現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボのインテリアの不思議な心地よさは、あのプレミアムブランドでも真似できない【ボルボのSUV特集】

ここから本文です

ボルボのインテリアの不思議な心地よさは、あのプレミアムブランドでも真似できない【ボルボのSUV特集】

掲載 更新 16
ボルボのインテリアの不思議な心地よさは、あのプレミアムブランドでも真似できない【ボルボのSUV特集】

2021年7月6日、ボルボ・カーズから「2021年上半期のボルボ・カーズの世界販売台数が、過去最高となる前年同期比41%アップの38万0757台を達成した」というニュースが流れた。日本での販売も好調で、上半期の販売台数は8428台となり、前年同期比13%の増加となったという。ただし、このボルボ人気は今に始まったことではなく、ここ数年じわりと高まり続けているというのが実状だ。では、その魅力はどこにあるのか、それはXC60に乗ってみるとわかる。

品質だけでは実現できないインテリアの心地よさ
ボルボ車の人気の理由のひとつはインテリアの心地よさにあるのではないかと、密かに思っている。天然由来の素材を使った質が高いインテリアトリムやオレフォス社製クリスタルシフトノブとあいまって、なんとも心地いい空間が作り上げられている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

精巧な作り込みを感じさせるが、そこにあるのは機械的なクールさではなく、人間味あふれる暖かさ。この心地いいインテリアはいかにして生まれたのかと考えてみたが、「寒くて暗い冬が長く続くスウェーデンでは、明るく優しい雰囲気のインテリアが好まれる」と説明されると、このクラスでは黒いインテリアが多いことを思い出して、「なるほど」と感心する。たしかにボルボ車のインテリアは、今回試乗した XC60 B5 AWD インスクリプションがそうであるように、オフホワイト系や明るいブラウンのものが多く設定されている。

さらに、スイッチ類は寒い時期に手袋をしたままで運転する時にも操作できるようにゆったりと配置。シートはコートを着たままでも乗り込めるように大振りでありながら、しっかり身体をホールドするように、すっぽり包み込むような作りになっている。柔らかいが柔らか過ぎることはなく、これがなかなか快適。すべて人間優先、実際のニーズを考えて作られていることがわかる。

足まわりもかっちりとしているが、硬過ぎない設定。これはとくに冬場の凍った荒れた路面での乗り心地に対応してのものだという。この足まわりは平滑な路面ばかりではない日本の道路環境にもよく合っている。

素朴で控えめな性格だが、それも大きな魅力になっていく
XC60 B5 AWD インスクリプションに搭載される48Vマイルドハイブリッドの2L 直4ターボエンジンの特性も、こうした車両のセッティングによくマッチしている。

48Vマイルドハイブリッドによるアイドリングストップからの再始動は滑らかそのもので、最高出力10kWのモーターの発進アシストはその存在を感じさせないほどにスムーズ。気筒休止システムも作動を確認するのが難しいほど静かで振動がない。

そのパフォーマンスはどんなものかと期待して試乗すると、肩透かしにあうことになるが、その走りは優しくて気持ちがいい。ハイブリッドの存在を主張する設定を好むメーカーもあるが、ボルボは唐突な動きは安全性や快適性を損なうという考えだ。これもインテリアの心地よさに繋がっていると思う。

こうしたボルボ車のセッティング志向は伝統的なものだが、一時はドイツ車などに押されて、ボルボは市場で地味な存在になりかけていた。そのクルマ作りが大きく変わったのはグローバル市場を視野に入れて、新世代アーキテクチャーのSPA(スケーラブル プロダクト アーキテクチャー)を採用してクルマの基礎を再構築し始めた頃から。デザインにも新しいアイコンが採り入れられ、どんどんクルマがよくなっていった。

こうなると、ボルボのイメージはどんどん高まっていく。ボルボ車の特徴として、安全に対するあくなき追求、環境への徹底した配慮、壊れにくく頑丈なことなどがあげられるが、スウェーデンの厳しい気候や道路環境、意識の高いユーザーの要求によって形作られてきた独自の個性によって、ボルボの魅力が再発見され、それはさらに大きなものになり続けている。

デザインとか素材だけの問題ではなく、こうしたクルマ作りから生み出される安心感あるいは誠実性から生まれたインテリアの心地よさ。これに魅了されてボルボ車を購入する人は少なくないはずだ。(文:Webモーターマガジン編集部 松本雅弘/写真:永元秀和)

ボルボ XC60 B5 AWD インスクリプション 主要諸元
●全長×全幅×全高:4690×1900×1660mm
●ホイールベース:2865mm
●車両重量:1890kg
●エンジン:直4 DOHCターボ+モーター
●排気量:1968cc
●最高出力:184kW(250ps)/5400-5700rpm
●最大トルク:350Nm/1800-4800rpm
●モーター最高出力:10kW/3000rpm
●モーター最大トルク:40Nm/2250rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミム・71L
●WLTCモード燃費:11.5km/L
●タイヤサイズ:235/55R19
●車両価格:739万円

[ アルバム : ボルボ XC60 B5 AWD インスクリプション はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
【発売まであと1週間】登場秒読みのBYDシールってどんなクルマ? 挑戦的な価格、「ファミリー」の存在を解説
AUTOCAR JAPAN
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
メルセデスF1はピット作業も大幅に改善。デザインチームと現場のクルー双方による「すべての範囲における努力」の賜物
AUTOSPORT web
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
高梨沙羅がスバル「“最上級”SUV」を乗りこなす! 女子スキージャンプ選手、海外での“華麗な運転姿”に「恐ろしく似合ってる」「かっこよすぎ!」と話題
くるまのニュース
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
レッドブル、FIA F3参戦中のジュニアドライバーをわずか4戦で解雇。シリーズへの参戦は継続
AUTOSPORT web
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
レトロで無骨なクロスオーバー 全長4.0m未満、フィアット新型「グランデ・パンダ」来年発売へ
AUTOCAR JAPAN
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
ロータスの前年同期比811%の急成長の理由とは? 2024年第1四半期は全世界で2194台を販売。中国で「エレトレ」と「エメヤ」が好調!?
Auto Messe Web
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
【新型を欧州で試乗】 BEV版とICE版の新型シトロエンC3 ヒット作の次はどんな戦略で?
AUTOCAR JAPAN
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
「名阪国道」の歴史的進化? ついに“雨に強く”なりました! 通行止めになりにくく
乗りものニュース
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
大きなリスクを伴うレッドブルのドライバー選択。フェルスタッペン離脱への備えが見えず/F1コラム
AUTOSPORT web
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
新型『ミニ・エースマン』上陸。新世代ファミリー第3弾はEV専用で2種類のパワートレインを用意
AUTOSPORT web
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
「国内最大クラス」のロボットトラクターが発売 様々な状況に対応 農業は無人車両の時代に?
乗りものニュース
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
ホンダ『N-BOXカスタム』を手軽にスタイリッシュにローダウン! テインから軽カー専用ローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」発売
レスポンス
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
トヨタが「謎のクルマ」を公開! 丸目2灯に“超軽量ボディ”採用した「ドイツ車」の正体とは!「段ボール製」のウワサは本当?
くるまのニュース
昭和レトロな雰囲気が魅力のデコトラの聖地! 創業50年の「与倉ドライブイン」は地元民とドライバーのオアシスだった【懐かしのドライブイン探訪その1】
昭和レトロな雰囲気が魅力のデコトラの聖地! 創業50年の「与倉ドライブイン」は地元民とドライバーのオアシスだった【懐かしのドライブイン探訪その1】
WEB CARTOP
西日本エリアの走ってみたい道路ランキング、2位阿蘇パノラマライン/日南フェニックスロード、1位は?
西日本エリアの走ってみたい道路ランキング、2位阿蘇パノラマライン/日南フェニックスロード、1位は?
@DIME
キャッチコピーが印象的だった1990年代の日本車3選
キャッチコピーが印象的だった1990年代の日本車3選
GQ JAPAN
激しいタイヤ消耗戦で“2タイヤ”コールの王者ブレイニーが待望の今季初勝利/NASCAR第17戦
激しいタイヤ消耗戦で“2タイヤ”コールの王者ブレイニーが待望の今季初勝利/NASCAR第17戦
AUTOSPORT web
ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
ワイドだけどマッチョじゃないポルシェ『911』、謎のプロトタイプは噂の新モデルか
レスポンス

みんなのコメント

16件
  • シートのマッサージが最高に気持ちいい
    乗り心地もソフトで疲れない
    長距離移動が本当に楽です
  • ボルボのインテリアデザインはお洒落だと
    思う。カジュアルな中にも高級感を上手く
    演出してるよね。
    特に明るい色に魅せられるけどジーンズのよう
    なゴワゴワ生地を着たときに、シワや色移りが
    しそうで選ぶのにも躊躇してしまう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索
XC60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

739.0839.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

37.91039.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村