サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「ヤリス」なぜ首位独走出来た? ライバル登場も年度販売台数1位に輝いた理由

ここから本文です

■なぜヤリスは首位になったのか

 2021年4月5日、日本自動車販売協会連合会は2020年度(2020年4月から2021年3月)の登録車販売台数を公表。
 
 2019年度の首位はトヨタ「カローラ」の11万4358台でしたが、2020年度ではトヨタ「ヤリス」が20万2652台を記録して首位に輝きました。どのような経緯があったのでしょうか。

完璧なSUV!? トヨタ「ヤリスクロス」 オーナーが感じる「良し悪し」とは

 最新版となる2020年度では、2020年6月に同じトヨタのコンパクトSUV「ライズ」に首位を譲った以外、ヤリスが独走状態を死守した結果、2020年度の登録車販売台数で1位に輝いています。

おすすめのニュース

サイトトップへ