優れており、安全走行のための機能も充実しており、高齢者のユーザーに好まれています。

 一方で、初めてのクルマとして若者にも選ばれたりと、客層幅は広いようです。

こんな記事も読まれています

待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web

みんなのコメント

21件
  • ユズヒコ
    マツダ新型軽自動車登場=ウソ
    マツダ新型スペーシアOEM車を発売=正解
  • skg********
    俺ならOEM車は買わないな………
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

147.8192.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.1182.7万円

中古車を検索
フレアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

147.8192.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.1182.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村