サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代シビックタイプRは199万円!! なぜ安くて楽しい車は実現できたのか

ここから本文です

 日本は長期のデフレ状態で消費者物価指数はバブル崩壊以後ほとんど変わっていない。総務省のデータを見ると、1997年6月を100とした場合、この20年くらいは95~102くらいの幅で動いてるだけ。

 まぁ、庶民にとっては物価が上がらないのは有難いことだけど、そのぶん給料も上がらないから閉塞感がつのってしまうわけだ。そんなデフレ日本なのに、気になるのは「でも、クルマだけは値上がりしてるんじゃない?」ということ。

今が絶好の買い時! 現行CX-5の中古車は価格下落&ディーゼル比率50%越え!!

 庶民感覚からすると「できればコミコミ200万までなんとか…」と言いたいところだけど、そうなるとクルマ好きの心をときめかせる選択肢はかなり狭まってしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ