現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産新型「エルグランド」実車展示!? 斬新「エクストレイル顔ミニバン」が凄い! 京都校が手掛ける“グラシア”とは

ここから本文です

日産新型「エルグランド」実車展示!? 斬新「エクストレイル顔ミニバン」が凄い! 京都校が手掛ける“グラシア”とは

掲載 1
日産新型「エルグランド」実車展示!? 斬新「エクストレイル顔ミニバン」が凄い! 京都校が手掛ける“グラシア”とは

■緻密なマーケティング&学生のこだわりがつまった新型エルグランド!?

 ここ数年、日産新型「エルグランド」に関する噂が絶えません。
 
 なかでも「ジャパンモビリティショー2023」では次期型エルグランドをに思い起こさせるプレミアムEVミニバン「ハイパーツアラー」がお披露目したことでその熱は高まっています。
 
 一方でもう少し現実的な次期型エルグランドを予感させるモデルも登場しました。

【画像】超カッコイイ! これが新型「エルグランド」です。画像を見る!(50枚以上)

 高級ミニバンというジャンルを開拓し、「キングオブミニバン」とも言われたエルグランド。

 しかし、現行エルグランドは2010年に登場して以降、2024年現在でもフルモデルチェンジはされていません。

 そんな中、日産が展開する日産京都自動車学校のカスタマイズ科は次期型エルグランドを予感させるモデルを東京オートサロン2024、大阪オートメッセ2024で実車を公開しました。

 京都校カスタマイズ科の学生達は毎年、オートサロンやオートメッセに向けて、日産車をベースとしたカスタマイズカーを製作しています。

 最新のカスタマイズカーとして登場したのが「ELGRAND GLASSIER(エルグランド グラシア)」で、その存在は、2023年12月7日に京都校公式SNSで「#新型エルグランド #newエルグランド」というハッシュタグとともに明かされました。

 実車は東京オートサロン2024で展示。その見た目はフロントに日産「エクストレイル」のフロントフェイスを移植することで、エクストレイルの持つアクティブな雰囲気を効果的に落とし込んでいます。

 また車高を4cmアップさせ、ブロックタイヤを履くことで走破性をアップさせることで、日常のアウトドアシーンだけでなく、災害時などでの悪路走行も視野に入れたカスタムだと言います

 そんな学生が考えるNEWエルグランドとして制作されたエルグランド グラシアのコンセプトについて、カスタマイズ科の学生は次のように話します。

「エルグランド グラシアは、ターゲットを祖父母、父母、姉、弟の6人家族に設定し、家族が笑顔で楽しめるというコンセプトで企画しました。

 屋根上の大型テントや車高の高さ、タイヤ等を見ればわかる通り、アウトドアを楽しむのに最適なクルマです。

 特徴としては、E52エルグランドをベースに、フロント周りには最新のエクストレイルのフェイスを移植しています。

 また、バックドア、ウィングにはアリアのものを流用し、オリジナリティのある見た目に仕上げました。

 さらに、ボディカラーは朝焼けの空の色をイメージしています。

 ただのグレーのように見えますが、まだ暗い空と明るい太陽の間の色を忠実に再現していて、ミラー部分に使用されているオレンジ色は朝日の色をイメージしています」

※ ※ ※

 そんなエルグランド グラシアですが、東京オートサロンに続き大阪オートメッセでも展示しています。どのような反響が寄せられたのでしょうか。前出とは別の学生は次のように話してくれました。

「お客さんの声として『いいな』『かっこいいな』『これ出したら売れるやん』っていうのが結構多かったんです。

 けど、ちょっとオートサロンと違ったのはやっぱりオートメッセってゴリゴリいじってるほうが人気なのかなっていう感じもあり、オートサロンほど注目はそんな浴びてない感じですね。

 僕らがターゲットとして狙ったのはファミリー層なので、ファミリー層にはめっちゃ受けてるんですけど、若い人とかにはあんまり、それほど受けていない、手ごたえはないかなという感じです」

 なお東京オートサロンでは、展示の高さ制限があったことでルーフテントがしまっていましたが、大阪オートメッセではしっかりと立っており、アクティビティ溢れる展示となっていました。

こんな記事も読まれています

日産「新型エルグランド」は“超ワイドグリル”で迫力満点! 最新「大型高級ミニバン」は今後もっと「コワモテ顔」に進化する!?
日産「新型エルグランド」は“超ワイドグリル”で迫力満点! 最新「大型高級ミニバン」は今後もっと「コワモテ顔」に進化する!?
くるまのニュース
トヨタ「新型SUVミニバン」公開! 斬新ドア×タフ外装がカッコいい! 「X-VAN GEAR」特許庁公表で、市販化は?
トヨタ「新型SUVミニバン」公開! 斬新ドア×タフ外装がカッコいい! 「X-VAN GEAR」特許庁公表で、市販化は?
くるまのニュース
日産「新型エルグランド&スカイライン」登場へ!?  2026年までに日本導入の“5車種”は一体「どんなクルマ」なのか
日産「新型エルグランド&スカイライン」登場へ!? 2026年までに日本導入の“5車種”は一体「どんなクルマ」なのか
くるまのニュース
「シエンタ」よりちょっとビッグ! トヨタの7人乗り「小型SUVミニバン」がスゴい! 迫力顔「ヴェロズ」タイお披露目の反響は?
「シエンタ」よりちょっとビッグ! トヨタの7人乗り「小型SUVミニバン」がスゴい! 迫力顔「ヴェロズ」タイお披露目の反響は?
くるまのニュース
トヨタ「bB」復活!? 全長4m以下の箱型「ワル系」コンパクトは市販化も? 「ハイエース」より広大な荷室がスゴイ「新型カヨイバコ」とは
トヨタ「bB」復活!? 全長4m以下の箱型「ワル系」コンパクトは市販化も? 「ハイエース」より広大な荷室がスゴイ「新型カヨイバコ」とは
くるまのニュース
スバルが新型「2ドアスポーツ“SUV”」公開!? 鮮烈ブルー&オレンジのタフ仕様! まさかの「BRZ“ウィルダネス”」!? めちゃ実現して欲しいCGが米で登場
スバルが新型「2ドアスポーツ“SUV”」公開!? 鮮烈ブルー&オレンジのタフ仕様! まさかの「BRZ“ウィルダネス”」!? めちゃ実現して欲しいCGが米で登場
くるまのニュース
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
次期「シルビア」? 日産が「小型FRスポーツカー」披露していた!? 全長4.3m“流麗ボディ”に2.0L級エンジン搭載? 登場期待された「フォーリア」とは
くるまのニュース
マツダ「痛ロードスターSUV」実車展示! ゴツさ爆発に注目度高し!? なぜ2人乗りスポーツをオフ化?
マツダ「痛ロードスターSUV」実車展示! ゴツさ爆発に注目度高し!? なぜ2人乗りスポーツをオフ化?
くるまのニュース
スバルの旧車顔「軽バン」がスゴい! 超レトロな「丸目ライト&縦長グリル」がカッコ良すぎ! まるでクラシックカーな「ディアスクラシック」とは
スバルの旧車顔「軽バン」がスゴい! 超レトロな「丸目ライト&縦長グリル」がカッコ良すぎ! まるでクラシックカーな「ディアスクラシック」とは
くるまのニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新「サメ顔」採用? 「アウトドア仕様」もアリ!? “都会派SUV”のマイナーチェンジどうなるのか
くるまのニュース
ホンダの「斬新軽トラ」がスゴかった! めちゃ「画期的な荷台」にオシャグリーン採用! バン×軽トラ“融合”の「HOBICK」は登場が早すぎたのか
ホンダの「斬新軽トラ」がスゴかった! めちゃ「画期的な荷台」にオシャグリーン採用! バン×軽トラ“融合”の「HOBICK」は登場が早すぎたのか
くるまのニュース
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
目がない!? 強面すぎ「フロントフェイス」の「上級セダン」実車展示! 豪華すぎ内装でまさに「走る応接室」なカスタムマシンの正体とは
くるまのニュース
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
まさかのSUV化! トヨタ「プリウスクロス」誕生!? 悪路も“エコドライブ”で走破する「タフ仕様」のCGは「アリ」それとも「ナシ」?
くるまのニュース
超レトロな「新型スポーツカー」発売! 6速MT×丸目4灯の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場の「M55」とは
超レトロな「新型スポーツカー」発売! 6速MT×丸目4灯の斬新「5ドアハッチバック」 25年登場の「M55」とは
くるまのニュース
トヨタ「新型SUV」世界初公開へ!? ゴツゴツ進化の「新型ハイラックスサーフ!?」15年ぶり完全刷新! 魅惑の「角張りデザイン」まもなく米で発表
トヨタ「新型SUV」世界初公開へ!? ゴツゴツ進化の「新型ハイラックスサーフ!?」15年ぶり完全刷新! 魅惑の「角張りデザイン」まもなく米で発表
くるまのニュース
スバルが最新「大型SUVワゴン」を実車公開! ゴツゴツすぎる「斬新デザイン」採用したタフ仕様「アウトバック ウィルダネス」NYに登場
スバルが最新「大型SUVワゴン」を実車公開! ゴツゴツすぎる「斬新デザイン」採用したタフ仕様「アウトバック ウィルダネス」NYに登場
くるまのニュース
三菱「新型パジェロ“ミニ”」!? 伝説的「“軽SUV”」11年ぶり復活するならどうなるべき? 高まる期待と現実的な落とし所とは
三菱「新型パジェロ“ミニ”」!? 伝説的「“軽SUV”」11年ぶり復活するならどうなるべき? 高まる期待と現実的な落とし所とは
くるまのニュース
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
50ccの「ミニカー」を痛車化!? 「ラブライブ!」仕様でみんな驚く… なぜアビーにさらなる個性をもたせたのか
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • ivq********
    epowersになってから煽りが増えた
    HVでも煽って来るし
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村