現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 約1400万円のホンダ「S2000 CR」現る!? 斬新デザイン&鮮烈ブルーが凄い! 700台限定で発売された個体とは

ここから本文です

約1400万円のホンダ「S2000 CR」現る!? 斬新デザイン&鮮烈ブルーが凄い! 700台限定で発売された個体とは

掲載 8
約1400万円のホンダ「S2000 CR」現る!? 斬新デザイン&鮮烈ブルーが凄い! 700台限定で発売された個体とは

 ホンダ「S2000」は1999年にデビューしたオープンスポーツカーです。発売から20年以上経つ現在でも根強い人気を誇ります。
 
 そんなS2000ですが、海外では中古車相場を大幅に上回る1000万円を超える個体が発見されました。

 S2000は、ホンダの創立50周年記念企画として登場したモデルで、「S800」以来28年ぶりとなるFR車として、大きな注目を集めた1台です。

【画像】「えっ…!」これはカッコいい! めちゃ青い「S2000」を画像で見る!(19枚)

 パワートレインは前期型が2リッター直列4気筒。後期型が2.2リッター直列4気筒となり、9000回転という高回転まで回るエンジンに高回転に対応するホンダ独自開発の6速MTが組み合わされました。

 これに加えて、オープンカーでありながら、車体の前後重量バランスが50対50を実現し、非常に高い走行性能を有しています。

 そんなS2000は、販売終了の2009年の時点で2万1662台を販売。ヒット作として、現在でも根強いファンが多く存在することから、中古車市場でも人気な1台です。

 現在の取引価格は、コンディションの良いもので約400万円からスタートし、個体によっては約800万円ほどまでになるものもあります。

 しかし、今回アメリカのオークションで発見された個体は、その相場を大幅に上回る価格で取引されました。

 発見されたのは700台の限定生産となった北米仕様の特別仕様車「S2000 CR」です。

 この名前は、休日などにスポーツ走行やレースを楽しむユーザーを指す「クラブレーサー(Club Racer)」が由来となっています。

 通常モデルとの変更点は、40kgの軽量化に加えて、スプリングやダンパーなどの、足回りの強化が行われている点です。

 これに加えて、専用のスポイラーなどが与えられ、よりスポーティなエクステリアデザインになっています。

 このCRは、日本仕様では後の「S2000 タイプS」となったモデルでもあり、より運動性能が高まっている、スポーツ走行に適しているモデルです。

 今回発見された2008年式のS2000 CRのエクステリアカラーは「エイペックス・ブルー・パール」。極上の青が輝かしく光っており、傷ひとつない状態に磨き上げられているのが印象的です。

 グレーの17インチアルミホイールを装着し、専用リアスポイラーなども取り付けられていることから、かなりスポーティな外観に仕上げられています。

 インテリアはブラックのアルカンターラ素材にイエローのステッチが目立ちます。シートの使用感もほとんどなく、長年、大切に保管されてきたことがわかります。

 搭載エンジンは後期型の2.2リッター直列4気筒。どのようにメンテナンスされてきたかがわかる、定期点検記録簿などのサービス記録も全て付いています。

 特にこのモデルの特徴となるのが、その走行距離の少なさです。15年前のクルマでありながら、約2万5749kmと低走行距離を維持しています。

 極上のコンディションに加えて、低走行距離というのが相まって、アメリカのオークションでは驚きの9万3500ドル(約1394万円)という価格で落札されました。

※ ※ ※

 S2000 CRは北米仕様ですが、同等の日本仕様にあたる「S2000 タイプS」の相場は、約700万円ほどとなっており、約2倍の値段がついた今回の個体は、かなり高価格帯といえます。

こんな記事も読まれています

スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
driver@web

みんなのコメント

8件
  • dai********
    ニューヨークのマクドナルドのアルバイト時給が日本円で5千円らしいので、物価は4倍なので1400万円っても、日本の相場とあまり変わらないのでは?
  • nij********
    走行2万5749kmって、US仕様のメーターはマイルでは?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.4399.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

158.0935.0万円

中古車を検索
S2000の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.4399.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

158.0935.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村