現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どうしたフォルクスワーゲン! 日本人にもっとも馴染みのある輸入車が売れなくなったワケ

ここから本文です

どうしたフォルクスワーゲン! 日本人にもっとも馴染みのある輸入車が売れなくなったワケ

掲載 235
どうしたフォルクスワーゲン! 日本人にもっとも馴染みのある輸入車が売れなくなったワケ

 この記事をまとめると

■日本市場における輸入車の販売ブランドランキングでVWが下位に沈んでいる

【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

■かつての排出ガス不正問題時から販売台数が減少していった

■看板車種のゴルフは好調だがそれ以外のラインアップがやや寂しい

 同じドイツのメルセデスやBMWの後塵を拝す

 2014年までは、輸入車市場ではVW(フォルクスワーゲン)が販売ナンバーワンのブランドだった。

 ところが2015年は、メルセデスベンツが1位で、VWは2位に下がった。その切っ掛けは、2015年に北米で発覚したVWの排出ガス不正問題だ。排出ガス規制のテストを受ける時に、車両に搭載された不正なソフトウェアを使って規制をクリアしていた。

 2015年の時点でVWのディーゼル車は日本で売られていなかったが、この問題が報道されると、国内登録台数は前年の52%に激減した。VWにはもともと品行方正でクリーンなブランドイメージがあり、それが著しく裏切られたからだ。

 これ以来、VWの売れ行きは伸び悩む。2023年1~7月の輸入車販売ランキングは、1位がメルセデスベンツ、2位はBMWで、3位がVWだった。

 VWの代表車種とされるゴルフは、2020年はメルセデスベンツAクラスを下まわった。2021年は日本仕様も新型の8代目にフルモデルチェンジしたが、納車が滞り、登録台数はBMW3シリーズやボルボ60シリーズを下まわった。2022年もメルセデスベンツCクラスに負けている。

 ゴルフの売れ行きは好転したがそれ以外が……

 直近の売れ行きはどうか。販売店に尋ねると以下のように返答された。「以前はゴルフヴァリアント(ワゴン)の納期が1年に達して、ハッチバックも長かった。そのために納期の短いTクロスが、ゴルフよりも多く販売されたこともあった。最近はこの状況が落ち着き、ゴルフも1リッターや1.5リッターターボのハッチバックなら2~3カ月、ヴァリアントでも2~4カ月で納車できる。GTIは今後長期化する心配もあるが、今なら約4カ月だ」。

 このようにゴルフの売れ行きは好転してきた。直近となる2023年第2・四半期(4~6月)の登録台数は、メルセデスベンツCクラスを上まわり、輸入車販売の2位になった。1位はミニだが、そこにはコンパクトな3ドアからワイドボディのクロスオーバー、オープンモデルのコンバーチブルまですべてが含まれる。いわばミニブランドの総台数だ。ユーザーがクルマを選ぶ時の感覚でいえば、ゴルフが実質的な1位になる。

 このようにゴルフ人気は回復したが、VWブランド全体の国内登録台数は、依然として1位ではない。前述のとおりメルセデスベンツとBMWに次ぐ3位だ。

 この背景には車種の少なさもある。2023年第2・四半期の輸入車販売ランキングを見ると、上位20車の中に、メルセデスベンツであればCクラス、Gクラス、GLB、GLC、GLA、Aクラスと6車種が入った。その点でVWは、ゴルフは多いが、それ以外のTクロス、Tロック、ポロは順位が下がる。BMWは2シリーズと3シリーズが比較的上位に入り、X1も堅調だから、ブランド全体ではVWの売れ行きを少し上まわった。

 このようにVWでは、ゴルフの売れ行きが回復したものの、それ以外は冴えない。とくにコンパクトなTクロスやポロは、日本の道路環境に適したサイズなのに、あまり売られていない。内装の作り、低回転域で加減速を繰り返した時の滑らかさ、エンジンノイズなどをもう少し洗練させる必要がある。VWは排出ガス不正問題でブランドが損なわれ、車両の質や商品力にも不満が生じているから、売れ行きも増えないのだ。かつての地味で真面目なクルマ作りを取り戻す必要がある。

こんな記事も読まれています

BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
BYD、国内導入初となるセダン「BYD SEAL」を発表
月刊自家用車WEB
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
Merkmal
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
くるくら
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
日刊自動車新聞
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
くるまのニュース
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
バイクのニュース
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
AUTOCAR JAPAN
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
Auto Messe Web
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
WEB CARTOP
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
カー・アンド・ドライバー
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
GQ JAPAN
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

235件
  • 近所にフォルクスワーゲンの店があったが2回潰れた。今度は建物も潰して更地にするみたい。
    大体名前からして大衆車なのに値段が強気すぎる。
    近所じゃ誰も買ってない。
  • 販売台数などどうでも良いです。自分が良いと思った車に乗れば良いです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0648.0万円

中古車を検索
ゴルフ ヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

357.3476.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0648.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村