現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの「和製スーパーカー」!? 斬新デザインの「オープンミッドシップ」! 299馬力のV6搭載「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

ここから本文です

トヨタの「和製スーパーカー」!? 斬新デザインの「オープンミッドシップ」! 299馬力のV6搭載「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

掲載 11
トヨタの「和製スーパーカー」!? 斬新デザインの「オープンミッドシップ」! 299馬力のV6搭載「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」とは

■トヨタが“超カッコイイ”「オープンミッドシップ」提案してた?

 世界各国で行われるクルマの祭典「モーターショー」はもちろん、カスタムカーショーである「オートサロン」や「SEMA」、さらにはレース会場などでも様々な場面でコンセプトカーが発表され、人々の注目を集めます。

【画像】スーパーカー並みにカッコイイ! トヨタ「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」を画像で見る(26枚)

 2011年06月22日にトヨタは、ドイツで開催された第39回ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、”GAZOO Racing tuned by MNのコンセプトカー「GRMN SPORTS HYBRID Concept II」を初披露していました。

 GRMN SPORTS HYBRID Concept IIは、トヨタ「MR-S」がベースとなったオープンミッドシップ・ハイブリッドカーで、2010年1月の東京オートサロン2010で発表された「GRMN SPORTS HYBRID Concept」の第2弾にあたるモデルです。

 GRMN SPORTS HYBRID Conceptよりスタイリングを一新し、ハイブリッドシステムを改良。ミッドシップ・レイアウトによる車両の回頭性の良さ(=自在に走る楽しさ)と、フロントをモーター駆動することによる安定性を兼ね備えた、4WDスポーツハイブリッドシステムを搭載。さらに、オープンボディ採用により、EV走行時に静粛の中で自然と対話することが可能となるなど、クルマの楽しさを1台の車両に凝縮したと言います。

 ボディサイズは、全長4350 mm×全幅1890 mm×全高1200mmと、トヨタ「GR86」よりも一回り大きいサイズ感。ホイールベースは2575mmに設定され、車両重量は目標 1500kg以下を目指されていました。

 エクステリアは、ワイド&ローなスタイリングに斬新なデザインを巧みに組み合わせており、欧州のスーパースポーツカーのような雰囲気に仕上がっています。

 インテリアを見ると、ようやくこのクルマがMR-Sをベースとしていることが認識できますが、センターコンソールやハンドル、シートは独自の仕様となっており差別化が図られています。

 パワートレインは、トヨタ「クラウン」などにも搭載された最高出力249馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒エンジン(2GR-FXE)をミッドに搭載し、フロントのモーターと組み合わせシステム最高出力299馬力を発揮します。

 組み合わされるトランスミッションはCVTで、駆動方式はAWDです。

 トヨタはこのクルマについて「1997年、他社に先駆けて量産型ハイブリッド車を市場導入したトヨタは、従来からハイブリッド技術のレース車両、スポーツカーへの応用を積極的に研究。今回の車両も、その一環と位置付けている」と説明していました。

※ ※ ※

 GRMN SPORTS HYBRID Concept IIに関して、発表後の続報はなく、現在も市販化には至っていませんが、そのカラーリングとデザインも相まってか往年の名車「トヨタ800スポーツ」を連想する人もいたようで、大きな注目を受けました。

 2023年は、東京モーターショーはJAPAN MOBILITY SHOW 2023と名前を変え、2023年10月26日から11月5日まで開催される予定です。ここでも魅力的なコンセプトカーが登場することでしょう。今から開催が待ちきれません。

こんな記事も読まれています

なぜぶつける? なぜ直さない? やたら見かける軽バンやミニバンやワンボックスの後ろの凹みの謎
なぜぶつける? なぜ直さない? やたら見かける軽バンやミニバンやワンボックスの後ろの凹みの謎
WEB CARTOP
副業で解禁になったライドシェア……でいくら稼げる? 1週間に2日間で4時間働くとして計算してみた
副業で解禁になったライドシェア……でいくら稼げる? 1週間に2日間で4時間働くとして計算してみた
WEB CARTOP
世界初「EVレッカー車」できました! パワーもバッチリで静か! ただ悩ましい課題も
世界初「EVレッカー車」できました! パワーもバッチリで静か! ただ悩ましい課題も
乗りものニュース
光る巨大“パンテノングリル”が超豪華! スーパーSUV ロールス・ロイス「カリナン」に新型「シリーズII」登場
光る巨大“パンテノングリル”が超豪華! スーパーSUV ロールス・ロイス「カリナン」に新型「シリーズII」登場
VAGUE
人気の「キャンピングカー」借りて旅行したい!「レンタル費用」相場はどれくらい? 運転時の「注意事項」もまとめて解説!
人気の「キャンピングカー」借りて旅行したい!「レンタル費用」相場はどれくらい? 運転時の「注意事項」もまとめて解説!
くるまのニュース
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
【スクープ】Q7より全長が15cm大きいアウディ史上最高級SUV、「Q9」の計画は進行していた!
LE VOLANT CARSMEET WEB
PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
PPまで0.074秒のピアストリ「ペナルティでフロントロウを失い残念だが、表彰台を諦めていない」マクラーレン/F1第7戦
AUTOSPORT web
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
レスポンス
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
「最近は優勝を意識していない……勝てると思っているから」5位太田格之進から漂う確かな自信。ダンディライアンは王者MUGEN最大の脅威か?
motorsport.com 日本版
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スバル・レガシィアウトバック】
月刊自家用車WEB
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
ホイール周りを彩るカスタムパーツ「フルビレット エアーバルブキャップ」がポッシュフェイスから発売
バイクブロス
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」登場! “精悍スポーツ”仕様がカッコイイ! デザイン刷新の新型「ヴェゼル」 2タイプの異なる「カスタム」とは
くるまのニュース
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
アウトドアに最高なミニバンが気になる人へ! トヨタ ノアがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
5月26日まで東京・有明で開催中【SusHi Tech Tokyo 2024】の見どころ紹介
カー・アンド・ドライバー
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
【MM Another Story:アルファロメオ ジュリアの「別腹」】生粋のスポーツサルーンにとって「クアドリフォリオ」とはどれほど特別なのか?
Webモーターマガジン
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
シンプルでワイルドな一台を求める人へ! カッコよくてオフロードに強い三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
週給30万円? オーストラリアの「交通整理バイト」が“教師の収入”を上回っているのは本当か
Merkmal
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
ファーウェイ&シャオミのEVは価格も性能も戦略も強烈!! スマホ系電気自動車メーカーの勢いがヤバい!
THE EV TIMES

みんなのコメント

11件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索
MR-Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村