現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2代目マークXはコストパフォーマンス抜群のFRスポーツセダンだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

2代目マークXはコストパフォーマンス抜群のFRスポーツセダンだった【10年ひと昔の新車】

掲載 14
2代目マークXはコストパフォーマンス抜群のFRスポーツセダンだった【10年ひと昔の新車】

2009年10月、トヨタ マークXが5年ぶりにフルモデルチェンジされ2代目へと進化した。運転する楽しさやワクワク感、魅力的なスタイリングにこだわったという2代目マークXの出来映えはどのようなものだったのか。ここでは2009年秋に行われた国内試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2010年1月号より)

全体的にグレードアップしながら、価格は抑える戦略
パッと見、いいスタイリングだなと感じさせる。マークIIからマークXへと変身し、スポーツセダンとしての存在感を高めた従来モデルから、わかりやすい正常進化を遂げている。スポーツ度は高まり、また高級感も増している。

【スクープ】どうなる日本のセダン? 消滅が秒読みのビッグネームたち

そして、大きくなったように思うのだが、実際は全長と全高は変わらず、全幅が20mm拡大して1795mmになっただけだ。それでもこれだけ威風堂々と感じられるのはデザインの妙というものだろう。ちなみにニューマークXのスリーサイズは、BMW 3シリーズと全幅、全高はほぼ同じで、全長が190mm長いというレベルだ。

基本となるプラットフォームは従来モデルからのキャリーオーバーだが、搭載エンジンは変更された。これまでの2.5Lと3Lから、2.5Lと3.5Lという構成になった。そして2.5Lはハイオクからレギュラーガソリン仕様にされている。

これで、従来モデルの215psと256psから、203psと318psというラインナップになった。エントリーモデルとスポーツモデルの差を大きくし、間口を広げたわけだ。それは2.5Lモデルで、これまで以上に販売台数を稼ぎたいということでもある。

価格設定にはそうした意図が表れている。最廉価の250G Fパッケージは238万円と、これまでより10万円近く安い設定になっている。他のグレードも従来モデルより割安感がある。全体的にグレードアップしながら、価格は抑えるという、現在の経済状況を見据えた戦略だ。

DセグメントのFRモデルがこの価格、輸入車ではありえない
まず試乗したのは250G。車両価格が267万4250円のモデルで、Fパッケージのようにアルミホイールがオプションということもなく標準で付く。他の装備類も必要と思われるものはほぼ付いていて、オプションで装着しなくてはならないのはナビぐらいというタイプだ。

走り出してまず感じるのはエンジンの吹け上がりの滑らかさだ。まるでモーターのようにスムーズによく回る。そして、トルクの盛り上がりにも不満はない。レギュラーガソリン仕様にしたことで、スペック上は最高出力が12ps、最大トルクが17Nmダウンしているが、まったく問題ない。必要にして十分以上の力を持っている。

また、サスペンションは「上質な乗り心地」と「ハンドリングの良さ」という相反する性能を融合させる方向で煮詰めたそうだが、その成果は明らかに感じられた。路面に2cmくらい盛り上がったマンホールの蓋があっても、しなやかにクリアする。サスペンションがストロークしている感じがよくわかる。

コーナリング中も気持ちがいい。横Gがかかっているときは、ハンドルにもしっかり感がある。ただ、まっすぐ走っているときのハンドルの手応えが、もっと欲しい。路面からインフォメーションがあまり感じられず、また微操舵にも的確な反応がないのだ。このあたりは課題のひとつだったようだが、ドイツメーカーのFR車並みになるよう、さらに改善を進めて欲しい。

次にスポーツグレードである350Sに乗った。すぐに感じたのは250Gよりグッとハンドルに手応えがあるということ。250Gのタイヤサイズが215/60R16であるのに対し、350Sは235/45R18であることが大きいのだろう。しかし、手応えはあるのだが、ハンドルの中立付近での頼りなさは基本的に250Gと変わらなかった。

また、318ps/380Nmのエンジンも高原の一般道を走るレベルでは、その数値ほどに2.5Lとの差を感じなかった。アップダウンのあるワインディングロードや高速道路では、もちろんそれ相応の差が感じられることは間違いないが・・・。

2つのモデルに乗って感じたのは、250Gのコストパフォーマンスの高さだ。HDDナビとクリアランス&バックソナーを装着して308万円ほど。DセグメントのFRモデルがこの価格、輸入車ではありえない数字だ。トータルに見れば、やはり「さすがトヨタ」ということになる。(文:Motor Magazine編集部 荒川雅之/写真:原田 淳)

トヨタ マークX 350S 主要諸元
●全長×全幅×全高:4730×1795×1435mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:1550kg
●エンジン:V6 DOHC
●排気量:3456cc
●最高出力:234kW(318ps)/6400rpm
●最大トルク:380Nm/4800rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FR
●10・15モード燃費:6.0km/L
●タイヤサイズ:255/50R19
●車両価格:352万5000円(2009年当時)

[ アルバム : 2代目トヨタ マークX はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
WEB CARTOP
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
WEB CARTOP
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
乗りものニュース
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
くるまのニュース
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
AUTOSPORT web
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
WEB CARTOP
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
今年もドゥカティは強い? バニャイヤ、バイクのフィーリングに大満足「完璧に機能している」
motorsport.com 日本版
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
【A PITオートバックス東雲】東雲に大集合! いまさらながら欧州ビンテージカーが熱い【モーニングミーティング】
LE VOLANT CARSMEET WEB
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
韓国興収100億円突破! マ・ドンソクの剛腕が唸るシリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』
バイクのニュース
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
出光・ENEOS、北海道電力 大規模グリーン水素製造プラントの建設とサプライチェーン構築の覚書締結
Auto Prove
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
ホンダが真新「コンパクトSUV」発売! 八角形グリル&カクカクボディ採用!? 200万円強からのモデル、どんな声ある?
くるまのニュース
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
motorsport.com 日本版
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
ヨシムラ × weds コラボの軽自動車用ホイール「ヨシムラ WRS Seven」の受注がスタート!
バイクブロス
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
ステランティスジャパン、アルファロメオ・トナーレの限定車を2/23発売
日刊自動車新聞
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
日産が超カッコいい新型「大型バン」初公開! キャンプや車中泊にも大活躍!? 新型「インタースター」欧州登場への反響とは
くるまのニュース
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
m-tech の「クロモリアクスルシャフトシリーズ」に初期型油冷 GSX-R 用新ラインナップが追加!
バイクブロス

みんなのコメント

14件
  • 今でも現役で乗ってます。
    無駄な物が無く、とても運転しやすい車です。
    この車を乗り換える時が来たら次はEVになると思います。
  • 都内で駐車場に困らないでFRセダンで偉そうじゃない。代替えが無いのよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.0800.0万円

中古車を検索
マークXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

13.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村