現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「軽商用バン」24年春発売へ! 軽バンの概念変える!? 新仕様の「N-VAN」のスゴさとは?

ここから本文です

ホンダ新型「軽商用バン」24年春発売へ! 軽バンの概念変える!? 新仕様の「N-VAN」のスゴさとは?

掲載 更新 10
ホンダ新型「軽商用バン」24年春発売へ! 軽バンの概念変える!? 新仕様の「N-VAN」のスゴさとは?

■「軽商用バン×BEV」ってどうなの?

 ホンダは2024年春に新型「N-VAN e:(エヌバンイー)」を発売する予定です。
 
 この新型N-VAN e:とは、簡単に言えば、現在販売されているホンダの軽商用バン「N-VAN」のBEVモデル(バッテリーEV)。
 
 軽商用バンにBEVという組み合わせは、“アリ”と見るべきなのでしょうか。

トヨタが165万円のEVを発売! これは買える! 使える!

 現段階では、新型N-VAN e:の航続距離(WLTCモード)は210km以上を目指していると発表されており、軽EVのヒット作となった日産「サクラ」が登場した時も言われていましたが、軽自動車という扱われ方を考えるとカタログ値で200km程度の航続距離があれば十分でしょう。

 N-VANのような商用バンは、多くの荷物を積んで消費者へ商品を届ける物流のうち、営業所からユーザーといった、最後の区間である「ラストワンマイル」を担うことが多いです。

 まず、多くの荷物を積むということを考えると、低速からトルクフルな走りを見せるBEVとのマッチングは良好と言えます。

 また、最近は時間指定配達なども増えていますが、夜間の配達など、住宅地ではあまり音を出したくないものです。そのように考えるとエンジン音がないBEVは、夜間の配達でも気を遣う場面が少なく済むでしょう。

 その点から見ても、軽商用バンとBEVの相性は良さそうです。

 さらに、電気代が安い深夜帯に充電して昼間や夜の始め頃まで電力を使って走るというスタイルならば、ランニングコストも安く済ませることができるのではないでしょうか。

 ただ、「軽商用バン×BEV」という組み合わせは先駆者が居ます。それは三菱「ミニキャブEV」です。

 従来の「ミニキャブミーブ」に代わるモデルですが、2023年11月24日に改良モデルが発表され、航続距離は133kmから180kmへと延長されました。なお、価格はほぼ据え置きと言える243万1000円(2シーターモデル)となっています。

 ミニキャブEVは日本郵政ですでに採用されており、新型N-VAN e:に比べて事業者が運用するという面に関してもノウハウがあります。

 新型N-VAN e:もヤマト運輸との実用性検証を開始していて、新型N-VAN e:に加えて、交換式バッテリーで走る「MEV-VANコンセプト」も使用されています。

 このようなタッグでどこまでシェアとノウハウを獲得できるかという面が、今後のライバルに対する課題と言えるでしょう。

※ ※ ※

 軽商用バンだけでなく、ラストワンマイルに関する輸送は、トルク特性と騒音に優れたBEVの波が来るかもしれません。

 ラストワンマイルでの輸送で言えば基本的に決まったエリアになり、長距離移動をすることがないですし、充電設備との兼ね合いを考えての行動パターンも組みやすいです。

 トヨタ・ダイハツ・スズキも3社で共同開発した軽商用EVバンを2023年度内に投入することを発表しており、社会を支える物流の動力源がどのように変化していくかにも注目していきたいところです。

関連タグ

こんな記事も読まれています

HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
HKSからトヨタ「GRカローラ」用の新車高調が登場! 「HIPERMAX(ハイパーマックス) R」は街乗りからサーキットまで対応
くるまのニュース
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2024に2万5000名以上が来場
AUTOSPORT web
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
TokyoCamp の防炎タープ「ブラックフェニックスタープ」抽選販売受付がスタート!
バイクブロス
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
損傷を被ったピアストリ、玉突き事故の原因を作ったストロールに批判的「あの状況で他の誰も衝突していない」F1中国GP
AUTOSPORT web
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
トーヨータイヤ、SUV向け「オープンカントリー」2製品でサイズを追加
日刊自動車新聞
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
トヨタが「新型SUV」実車展示! 大人2人余裕な豪華「車中泊仕様」のランクル250!? 注目度高い
くるまのニュース
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
【SBK第3戦オランダ】代役出場のニコラス・スピネッリがレース1、ラズガットリオグルがレース2を制覇
バイクのニュース
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
あれさえなければ……ペレス、F1中国GPはセーフティカー出動でレッドブル1-2のチャンス失う「挽回のためタイヤを使いすぎた」
motorsport.com 日本版
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
【ポイントランキング】2024年WEC第2戦イモラ終了時点
AUTOSPORT web
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
イタリアーンないすゞ車?! 当時の国産車の倍もしたのにヒットしたクルマ いすゞ117クーペがオシャレすぎた!
ベストカーWeb
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
「XSR900GP外装セット」が予約受付開始! 1980年代のレースシーンを彷彿とさせる外装セット2種類は2024年9月発売予定
モーサイ
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
水曜どうでしょう藤村ディレクターと行くキャンプ企画「ここキャン北海道」2024年のチケットを販売中!
バイクブロス
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
中国市場のニーズに合わせて開発! 日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを出展
THE EV TIMES
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
名古屋~岡崎に“第二伊勢湾岸道”計画が進行中!? 「名古屋三河道路」概略ルート一部決定は「最終段階」へ 空港アクセスにも期待
くるまのニュース
ルクレール、ハードタイヤでのペース不足に苦しむ「0.5秒も遅いのは普通じゃない」フェラーリ/F1中国GP
ルクレール、ハードタイヤでのペース不足に苦しむ「0.5秒も遅いのは普通じゃない」フェラーリ/F1中国GP
AUTOSPORT web
クライマックスに起きた悲劇。「どうすることもできなかった」とヌービル/WRC第4戦コメント
クライマックスに起きた悲劇。「どうすることもできなかった」とヌービル/WRC第4戦コメント
AUTOSPORT web
【MotoGP】マルケスのホンダ離脱がヤマハを「目覚めさせた」クアルタラロの2年契約延長にもプラス作用
【MotoGP】マルケスのホンダ離脱がヤマハを「目覚めさせた」クアルタラロの2年契約延長にもプラス作用
motorsport.com 日本版
黒顔&タフ仕様の新型「軽トラ」登場! 新色「デニム」がカッコいい! 定番「白・銀」以外の色がウケる理由
黒顔&タフ仕様の新型「軽トラ」登場! 新色「デニム」がカッコいい! 定番「白・銀」以外の色がウケる理由
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • hiro
    数年後のバッテリー載せ替え金額を知りたいね。中古で出しても新品載せ替えが持ち主の義務とかさ、最初にそのあたりも公開してほしいね。自分は買わないけど。
  • pkp********
    委託、個人事業主は車両費が高くて&燃費で元が取れ難い&充電してる「時間」が無いと思うので、従来の軽箱バンが慣れてるしリーズナブル。また降雪地域では4駆必須ですね〜都会なら良いかもです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.8158.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.6338.0万円

中古車を検索
N-VANの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.8158.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.6338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村