サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歴代オーナーの評価はいかに? 「フィット」オーナーが語る新型フィットの魅力

ここから本文です

歴代オーナーの評価はいかに? 「フィット」オーナーが語る新型フィットの魅力

■オーナー目線で語る新型フィットの魅力

 2019年に開催された第46回東京モーターショーで、ホンダ新型「フィット」が世界初公開されました。

トヨタがホンダの本気に焦り? 「ヤリス」で打倒「フィット」狙う両者の思惑とは

 フィットは2001年に誕生したコンパクトカーで、新型モデルは4代目にあたります。

 新型フィットは2019年10月に発売される予定でしたが、電動パーキングブレーキの不具合という予想外の問題があったため、2020年2月14日に発売が延期されました。

 細かいスペックはまだ公開されていませんが、デザインなどは明らかになっています。新型フィットの購入ターゲットとなるであろう歴代フィットのオーナーは、新型フィットについてどう思っているのでしょうか。

 初代フィット(1.3A)の元オーナーYさん(女性)は、次のように話します。

「私が初代フィットを選んだのは、カッコイイとカワイイのバランスが絶妙だったからです。新型フィットはその辺がバッチリだと思います。

 2代目はちょっと味気なく、3代目は頑張りすぎだった印象があるので、新型の4代目はカワイイ系なのに目力が強くて、とても好みです」

 新型フィットは柴犬をイメージしてデザインしたといわれており、一見するとカワイイだけに見えますが、ボディサイドを走るプレスラインが後方にいくにしたがって上にあがっています。

 また、リアフェンダーの抑揚が際立っていたりと、随所にスポーティさを感じさせる要素が散りばめられているのが特徴です。

 同じく初代フィット(1.3S)に乗っていたSさん(女性)は、スタイリングについてもう一歩踏み込んだ感想を述べてくれました。

「初代フィットは燃費も良いし、よく走るし、小回りも利くのでとても気に入っていました。唯一の不満が、前の窓の枠(Aピラー)が邪魔で、死角が大きかったことです。

 でも、新型フィットは窓枠が細くて、運転しやすそうです。内装の写真を見たらメーターの出っ張りもなくて、視界が良さそうです」

 衝突安全の対策もあり、Aピラーを太くするのがトレンドだったこともあり、フィットは初代だけでなく2代目も3代目もピラーが太く、オーナーは死角の大きさを訴えています。

 しかし、新型フィットは「心地よい視界であること」にこだわり、Aピラーをあえて細くしています。

 そのぶん三角窓後方のピラーを太くすることで、安全性の確保と見晴らしの良さを両立しました。

■新型フィットは数値に表れない部分が進化

 ホンダは、新型フィットでは数値だけを追求することなく、乗ったすべての人が心地よいと感じることを目指しているといいます。

 たとえば、シートの座り心地などもそのひとつで、決してスペックには現れませんが、誰もが良し悪しを感じる部分をブラッシュアップしています。

 2代目フィット(1.3G)に乗るAさん(男性)は、新型フィットの感想を次のように話します。

「これまでのフィットは、燃費や広さ、使い勝手など、効率を優先していたと思います。でも、そういう部分は2代目であらかた完成してしまって、あとは重箱の隅をつつくようなレベルでの変更だったかと思います。

 でも、新型フィットはそうではなく、数値では表せない部分で良いクルマになっているようなので、それがすごく魅力的だなと思います。

 2代目フィットの純正ナビ(インターナビ)は、通信を利用して地図データの更新やほかのホンダ車の位置情報から渋滞を検知するということに驚かされましたが、新型フィットに搭載される『Honda CONNECT』にも期待しています。

 通信を利用した遠隔操作でエアコンをオンにできると、暑い夏には本当に有難い機能です」

 先進機能について、3代目フィット(ハイブリッドL Honda SENSING)を所有するHさん(男性)は次のようにいいます。

「新型フィットで羨ましいのが、安全運転支援システム『Honda SENSING』の進化で、なかでもアダプティブクルーズコントロールに渋滞追従機能がついたことです。3代目フィットでは30km/h以下の追従は対応していなくて、それがちょっと不満でした。

 不満といえば、3代目フィットのカラー表示のメーターパネルが細々としていてちょっと見づらいことなのですが、新型フィットはシンプルで見やすそうだと思いました。

 あと、駆動用と発電用のモーターが別々になった新しいハイブリッドシステムも良さそうですね。

 私が乗っている3代目フィットのハイブリッドは、相当神経質にアクセルワークをしないとカタログ燃費並みの低燃費は実現できませんが、新型フィットの燃費はどれくらいになるのか気になります。

 その辺の情報が出たら、最初の車検を迎えるタイミングで、新型フィットへの買い替えを検討しようと思います」

※ ※ ※

 今回の調査で興味深いのが、新型フィットのユーティリティについて気にかけている人がいなかったことです。

 これは、荷室やシートアレンジなどの使い勝手については、すでに完成の域に達していたということだといえます。

 歴代フィットはどのモデルも出来が良く、不満の少ないクルマです。それだけに、数少ないちょっとした不満が、新型フィットでどう改善されているのかという点について、歴代オーナーは気になっているようでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します