現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「全てが違法改造だったあの頃」1983年、公認取得に成功した死喰魔(シグマ)カミナリZの勇姿【Play Back The OPTION】

ここから本文です

「全てが違法改造だったあの頃」1983年、公認取得に成功した死喰魔(シグマ)カミナリZの勇姿【Play Back The OPTION】

掲載 更新
「全てが違法改造だったあの頃」1983年、公認取得に成功した死喰魔(シグマ)カミナリZの勇姿【Play Back The OPTION】

公認車検にこだわった「死喰魔(シグマ)」カミナリZ

すべてが違法改造だった1980年代前半の記憶

「見た目は綺麗なパンダトレノ・・・」その実はホンダF20C+スーパーチャージャー仕様で320馬力の超ジャジャ馬だった!

まだ、車検対応という言葉すら浸透していなかった1983年。マフラー交換も、ホイールやタイヤのサイズアップすらも違法改造と認識されていたあの頃。

そんな時代に、妖しげ(?)なメーカー名を掲げる「死喰魔(シグマ)」が、ワイドボディのカミナリZで公認取得を達成してしまったのである。このニュースは衝撃となって当時のチューング業界内を駆け抜け、OPTION誌も大々的に記事として取り上げた。

創成期のチューニングシーンに一石を投じた死喰魔カミナリZの勇姿を振り返っていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グラマラスなボディが魅力!

エキサイティングカーショー(注;東京オートサロンの前身)への出展などで話題を集めた死喰魔のカミナリZが、ついに陸運局の認定を獲得した。これで、大手を振って、ストリートを走れるわけだ。

このカミナリZは、カリフォルニアの日産ディーラーから購入したキットパーツに、オリジナルモディファイを加えて完成させたもの。他にも、カリフォルニアでは、ジム・クック製やケントレーシングなどでカスタムキットを製作し、広く販売している。

街中での注目度は抜群。ポルシェ928に似たスタイルには、思わず目を引き付けられる。

公認されるまでは、様々な難関があり、死喰魔の竹内氏はひとつひとつ解決し、ついに、認定にこぎつけたのだ。中でも、最も難問とされていたのは、暴走族を助長する恐れがある、という当局の心配だ。この問題に対し、個人としての楽しみであるという理由で認められたのだが、製品すべてに対しては公認されなかった。その点、竹内氏は「3ナンバーの車幅には相当な余裕があり、問題ないハズ。また、全長やホイールベースに変更は無いので、認められないのがおかしい」と主張する。

リヤウイングは分割式。テールゲート開閉可能。空力特性がよく、このままサーキット走行のできるサイズだ。また、リヤフェンダーに合わせるように、ドアも膨らみがつけてある。また、サイドステップもイヤミのない大きさだ。

このカミナリZは、陸運局の意向により、東京都練馬陸運事務所で認可されている。しかし、この陸運事務所で竹内氏所有によるカミナリZは、もう公認しないという。だが、竹内氏所有でないカミナリZには、公認の道は残されているわけだ。だから、このカミナリZのパーツ購入と同時に、改造申請に必要な書類すべてが用意されており、購入者個人で申請する形式となっている。

どうして、このようになったのかといえば、前述した改造の目的理由が「個人の楽しみのためだから」である。

フェンダーアーチは四角になっており、非常に大きくオーバーハングする。リヤは10Jのホイールに265/50VR15のタイヤを組んで、この外観だ。

300km/hフルスケールのスピードメーターが猛々しい。

このキットが装着できる車種は、S130系すべてだ。マイチェン後のS130系でもOK。また、3ナンバー、5ナンバーも問わないし、2シーター、2by2もOK。しかし、認可されるかどうかは別問題で、現在、認可されているのは3ナンバーの2シーター2台。また、申請中として3ナンバーの2by2がある。

だが、恐れることはない。個人の努力によって公認が可能だし、必要なものすべてを死喰魔で面倒みてくれるのだから。あとは、レッツ・トライ!

改造申請に必要な書類一式。30万円也。図面を専門家に書いてもらうだけで、20万円かかるそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理由はどうあれ、死喰魔カミナリZのこうしたアクションは当時としても異例。チューニング界が、徐々に“公認”を意識していくキッカケにもなったニュースである。

[OPTION 1983年6月号より]

こんな記事も読まれています

リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
AUTOSPORT web
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
レスポンス
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!?  「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!? 「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
くるまのニュース
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
バイクブロス
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
Auto Messe Web
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
Auto Prove
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
Webモーターマガジン
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
motorsport.com 日本版
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
WEB CARTOP
リワ・オアシスへの道。「ポルシェ911ダカール」をレーシング・ドライバーのアムナ・アル・クバイシがドライブ
リワ・オアシスへの道。「ポルシェ911ダカール」をレーシング・ドライバーのアムナ・アル・クバイシがドライブ
LE VOLANT CARSMEET WEB
マグヌッセン、角田裕毅&リカルドの猛攻凌ぎ12位「ポイントには届かなかったけど満足。去年とはかなり違う気がするよ!」|F1バーレーンGP
マグヌッセン、角田裕毅&リカルドの猛攻凌ぎ12位「ポイントには届かなかったけど満足。去年とはかなり違う気がするよ!」|F1バーレーンGP
motorsport.com 日本版
めちゃ増えてる!? 神出鬼没の新型「半固定式オービス」って何? 設置拠点の「法則性」は!? 「移動式オービス」との差とは
めちゃ増えてる!? 神出鬼没の新型「半固定式オービス」って何? 設置拠点の「法則性」は!? 「移動式オービス」との差とは
くるまのニュース
レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、RBのポジション入れ替えは”論理的な判断”だったと評価「角田よりもリカルドの方が、マグヌッセン攻略のチャンスがあった」
レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、RBのポジション入れ替えは”論理的な判断”だったと評価「角田よりもリカルドの方が、マグヌッセン攻略のチャンスがあった」
motorsport.com 日本版
メルセデスF1代表、レッドブル代表の女性問題でF1首脳陣の介入を要求「チーム間の勢力争いに矮小化していい問題ではない」
メルセデスF1代表、レッドブル代表の女性問題でF1首脳陣の介入を要求「チーム間の勢力争いに矮小化していい問題ではない」
motorsport.com 日本版
日産、商用バン「AD」を一部改良 衝突防止機能を標準装備 最大約8万円値下げ
日産、商用バン「AD」を一部改良 衝突防止機能を標準装備 最大約8万円値下げ
日刊自動車新聞
ホンダが新型「すごいハッチバック」を24年秋発売! 6速MT搭載の「快速仕様」 黒ボディの「RS」とは
ホンダが新型「すごいハッチバック」を24年秋発売! 6速MT搭載の「快速仕様」 黒ボディの「RS」とは
くるまのニュース
どうなる!?「二輪車定率割引」 使い勝手悪過ぎの距離条件100km撤廃を! 国土交通大臣に直接要望
どうなる!?「二輪車定率割引」 使い勝手悪過ぎの距離条件100km撤廃を! 国土交通大臣に直接要望
バイクのニュース
ホンダの新発想バイク新型「NX400」が今春発売! オンロードからフラットダートまで“道を選ばない”クロスオーバー仕様の魅力とは
ホンダの新発想バイク新型「NX400」が今春発売! オンロードからフラットダートまで“道を選ばない”クロスオーバー仕様の魅力とは
VAGUE

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.92800.0万円

中古車を検索
フェアレディZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

539.9920.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.92800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村