現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 駐車場での自動バックアップ走行は白眉!BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗でわかったこと

ここから本文です

駐車場での自動バックアップ走行は白眉!BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗でわかったこと

掲載 1
駐車場での自動バックアップ走行は白眉!BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗でわかったこと

 BMWのトップモデル、7シリーズの先代モデル(G11型)は2015年に登場し、2019年のフェイスリフトを経て今日に至っている。そして7年目を迎えた2022年、ニューヨークで7世代目の7シリーズ(G70型)が発表された。

 私はこの発表に先立ってBMWのテストコースでプロトタイプによる試乗会に参加したのでレポートしたい。

駐車場での自動バックアップ走行は白眉!BMW 新型7シリーズ&i7プロトタイプ試乗でわかったこと

文/木村好宏、写真/木村好宏、BMW

新型7シリーズ 内燃機関搭載モデルとBEVの2機種を同時発表!

BMWのテストコースに現れた新型7シリーズ。全長が従来型モデルより17cm長い、5400mmとなった

 私の前に現れた2台のニュー7シリーズは完全なカムフラージュ姿であったが、そのサイズは圧倒的だった。というのもBMWはこれまでのショート及びロングバージョンを廃止して新たにワンモデルに統一したのだが、その全長は5.4mで、これまでのロングバージョンよりも17cmも長いのだ。

 この日に試乗できたのは、直列6気筒エンジン搭載モデルとフルEVのi7だったが、今回は後者「i7」を中心にレポートをお届けする。

 BMWはCLAR(クラスター・アーキテクチャー)と呼ばれるフレキシブルなプラットフォームを採用しているが、それは内燃機関、PHEVそしてBEVのどんなパワートレーンにも対応できる。

 そして、エクステリアデザインもiXシリーズのようなアバンギャルドなものからこれまで発表されたi4や今回紹介するi7のようにICE搭載モデルとほとんど変わらないアウタースキンを被せることも可能なのだ。

BMWらしさも残しつつ進化!! 安定感かつ乗り心地抜群でドライブを楽しめる! 

 BMWの近未来戦略は「顧客の選択肢を狭めない、自由」を提供することを標榜している。ゆえにi7も極端に薄いLEDヘッドライトや各部のEV専用ブルー・アプリケーションを除けばICE搭載モデルと見分けがつかない。

 詳細は語られなかったが、試乗したのはおそらくi7xDrive60で、後日配布されたデータによれば前後に搭載された電気モーターによるシステム出力は400kW/544ps、最大トルクは745Nmを発生する。

 また、ダイナミック性能は0‐100km/hが4.7秒、最高速度は240km/hである。そして搭載される105kWh(グロス)、101,7KWh(ネット)のバッテリーによる航続距離は510kmに達する。

 この時点では、まだカムフラージュされたインテリアは「カーブド・ワイド・スクリーン」でOSはBMWオペレーティング・システム、加えてコンソールには伝統のiDriveが残されている。

 ゆったりとしたキャビンのシートは快適だが、BMWらしさを残したスポーティで身体をしっかりとサポートしてくれる。そしてドライブペダルを踏み込むとドライバーの背中はバックレストにのめり込むような加速感が襲ってくる。

 およそ1kmのストレートで簡単にドイツの巡行速度130km/hに達する。コーナーでは4WSとアクティブ・ロール・コントロール・システムのおかげで、5.4mのボディを感じないほどのクリックで安定したなハンドリングが際立った。

 また、ブレーキフィールはまったく自然でメカニカルと回生の狭間を感じることはなかった。さらにランフラットを止めた19インチタイヤのおかげでロードノイズは減少し、乗り心地が向上している。

ベンツEQSに相当!? BMW i7はEVサルーンのバリエーションを増やせる

筆者がさまざまなアシスト機能を体験し、特に「自動バックアップ走行」が面白かったという。車載のコンピューターが軌跡を記録。それにより、最大で200mまで自動で戻ることができる

 今回の試乗では走りよりもさまざまなADAS(ドライバーズ・アシスト・システム)を体験することができた。

 特に面白かったのはスーパーマーケットの狭い駐車場に入り込んで、スペースが見つからなかった場合の自動バックアップ走行である。車載のコンピュータはそこへ入り込むまでの軌跡を記録しており、ドライバーは何もしないで最大で200m(これまでは50m)まで自動で戻ることが可能なのだ。

 これは狭い道に入り込んで対向車に出会い、バックアップで戻ることもできる。こうした事態は頻繁ではないが、起こり得るので非常に便利なシステムといえる。

 ここでは前述の4WSのおかげで狭くて曲がりくねった道でもさらにまた、さまざまな条件下、例えば隣にクルマが駐車していない場合、白線だけでも自動パーキングが行えるのも頼もしい。

 さらに驚いたのはリアコンパートメントには31インチの8Kスクリーンがオプション装備可能でまさに車内で劇場のようなビデオを楽しむことができる。

 BMW i7はメルセデスベンツEQSに相当するハイエンドEVサルーンである。

 しかし、後者は近未来的なデザインを持つハッチバックサルーンでいっぽう、BMWのEVはiXシリーズもあり、自由な選択肢によって、これまでと変わらない独立したトランクを持った3ボックスサルーンを選べるという魅力は捨てがたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
グーネット
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
AUTOSPORT web
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
GQ JAPAN
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
レスポンス
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
バイクのニュース
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
Auto Prove
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
AUTOSPORT web
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
レスポンス
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
motorsport.com 日本版
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
VAGUE
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
月刊自家用車WEB
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
くるまのニュース
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
レスポンス
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
Auto Messe Web
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
  • 嫌~ッお巡りさん!

    あのクルマ、ヒビだらけの整備不良車よッ!w
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1554.01588.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.81530.0万円

中古車を検索
7シリーズの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1554.01588.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.81530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村