現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2023年の「電気自動車(BEV)」保有率は前年比3.6ポイント増の11.8%。KINTO、「電気自動車(BEV)への関心度調査2023」実施

ここから本文です

2023年の「電気自動車(BEV)」保有率は前年比3.6ポイント増の11.8%。KINTO、「電気自動車(BEV)への関心度調査2023」実施

掲載 10
2023年の「電気自動車(BEV)」保有率は前年比3.6ポイント増の11.8%。KINTO、「電気自動車(BEV)への関心度調査2023」実施

 KINTOは、現在クルマを保有しており、かつ環境問題に関心があると回答した550名を対象に「電気自動車(BEV)への関心度調査2023」を実施した。

 調査は、2023年11月15日~同年11月24日の期間、現在クルマを保有しており、かつ環境問題に関心があると回答した550名を対象に、昨年に引き続きインターネット調査によって実施された。

「2023年日本自動車初期品質調査」「日本自動車商品魅力度調査」から見えた軽EV販売好調の背景と課題。J.D. パワー調べ

調査によって、「電気自動車(BEV)」保有率は前年比3.6ポイント増の11.8%、買い替え検討者は前年横ばいの34.4%になっていることなどの実態が浮かび上がってきた。

 まず、現在クルマを保有しており、かつ環境問題に関心がある人に、現在保有しているクルマの種類を質問したところ、「ガソリン車」が64.2%、「ハイブリッド自動車(HEV)」が38.7%、「電気自動車(BEV)」が11.8%という回答となった。

電気自動車(BEV)の保有率は11.8%で、昨年より3.6ポイントアップ。ガソリン車は保有率64.2%で5.1ポイントダウンの結果になった。

 クルマを買い換えるとしたら、次は何を選びたいかを質問したところ、「ハイブリッド自動車(HEV)」が56.7%、「ガソリン車」が41.3%、「電気自動車(BEV)」が34.4%という回答となった。昨年と大きくトレンドは変わらず、依然HEVの人気がうかがえる。

 Q2で「電気自動車」と回答した方に、その理由を尋ねたところ、「排気ガスなく環境に優しいから」が昨年と変わらず54.5%のトップ、「走行コストが安いから」が43.9%、「世界的な風潮だから」が42.9%という回答がトップ3となった。

さらに昨対比で伸びている項目に注目すると、「世界的な風潮だから」42.9%(+8.5%)、「補助金を受けられるから」34.4%(+5.2%)、「身の回りに充電スポットが整備されているから」13.2%(+4.3%)といったトレンドが読み取れる。

 Q2で「もし買い替えるなら電気自動車」と回答した人に、電気自動車への買い替えタイミングについて質問したところ、「1年~3年未満」が最多の24.9%、3年以内を合計すると41.8%(昨対比+6.4%)という回答となった。

41.8%の「3年以内」を想定というのは、昨年の35.4%に対して6.4ポイントアップだ。

 Q2で「もし買い替えるなら電気自動車」と回答した人に、興味のあるボディタイプを質問したところ、約半数の48.7%が「コンパクトカー」回答、「SUV」が40.7%、「軽EV」が39.7%という回答となった。街乗りに便利な軽・コンパクトタイプが電気自動車の人気の中心だと言えそうだ。

 Q2で「もし買い替えるなら電気自動車」と回答した方に、興味のある車名を伺ったところ、ベスト5は、「日産 サクラ(SAKURA)」」が33.9%、「日産 リーフ(LEAF)」」が32.8%、「日産 アリア(ARIYA)」」が26.5%、「トヨタ bZ4X」が24.9%、「レクサス RZ」が19.6%となった。

■興味がある車名についての質問内容の表一覧
・日産「サクラ(SAKURA)」:33.9%
・日産「リーフ(LEAF)」:32.8%
・日産「アリア(ARIYA)」:26.5%
・トヨタ「bZ4X」:24.9%
・レクサス「RZ」:19.6%
・Honda「e」:18.0%
・MAZDA「MX-30 EV MODEL」:16.9%
・テスラ「Model 3」:13.8%
・プジョー「e-208」:13.8%
・スバル「ソルテラ(SOLTERRA)」:13.8%
・テスラ「Model Y」:13.8%
・プジョー「e-2008」:12.7%
・フォルクスワーゲン「ID.4」:12.7%
・BYD「ATTO 3」:12.7%
・三菱「eKクロス EV:12.2%
・ヒョンデ「IONIQ 5」:11.6%
・ヒョンデ「KONA Casual」:11.1%
・アバルト「500e」:9.0%

 Q2で「もし買い替えるなら電気自動車」以外を回答した人に、電気自動車を選ばない理由を質問したところ、「車両価格が高額」が最多の48.6%、「フル充電で走れる距離(航続距離)が短いから」が41.7%、「外出先で充電できる場所が少ない」が39.3%という回答となった。

全体的にポイントが昨年より緩和されている傾向にあるが、「自宅に充電できる場所がない」が5.2ポイント増の36.3%と大きく伸びている点が特徴だ。

 電気自動車に期待することを質問したところ、「車体価格を下げてほしい」が69.6%、「フル充電で走れる距離(航続距離)を伸ばしてほしい」が52.5%、「外出先でも充電できる環境を増やしてほしい」が48.5%という回答となった。

昨年に引き続き、約7割が電気自動車に「車両価格の値下げ」を期待している声がうかがえる。

 現在住んでいる自宅近辺に、電気自動車(BEV)の充電ステーションがあるか質問したところ、「十分にある」が9.6%、「ややある」が28.9%という回答となった。

自宅周辺へのBEV充電ステーションの普及は約4割と、まだ十分には整っているといえない状況だとわかる。

 日本政府は2050年までにカーボンニュートラルの実現を目指すことを宣言し、その取り組みの一つとして、2035年までに乗用車新車販売で電動車100%を実現できるよう、包括的な措置を講じるとしている。

「この取り組みに対してどのように受け止めているか」と質問したところ、「ポジティブ」が16.4%、「どちらかというとポジティブ」が38.5%、「どちらかというとネガティブ」が14.7%、「ネガティブ」が12.2%という回答となった。

 Q10で「ポジティブ」「どちらかというとポジティブ」と回答した方に、「ガソリン車の新車販売禁止(電動車100%の実現)」に対して、ポジティブに受け止めている理由を聞いたところ、約6割の57.0%が「未来のテクノロジーである電動車に期待しているから」、「環境問題の解決につながると思うから」が46.4%、「環境に配慮した車の種類が増えると思うから」が40.1%という回答となった。

■自由回答・一部抜粋
・34歳:ガソリンの消費抑制。
・37歳:電気自動車が乗りやすくなる環境ができそうだから。
・51歳:カーボンニュートラル。
・57歳:何かしらの施策無しには、実現は困難だから。
・62歳:時代の流れです。
・47歳:クリーンエネルギーに転換出来そうなので。
・49歳:新車価格が下がると思うから。

 Q10で「ネガティブ」「どちらかというとネガティブ」と回答した方に、「ガソリン車の新車販売禁止(電動車100%の実現)」に対して、ネガティブに受け止めている理由を聞いたところ、「充電に時間がかかるから」が47.3%、「バッテリー劣化による定期的な出費が増えると思うから」が45.9%、「車体価格が高騰すると思うから」が39.2%という回答となった。

■自由回答・一部抜粋
・29歳:電気代が上がってしまいそう。
・37歳:メンテナンスに値段がかかりそう。
・50歳:電力供給の逼迫。
・58歳:電気自動車の方が環境負荷が高いと思うから。
・58歳:耐久性が不安。
・61歳:電気ステーションの数が圧倒的に足りないと思うからです。
・61歳:災害時に充電ができない。

 今回は、現在クルマを保有しており、かつ環境問題に関心があると回答した方550名を対象に、「電気自動車(EV)への関心度調査2023」を実施した。

 まず、電気自動車(BEV)の保有率は11.8%で昨年より3.6ポイント増加、ハイブリッド車(HEV)は38.7%で1.4ポイント増加したのに対し、ガソリン車は64.2%で5.1ポイント減少。

34.4%が、次に買い替えるとしたら「電気自動車(BEV)」を選択したいと回答しているが、その理由については、昨年と変わらず「排気ガスなく環境に優しいから」(54.5%)が最多となっている。また、次に買い替えるとしたら「ハイブリッド車(HEV)」が56.7%で1位となり、依然としてHEVの人気も高いことがわかった。

 本調査では毎年、自動車を保有しており、かつ環境問題に関心がある方に限って調査を実施しているが、その中では電気自動車の保有率が年々上昇している一方で、検討層は前年と横ばいの傾向。ただし検討している人の保有意向度は高まっている実態が明らかになった。

また、ハイブリッド車の人気が高く、電動車100%実現の取り組みをポジティブにとらえる人も多いことから、ガソリン車から電気自動車への移行は今後も徐々に進んでいくのではないだろうか。

 「KINTO ONE」は、自動車保険や自動車税など、クルマにかかる諸経費がコミコミ月々定額のクルマのサブスクリプションサービスだ。人気のトヨタ車・レクサス車をラインアップ、 高品質な中古車も取扱っている。WEBでも簡単に申込みから契約まででき、気軽にカーライフを始めることができる。

■「電気自動車(BEV)への関心度調査2023<定点調査>」概要
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2023年11月15日~同年11月24日
有効回答:現在クルマを保有しており、かつ環境問題に関心があると回答した方550名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】ラウル・フェルナンデス「Moto2行きはオファーがあっても考えるつもりはない」
【MotoGP】ラウル・フェルナンデス「Moto2行きはオファーがあっても考えるつもりはない」
motorsport.com 日本版
ボルボがアロマキャンドル「SWOODISH」発表、北欧をイメージした香り…日米などで限定発売
ボルボがアロマキャンドル「SWOODISH」発表、北欧をイメージした香り…日米などで限定発売
レスポンス
最上級の使いやすさを誇るトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
最上級の使いやすさを誇るトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
70年前に初登場した“宇宙船”!? 先進メカニズム満載のフランス車 シトロエン「DS」の希少な“7人乗りワゴン”を発見
70年前に初登場した“宇宙船”!? 先進メカニズム満載のフランス車 シトロエン「DS」の希少な“7人乗りワゴン”を発見
VAGUE
100万円台で買える! ホンダが新型「すごい商用バン」発表! 斬新な「タンデムシート」採用にも熱視線! 黒すぎ顔の「新型N-VAN」に反響あり
100万円台で買える! ホンダが新型「すごい商用バン」発表! 斬新な「タンデムシート」採用にも熱視線! 黒すぎ顔の「新型N-VAN」に反響あり
くるまのニュース
最新コンプリート車両を発表した「プロト」 「ゼロエンジニアリング」誕生から続くハーレー・カスタムの歴史とは
最新コンプリート車両を発表した「プロト」 「ゼロエンジニアリング」誕生から続くハーレー・カスタムの歴史とは
バイクのニュース
立ちふさがるのはフェルスタッペンとノリスの2大巨頭。メルセデスF1、2戦連続表彰台獲得も優勝争いまではまだ遠い?
立ちふさがるのはフェルスタッペンとノリスの2大巨頭。メルセデスF1、2戦連続表彰台獲得も優勝争いまではまだ遠い?
motorsport.com 日本版
CX-8より大幅レベルアップか!? 新型CX-80は超絶快適なハズ!! 長距離も全然イケる快適3列シートSUV7選
CX-8より大幅レベルアップか!? 新型CX-80は超絶快適なハズ!! 長距離も全然イケる快適3列シートSUV7選
ベストカーWeb
N-ONE買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
N-ONE買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
【特集 メルセデス・ベンツが切り拓くハイブリッド新時代の今(1)E350e スポーツ エディションスター】PHEVサルーンの最適解は、人とクルマのつながり方にも革新をもたらした
【特集 メルセデス・ベンツが切り拓くハイブリッド新時代の今(1)E350e スポーツ エディションスター】PHEVサルーンの最適解は、人とクルマのつながり方にも革新をもたらした
Webモーターマガジン
無限がNEWヴェゼル用各種アイテムをラインアップ
無限がNEWヴェゼル用各種アイテムをラインアップ
カー・アンド・ドライバー
充電バカっ早! eMPが発表した超急速充電器の「ユーザーフレンドリー」っぷりがスゴイ
充電バカっ早! eMPが発表した超急速充電器の「ユーザーフレンドリー」っぷりがスゴイ
THE EV TIMES
「学研のえほんずかん キャンプのずかん」を体験するワークショップイベントが6/30に開催!
「学研のえほんずかん キャンプのずかん」を体験するワークショップイベントが6/30に開催!
バイクブロス
美瑛町と日産、ゼロカーボン推進「ブルー・プロジェクト」始動
美瑛町と日産、ゼロカーボン推進「ブルー・プロジェクト」始動
レスポンス
罰金“計180万円”!? 「“ニセ”ナンバー」で暴走行為! 課せられる「罪」の重さは想像以上! 偽装ナンバーの見分け方とは
罰金“計180万円”!? 「“ニセ”ナンバー」で暴走行為! 課せられる「罪」の重さは想像以上! 偽装ナンバーの見分け方とは
くるまのニュース
自動車業界の平均年収ランキングTOP10
自動車業界の平均年収ランキングTOP10
月刊自家用車WEB
BMW『X3』新型、モダンで高級感あふれる内外装[詳細画像]
BMW『X3』新型、モダンで高級感あふれる内外装[詳細画像]
レスポンス
レッドブル&HRC密着:首位浮上でタイヤ選択の異なるノリスに対し有利な立場に。最速マシンでなくとも勝利を掴んだ王者
レッドブル&HRC密着:首位浮上でタイヤ選択の異なるノリスに対し有利な立場に。最速マシンでなくとも勝利を掴んだ王者
AUTOSPORT web

みんなのコメント

10件
  • *******
    スマホも最初は国産メーカーって言ってたよね
    それが今では国産メーカー全滅
    にてるね
  • ポンタ
    通勤や買物など近くを乗りまわすだけの利用で家に充電設備があればBEVは有効です。先日、地方の道の駅でおばあちゃんがBEVを乗っていました。近所にガソリンスタンドがないような田舎ではBEVのほうが有効なんだろうな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.5479.8万円

中古車を検索
Q2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.5479.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村