現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全面刷新されたスバル新型SUV「フォレスター」! 詳細不明な「日本仕様」はどうなる!? 初の本格「ハイブリッド」も設定か?

ここから本文です

全面刷新されたスバル新型SUV「フォレスター」! 詳細不明な「日本仕様」はどうなる!? 初の本格「ハイブリッド」も設定か?

掲載 21
全面刷新されたスバル新型SUV「フォレスター」! 詳細不明な「日本仕様」はどうなる!? 初の本格「ハイブリッド」も設定か?

■米国で先行デビュー! 日本仕様の新型「フォレスター」はどうなる!?

 スバルは2023年11月16日、6代目となる新型「フォレスター」を米国「ロサンゼルスオートショー2023」で世界初公開しました。
 
 日本仕様に関する情報はまだ明らかにされていませんが、どのようなクルマになるのでしょうか。

【画像】めちゃカッコいい! スバル新型「フォレスター」を画像で見る(50枚以上)

 現在販売中のフォレスターは5代目にあたり、今回ロサンゼルスオートショーで発表となった米国仕様の新型フォレスターは6代目モデルということになります。

 現地(アメリカ)では2024年春に導入されるとアナウンスされていますが、遅れて登場すると目される日本仕様は果たしてどのような仕様になるのか、考察してみましょう。

 今回発表された新型フォレスターは、スバルの現行車にも通じるデザインテイストを持ちながらも、コンパクトなLEDライトと一体化した大型フロントグリルが斬新なものとなっており、よりクロスオーバーSUVらしさを強調する力強いものとなっています。

 一方、リアサイドは流行のクーペ風スタイルではなく、SUVらしく荷室容量を確保できる傾斜を抑えたリアゲートとし、左右のコンビネーションランプを高い位置で繋ぐことでワイド感と走破性の高さを感じさせるデザインとなりました。

 インテリアは現行レヴォーグから採用されたタブレットスタイルの11.6インチモニターを備えるセンターインフォメーションディスプレイを搭載。

 現行スバル車と共通のデザインとしながら、SUVらしい頑丈さと安心感を表現するものとなっています。

 メカニズムはアクティブトルクスプリットAWDの制御を刷新し、操舵初期の高い応答性とライントレース性を実現し、現行型でも高い評価を集めているX-MODEは継続採用。

 パワーステアリングには2ピニオン電動パワーステアリングを採用し、ダイレクトかつ応答遅れのないリニアなステアリングフィールを実現したとアナウンスされています。

 またアイサイトは自車速度が低速時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを採用することで、プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大しました。

 さらに車線中央維持制御・先行車追従操舵制御の作動中にドライバーが長時間ステアリング操作を行わなかった場合、車両を停止し、ハザードランプを点灯させ、ドアをロック解除したのち緊急通報を実施するドライバー異常時対応システムも搭載しています。

 米国仕様のパワートレインは、2.5リッター水平対向4気筒エンジンとリニアトロニック(CVT)の組み合わせとなっており、およそ1年後をめどにフォレスター初のストロングハイブリッド仕様が追加されることも明言されました。

 恐らくデザインやインフォテイメントシステム、アイサイトなどの運転支援システムについては日本仕様も大きく変わることなく登場することが予想されますが、仕様が変わりそうなのがパワートレインでしょう。

■2.5リッター搭載の米国仕様に対し日本仕様はベツモノになる?

 5代目(現行型)の北米仕様は、現在も2.5リッターの水平対向4気筒エンジンのみのラインナップとなっています。

 しかし日本仕様は、2リッター水平対向4気筒エンジンにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様「e-BOXER(イーボクサー)」と、1.8リッター水平対向4気筒ターボの2種類で、全く異なるラインナップとなっているのです。

 ちなみに5代目モデルの日本仕様にも、デビューから2020年10月までは2.5リッターモデルが存在していましたが、1.8リッターターボと入れ替わる形で消滅しています。

 日本の自動車税は、2リッターも1.8リッターターボも同額ですが、2.5リッターになるとひとつ上のクラスとなってしまうため、2.5リッター同等の出力と燃費性能を持っているのであれば、1.8リッターターボの方がいいというユーザーが多かったのが主な理由と考えられます。

 一方、アメリカでは長距離移動も珍しくなく、走りにゆとりのある大排気量車が求められる傾向があるため、新型でも継続して2.5リッターエンジンが採用されたと考えていいでしょう。

 そう考えると、日本仕様は当初は現行型と同じく2リッターのe-BOXERと1.8リッターターボでスタートし、追ってストロングハイブリッド仕様が追加されるというのが予想されます。

 あるいは、遅れて発表となる日本仕様公開の目玉として、ストロングハイブリッドを最初から持ってくる可能性も否定できません。

 米国での発売は2024年春の予定ですが、国内ではいつ正式発表となるのか、この先の動向からも目が離せません。

こんな記事も読まれています

4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京のクルマたち その1
グーネット
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
まだまだ「車のお手本」か? VWゴルフ50年目の改良新型 苦境を打破する初モノづくし!
乗りものニュース
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
アネスト岩田が感じる、”モータースポーツ参戦”の確かなメリット「レースに参戦したからこそできた繋がりがあった」
motorsport.com 日本版
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
2025年にフェラーリへ移籍するハミルトン。その理由にフレデリック・バスール代表の存在を認める
AUTOSPORT web
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
シボレー「コルベット Z06」は普通の人でも操ることできるセミレーシングスーパースポーツだ!
@DIME
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
【2024年F1新車情報:アストンマーティン】“ウォータースライダー”型をやめたAMR24はレッドブル寄りのデザインに
AUTOSPORT web
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
飛行機のコックピットで操縦しているような気分になるテスラ「Model S」の先進性
@DIME
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
「甲州街道って…どこ?」 意外と知らないけど「覚えておくと役立つ」東京近郊の「“通称”道路名」とは
くるまのニュース
怒涛の加速力はスーパーカー超え!? マシンガンで打たれても安心!? ハイパー爆速トラック テスラ新型「サイバートラック」ついに日本初公開!
怒涛の加速力はスーパーカー超え!? マシンガンで打たれても安心!? ハイパー爆速トラック テスラ新型「サイバートラック」ついに日本初公開!
VAGUE
ロングランに自信を深めるメルセデス。しかし、アタックラップは弱点?「まだまだやることがたくさんあるね」とショブリン明かす
ロングランに自信を深めるメルセデス。しかし、アタックラップは弱点?「まだまだやることがたくさんあるね」とショブリン明かす
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

21件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8398.0万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5374.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村