現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつて高性能の証だったボンネットの「穴」…最近なくない? もしかして…いらなかった??

ここから本文です

かつて高性能の証だったボンネットの「穴」…最近なくない? もしかして…いらなかった??

掲載 30
かつて高性能の証だったボンネットの「穴」…最近なくない? もしかして…いらなかった??

 かつては、高性能車に必須だった、ボンネットのエアインテーク。走行中の空気の流れを分断する位置に装備されるエアインテークは、大きな空気抵抗となっていたが、エンジンの廃熱のためには必要なものだった。

 しかし昨今は、ごく小さな穴になっていたり、そもそもエアインテークがない高性能スポーツカーも増えてきた。ボンネットのエアインテークはなぜ必要なくなったのかをご紹介しながら、それでも必要なクルマもあること、また、空力設計の最新事情についてもご紹介しよう。

かつて高性能の証だったボンネットの「穴」…最近なくない? もしかして…いらなかった??

文:吉川賢一
写真:HONDA、NISSAN、TOYOTA、LOTUS、INFINITI、SUBARU、ベストカー編集部

技術の進化で必要なくなった

 ボンネットのエアインテークが減ってきた最大の理由は、シミュレーションの飛躍的な進化だ。シミュレーション技術が進化したことで、エンジンルーム内の空気の流れをコントロールすることが可能となり、エアインテークを設けなくても、エンジン廃熱をすることができるようになったのだ。

 たとえば、2017年1月に登場した、ボンネットに大きなエアインテークがあるFK8型シビックタイプRでは、フロントグリルから取り込まれてラジエーターを通過した熱い空気を、アルミボンネット上に設定したインテークダクトからエンジンルーム内へ取り込んだ走行風によって、車外へ放出する方式をとっていた。ただ、それから5年半後となる2022年9月に登場したFL5型シビックタイプRでは、FK8型のようなド派手なエアインテークの代わりにエアアウトレットが装備されており、大開口グリルから取り込んだ空気を、大径・高性能ラジエーターに送り込み、廃熱をフロントフード上のベントから逃がすエアフローレイアウトを採用している。

 冷却技術の進化も、ボンネットのエアインテークが不要となった理由だ。400ps超というハイパワーV6ツインターボエンジンを積むスカイラインNISMOやフェアレディZ NISMOには、ボンネットにエアインテークやダクトなどが設けられていないが、これらには強化ウォーターポンプを採用した水冷式インタークーラーが採用されており、これによって、エアインテークを設けなくても、限界領域までターボエンジン性能を使うことができるとのこと。ボンネットのエアインテークは、さまざまな技術の進化によって、必ずしも必要ではなくなってきたのだ。

FK8型シビックタイプR。エンジンルーム内の熱を、アルミボンネット上に設定したインテークダクトからの走行風によって、車外へと放出している

FL5型シビックタイプR。エンジンを効率よく冷却するエアフローレイアウト。エキゾーストマニホールドを囲む2ピース水冷ジャケットなどによっても、エンジン各所を効果的に冷却している

[usedcar-search brand_cd="1045" body_cd="8" car_cd="10452019" keyword="レヴォーグ" limit=30]

ただ、いまも必要なクルマも

 しかしながら、「レヴォーグ」や「WRX」、「レイバック」など、既存の水平対向エンジン+シンメトリカルAWDを採用しているスバル車の場合、エンジンが低い位置にレイアウトされているため、前(グリル)から取り込む空気だけでは不十分で、上方からも空気を取り込みインタークーラーに当てて冷却する必要がある。

 他のクルマのように、ラジエーターとインターク-ラーをフロントに並べる構造とすればエアインテークを無くせるはずだが、オーバーハングに重量物を積むのは、スバルとしては許しがたいのだろう。スバル車のボンネットの大きなエアインテークは、もはやスバルのアイコンともいえ、空気抵抗になっているとわかっていても、外すことは難しいのかもしれない。

 同じような理由で、日産「GT-R」やトヨタ「GRカローラ」など、スポーツカーには今後も空気抵抗が小さく済むコンパクトなエアダクトは残されると思われる。廃熱効率のためという面もあるが、高性能車の証として、エアインテークを求めるユーザーは少なくないためだ。

空力設計は、すでに次の段階へ

 ボンネットのエアインテークからはすこし話がそれるが、空力設計がらみとして、2022年3月にロータスが発表したバッテリーEVのSUV「エレトレ」が、空力的に面白い構造なので紹介しておきたい。

 エレトレには、「ポロシティ」と呼ぶ、ボンネット上部にフロントグリルと繋がった2つの穴がある。フロントで受けた気流をここから排出し、車両の上側へと流して空気抵抗を下げ、航続距離やダイナミクスを改善する役割を担っているという。また、フロントホイールアーチの前方や後方、リアホイールの後方にも、空気の通り道が設けられている。さらにDピラー上部には、フローティングピラーを導入し、サイドガラス表面を流れてきた気流を、3段階で可変するアクティブテールゲートスポイラーに導き、リアの空気抵抗とダウンフォースを稼ぐという。

 旧来からのエアインテークの役目とは異なるが、燃費(電費)改善のための見えない空気をどう味方に付けるのかは、各メーカーのエンジニアリングの腕の見せ所だ。エアインテークに代わる構造が日本の自動車メーカーからも登場するか、次世代の空力技術の登場も非常に楽しみだ。

ロータスのBEVエレトレ。「ポロシティ」と呼ぶ、ボンネット上部に空いた2つの穴は、ここから空気を排出し、車の上側へと空気を流して、空気抵抗を下げ、航続距離やダイナミクスを改善する役割を担っている

こんな記事も読まれています

フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
motorsport.com 日本版
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
バイクのニュース
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web

みんなのコメント

30件
  • ****************
    ベストカーも胡散臭い矢印を使うようになったな
  • fie********
    スバルもWRカーはインタークーラーを前置きしてた。
    オーバーハングが重くなるデメリットよりも冷却効率を取ったんだろうね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.8999.8万円

中古車を検索
シビックタイプRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

89.8999.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村