現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ新型オープンカー「チョコスター」爆誕!? マツダが本命すぎる「甘~い」クルマを発表! 精密さヤバい「茶色いロードスター」とは

ここから本文です

マツダ新型オープンカー「チョコスター」爆誕!? マツダが本命すぎる「甘~い」クルマを発表! 精密さヤバい「茶色いロードスター」とは

掲載 10
マツダ新型オープンカー「チョコスター」爆誕!? マツダが本命すぎる「甘~い」クルマを発表! 精密さヤバい「茶色いロードスター」とは

■マツダからファンへ! 特別なバレンタインデー投稿が話題に

 2023年2月14日、マツダはバレンタインデーにあわせて、同社の人気オープンカー「ロードスターRF」をチョコレートで再現し、SNSに投稿しました。

【画像】精密すぎる本命チョコ! マツダ新型「チョコスター !?」を見る(20枚)

 この投稿は話題を呼び、7000件を超えるいいねと数多くのコメントが集まっています。

 マツダの代表的なオープンカー「ロードスター」は初代モデル(NA型)が1989年に誕生。

 「人馬一体」をコンセプトに開発されており、軽量かつコンパクトで運転が楽しいモデルとして支持を集め、2016年には全世界での累計生産台数が100万台を達成するなど、世界中にファンを抱える人気のモデルです。現在もNA型の後継となる4代目モデル(ND型)が販売されています。

 今回チョコレートで製作されたモデルのロードスターRFはロードスターの派生モデルで、電動で開閉可能なルーフトップ「リトラクタブルハードトップ」を装備し、屋根を開けるとオープンエアが楽しめ、屋根を閉めるとクーペスタイルになるのが最大の特徴です。

 ロードスターRFのボディサイズは全長3915mm×全幅1735mm×全高1245mm。パワートレインは184馬力の2リッター直列ガソリンエンジンを搭載し、これに6速のMTかATを組み合わせています。

 マツダが投稿した画像を見ると、チョコレートで製作されたロードスターRFは、ボディの抑揚までも完全にチョコレートで再現されていることがわかります。

 さらに外装のみでなく内装のダッシュボードやシートに加え、マフラーやワイパー、ロードスターならではの骨格であるパワープラントフレームまでも作り込まれており、さらにホワイトチョコレートで製作したマツダのエンブレム取り付けられ、マツダファンにはたまらない内容となっています。

 この投稿に対してSNSユーザーからは、「もったいなくて食べられない!」「本格的すぎる仕上がりにびっくり!」「MAZDAさんの技術…恐るべし…」という好意的なコメントが寄せられました。

また、「期間限定で販売してください」「欲しいです!」「飾りたい…」などの市販を希望する声も多くありました。

 バレンタインデーにちなんだマツダの遊び心はSNS投稿にとどまらず、マツダのオフィシャルサイトにもチョコレートで作られたロードスターRFの画像が期間限定で掲載されているということです。

こんな記事も読まれています

今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
破壊されたプロトタイプ ベントレーMkV コーニッシュ(1) 神秘性を醸し出す曲線美
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

10件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.6430.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.8519.6万円

中古車を検索
ロードスターRFの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.6430.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.8519.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村