現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シルビア復活期待しちゃったIDx!! スケスケミニバンにスリッパ風のクルマ!! 昔も激アツだったコンセプトカー8選

ここから本文です

シルビア復活期待しちゃったIDx!! スケスケミニバンにスリッパ風のクルマ!! 昔も激アツだったコンセプトカー8選

掲載 4
シルビア復活期待しちゃったIDx!! スケスケミニバンにスリッパ風のクルマ!! 昔も激アツだったコンセプトカー8選

 大盛況だったジャパンモビリティショー。今回もワクワクするクルマばかりだったけど、過去のモーターショーもハンパなかった。そこで市販化を期待したり、お!! っと思わせてくれたコンセプトカーたちを一挙に!!!!

※本稿は2023年10月のものです
文/大音安弘、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

シルビア復活期待しちゃったIDx!! スケスケミニバンにスリッパ風のクルマ!! 昔も激アツだったコンセプトカー8選

■見どころはやはりスポーツカー

スズキ GSX-R/4(2001年)。スポーツバイク「GSX-R」の四輪化コンセプト

 ジャパンモビリティショー(JMS)へと生まれ変わった日本最大のモーターショーの開幕が迫ってきた。

 JMSではさまざまな次世代モビリティが集結し注目されるが、過去の東京モーターショー(TMS)も、インパクトのあるショーモデルが多数出品された。そこで、ここでは21世紀以降の印象的なコンセプトカーを集めてみた。

 近年は、省エネや環境負荷低減を狙った次世代エコカーや先進機能を備えたコネクテッドカーなどが主役。ただ軽自動車文化のある日本らしく、電動化に頼るだけでなく、小さく軽いモデルも多く発表されてきた。

 その中で見所満載だったのがスポーツカーだ。原点回帰といえる「トヨタS-FR」は、今でも市販してほしい一台。

 またスズキのハヤブサのエンジンを積む「GSX-R/4」は、ドライブシミュレーター「グランツーリスモ」に登場し、バーチャルな世界で進化を続けているだけに、実世界での新展開にも期待したいところ。

 現代版シルビアともいえる日産「IDx」もお蔵入りさせずに、発展性を見せてほしい。

■今も昔も好奇心をかき立てる出展車たち

トヨタ Fun-Vii(2011年)。ボディがタッチパネルというまさに走るスマホ!

 小さなクルマを得意とするスズキとダイハツは、次世代小型オフロードカーの提案も多かった。ジムニーの後継と目された「スズキ e-サバイバー」に加え、軽トラックのコンセプトも注目の的に。特に軽トラは、今がブーム。それを追い風に新たな展開にも期待したくなる人も多いはず。

 JMSの主役は電動車だ。そのことにちょっと期待薄めと感じる人もいるだろう。しかし、ここで紹介したコンセプトたちは、時代の流れを好奇心へと変えてくれた。そのことを胸に刻んでぜひ会場に出向き、未来の乗り物との出会いを楽しんでほしい。

■印象に残るクルマたちを振り返る!

●日産 ネイルズ(2001年)

ピックアップだが、形がスリッパっぽい?

 若者をターゲットとした「ストリートピックアップスタイル」を提案した2シーターモデル。愛嬌たっぷりのA型フォルムのキャビンと超低床の荷台は繋がっており、幌の開閉でアクセス可能だった。

●ホンダ ユニボックス(2003年)

スケスケボディは車内が丸見え過ぎかも!

 トラス骨格の採用でボディパネル交換を可能としたミニバン。超低床フロアとジョイステックによる操作系などで室内空間を最大化。ドア内部には、2輪コンセプトカーを収納。

●スズキ X-HEAD(2007年)

軽トラのDNAを受け継いだコンパクトトラック

 軽トラ以上小型トラック未満という手頃なサイズのオフロードトラック。1.4Lエンジンをミドに搭載したフレームボディで、多彩な機能を持つ荷台の着せ替えにも対応した。

●日産 IDx(2011年)

コンセプトで終わらせてほしくないFRクーペ

 「ハコスカ」、「510ブル」、「初代シルビア」など往年の日産車を彷彿させるデザインを持つ2ドアクーぺ。1.6L直4ターボのFRであり、シルビアの復活かと騒がれたが、市販化されず……。

●トヨタ S-FR(2015年)

市販が検討されたコンパクトFRスポーツ

 運転の愉しさを追求した手頃な軽量FRスポーツ。ボディサイズとフロントミドシップレイアウト程度の情報しか明かされなくとも注目度は高く、市販を望む声も大きかったが実現せずに終わった。

●ダイハツ DNコンパーノ(2017年)

コンパーノを蘇らせるコンセプトがナイス!

 1963年登場のダイハツの小型車「コンパーノ」をモチーフとした小型4ドアクーペ。搭載エンジンには、1Lターボと1.2Lハイブリッドが想定された。

こんな記事も読まれています

スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
グーネット
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
レスポンス
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
レスポンス
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
レスポンス
2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「2ドアオープン」登場! 幌仕様に待望のパフォーマンスモデル設定!? 6MTで楽しさ追求で反響いかに
2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「2ドアオープン」登場! 幌仕様に待望のパフォーマンスモデル設定!? 6MTで楽しさ追求で反響いかに
くるまのニュース
キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
バイクブロス
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
バイクブロス
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
日刊自動車新聞
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
くるまのニュース
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
ベストカーWeb
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
WEB CARTOP
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
バイクブロス
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
Believe Japan
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
くるまのニュース
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
くるまのニュース
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
バイクのニュース

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村