現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カタログはまるで女性誌のよう! 弾丸フォルムと呼ばれた初代ホンダ・トゥデイを振り返る

ここから本文です

カタログはまるで女性誌のよう! 弾丸フォルムと呼ばれた初代ホンダ・トゥデイを振り返る

掲載 5
カタログはまるで女性誌のよう! 弾丸フォルムと呼ばれた初代ホンダ・トゥデイを振り返る

トゥデイの全高はスペシャルティカー並の低さだった!

 ホンダの軽自動車というと、今なら販売台数首位の座をキープするN-BOXがおなじみ。とはいえホンダの長い歴史のなかで「おっ!?」と思わせられる車種は、振り返ってみるとたくさんある。

初代がヒットしすぎて霞んだ2代目! ホンダ・シティの栄光と凋落

 初代トゥデイはそのなかの1台だ。登場は1985年のことで、CMやカタログには女優、歌手として人気絶頂だった今井美樹を起用。さらにTV‐CMに使われた楽曲は元・あみんの岡村孝子が歌う「はぐれそうな天使」で、当初は楽曲の作曲者の来生たかおバージョンが使われていたものが、ほどなく岡村孝子バージョンに切り替わっていた。

 ところで当時のライバル車だったダイハツ・ミラ、スズキ・フロンテ、三菱ミニカなどいずれも1395mmと全高の高さを売りとしていたのに対し、トゥデイの全高はそれらとは真逆の1315mmの低全高が最大の特徴だった。

 ちなみに当時の2代目ホンダ・プレリュードの全高は1295mm、トヨタ・カリーナEDが1310mm、いすゞ・ピアッツァが1300mmといったところで、背を高くして実用的なパッケージングを追求するのが主流だった軽自動車のなかにあって、トゥデイの全高はスペシャルティカー並の低さだった。

 で、今井美樹のCDはデビューからずっと持っていたが、あくまで音楽のファンでそれ以上は詳しくない筆者は、彼女の当時の身長が何cmだったのかは知らないのだが、どちらにしてもスラッとした彼女を横に立たせて、いかにも低全高だったトゥデイを際立たせることは狙いのひとつだったに違いない。

カタログのレイアウトが見やすかった

 カタログやCMで使われたキャッチコピーは「キミとなら仲良くできる」「21世紀のハンサムです」「青山育ちのハンサムです」など。「21世紀……」は、じつは最初のカタログに載ってはいたもののヘッドコピーではなく筆者は見逃していたのだが、たとえば「21世紀に間にあいました」とやった初代プリウスに較べ、同じ21世紀でもずっとカジュアルなニュアンスだったところはトゥデイらしかったといべきか。

 その最初のカタログだが、当時の女性誌の誌面のようなレイアウトで、どの見開きもメインの写真でトゥデイの外観、室内、インパネなどを扱い、その周囲には、意外とこと細かに装備やメカニズムなどのディテールを紹介している構成。たとえば車両レイアウトの説明のひとつとして、運転席を中央寄りに配置し、ドライバーの右腕とドアの間の空間に余裕をもたせたことが図面とともに紹介されている。

 低全高だったことはすでに触れたが、クルマ自身はじつにユニークな仕上がりだった。全高は低くともエンジンを傾けて搭載するなどし、メカの部分をぎゅっと凝縮。2330mmのロングホイールベースや広い室内フロアとすることで、ゆったりとした居住空間を稼いでいたのだった。

 ホイールベースについては、初代シティが2220mm、初代バラードスポーツCR−Xが2200mm、シビック3ドアが2380mmだったといえば、軽自動車ながら、いかに長くとっていたかがわかるだろう。

スタイリッシュさにこだわっていたトゥデイ

 室内では“ニートチェア”と呼ばれる、洗練されたデザインのシートを採用。フロントのヘッドレストはスリムなステーを採用したものだった。

 インパネは、今見てもコンパクトカーらしいシンプルでスマートな、秀逸なデザイン。左手を伸ばした先にスライドレバー式で備わる空調スイッチは、現代の簡単そうでじつはロジックがややこしかったりするタッチパネル式などよりも、遥かにわかりやすく操作しやすいものだった。ステアリングコラム右手には、カモフラージュされたデザインのコインポケットが備わるが、これも最近では懐かしい装備といえる。

 ほかにも機能面では、ダブルリンク式のフロントの1本ワイパー、前後可倒式ドアミラー、 などがユニークだった。軽自動車ながら贅沢にも3タイプのアルミホイールがオプション設定で用意されたのも、スタイリッシュさにこだわるトゥデイらしいところ。

 ところで“弾丸フォルム”などと呼ばれた初代トゥデイのスタイリングは、1983年登場の3代目シビックの3ドアに始まり、1986年に登場したクラウチングフォルムの2代目シティへ、さらに言えば1985年登場の3代目アコードのエアロデッキも含め、この当時の斬新で先進的なホンダ車を象徴するスタイリングだった。どこから見てもホンダのクルマだとわかったし、非常にチャーミングである。

 あの初代ルノー・トゥインゴの登場が1992年と初代トゥデイよりも7年もあとだったことを考えれば、いかに進んでいた、そしてハイセンスなスタイリングだったことがわかる。初代トゥデイはグッドデザインにも選定されている。

 その後、初代トゥデイは途中のマイナーチェンジで、ヘッドライトが初代のクッキリとした丸型から、大人しい異形へとフェイスリフトを受けた。さらに2代目にフルモデルチェンジされた際は、初代とは打って変わった、かなり普通の2ボックススタイルに。低い着座位置と広いグラスエリアによる広い視界が爽快だった初代トゥデイは、やはり懐かしいクルマの1台だ。

こんな記事も読まれています

正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web

みんなのコメント

5件
  • コミック・アニメ「逮捕しちゃうぞ」でお馴染みの丸目トゥディちゃん。
  • トゥデイのデザインに一目惚れしたデザイナーがフランスに持ち帰ってフランス国内で乗り回していたのは有名な話。フランスでもかなり人目を引いたそうです。だから初代トゥインゴがトゥデイそっくりなのははっきり言ってルノーのパクりでしょう。そのデザイナーがルノーでトゥインゴをデザインしたって噂もあります。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索
トゥデイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村