現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】

ここから本文です

名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】

掲載 6
名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】

素晴らしいボディ形状再現に敬意を表して…

実車の世界のみならず、モデルカーの世界でも、昔から変わらずスカイラインの人気は高い。中でも、特に人気があるのはケンメリやハコスカであろう。もちろん今では、第二世代GT-Rを擁するR32~R34の各世代も、同様かそれ以上に熱い支持を集めているのだが、その息の長さも含めて考えれば、ケンメリ、ハコスカの人気は驚異的なものである。

全固体電池搭載EVの市場投入を目指す日産の本気! 建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開

【画像26枚】なるほどこうするのか!と納得の加工内容を見る

そんな訳で、2022年にハセガワから新金型でケンメリGT-R、すなわちKPGC110型 日産スカイライン2000GT-Rが1/24スケール・プラモデル化されたときは、狂喜乱舞した方も少なくないだろう。かくいう筆者もそのひとりであるが、その嬉しさの理由はおそらくどのモデラーにもほぼ共通であると思われる。すなわち、ハセガワならではの、実車にあまりにも忠実なボディラインの捉え方に、大きな期待がかかったからだ。そしてその期待は、最高のレベルで実現したのである。

さらに嬉しいことに、キットとして発売されたのはGT-Rだけではなかった。実車登場時の最上級グレードである2000GT-Xも製品化されたのである。リアホイールアーチが大きく切り欠かれ、しかも、オーバーフェンダーを装着するGT-Rとの兼ね合いはどうなるのか、ハセガワはどう対応するのか……。多くのモデラーが不安と期待で見守る中、ノーマルフェンダーのボディが専用に用意される(金型のコマ替えによるものであろうが)という最大の配慮を、ハセガワは見せてくれたのであった。

最初に登場したGT-Rの発売からはすでに2年近くが経っているだけに、すでに模型専門誌などでいくつも作例が発表されているが、当CARSMEETモデルカー俱楽部でも、このハセガワ製ケンメリを使って、楽しい作例とその制作過程をお見せしていきたい。という訳で、その制作を始めていこうという第1回がこの記事なのであるが、しかし、ただ素組みしただけでは、あまり面白味もないかもしれない。そこでこの連載では、キットでは省略されているエンジンを搭載してみようというのがまずひとつめの目玉である。そしてもうひとつ、ちょっとした仕様変えをしてみようと目論んでいる。

エンジンの再現に配慮された(であろう)シャシー形状
まずエンジンの搭載についてお話ししておこう。このハセガワ製ケンメリでは、すでにチラッと述べた通り、GT-RもGT-Xも、エンジンは再現されていない。これは決してキットの不備や欠点というわけではないが、やはりエンジン再現を楽しみたいモデラーは一定数いることだろう。

それはハセガワもよく分かっているらしく、本来なら必要ないであろう、独特な前輪タイヤハウス形状が、シャシーにしっかりと再現されているのである。単純なカマボコ型ではないこの部分があらかじめ実車通りに造形されていれば、あとは他からエンジンを流用するだけで、エンジンルームの再現はほぼ出来上がりも同然である(ちょっと言いすぎだが……)。ハセガワのこの細やかな気配りに、この作例で応えてみようという訳だ。

もうひとつ、「ちょっとした仕様替え」についてであるが、これは作者・北澤氏の遊び心によるところ大である。プリンス時代からすでに一部の国へ輸出が行われていたスカイラインであるが、その事実はあまり知られていないかもしれない。そうした海外仕様の中から、右ハンドルのまま作れる仕様ということで、オーストラリア向けのダットサン240K GTにしようというのである。実はこのダットサン240K仕様は、以前にアオシマが同社製ケンメリのバリエーションとして、2ドア/4ドアともにキット化したことがあったが、北澤氏がどのようにその再現に挑むのか、興味津々である。

という訳で今回行ったのは、ボンネットの切り離しと、エンジンルームの基本造形であるが、その工作の詳細については、画像とキャプションをご参照いただきたい。どんな作品に仕上がるかワクワクしながら、次回もお待ちいただければ幸いだ。

※使用キット
ハセガワ1/24スケールプラモデル ニッサン スカイライン HT 2000GT-X (KGC110)
3520円(税込)
ハセガワ公式サイト

関連タグ

こんな記事も読まれています

三井化学、EV素材やリサイクル戦略紹介…人とくるまのテクノロジー展 2024予定
三井化学、EV素材やリサイクル戦略紹介…人とくるまのテクノロジー展 2024予定
レスポンス
【角田裕毅F1第7戦分析】アンダーカットに成功。ライバルとのギャップを保ち、51周をハードで走り切り戦略を完遂
【角田裕毅F1第7戦分析】アンダーカットに成功。ライバルとのギャップを保ち、51周をハードで走り切り戦略を完遂
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ終了時点
AUTOSPORT web
ハイパープロ ZX-6R(636)13-24用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
ハイパープロ ZX-6R(636)13-24用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
バイクブロス
クルマに加工された「謎のツブツブ模様」なぜ必要? どうして車種によって有無がある? 気になる「不思議な印」の役立ち方とは
クルマに加工された「謎のツブツブ模様」なぜ必要? どうして車種によって有無がある? 気になる「不思議な印」の役立ち方とは
くるまのニュース
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ベストカーWeb
いつしか消えた軽自動車のホットハッチの復活希望! お金のない若者を育ててくれた「安くて面白くてバカッ速」モデルを振り返る
いつしか消えた軽自動車のホットハッチの復活希望! お金のない若者を育ててくれた「安くて面白くてバカッ速」モデルを振り返る
WEB CARTOP
高齢者の危険運転をなくすための講習ではないの!? 高齢者講習の運転技能検査とは?
高齢者の危険運転をなくすための講習ではないの!? 高齢者講習の運転技能検査とは?
LE VOLANT CARSMEET WEB
自転車を“後付け”で電動に! 話題のホンダ「スマチャリ」発売後の反応が気になる【次世代モビリティ最前線!Vol.4】
自転車を“後付け”で電動に! 話題のホンダ「スマチャリ」発売後の反応が気になる【次世代モビリティ最前線!Vol.4】
くるくら
ダエグのリア周りにダイレクトなフィーリングを!ZRX1200 DAEG 用「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」がアクティブから6月発売
ダエグのリア周りにダイレクトなフィーリングを!ZRX1200 DAEG 用「口の字断面スイングアーム ポリッシュ」がアクティブから6月発売
バイクブロス
【ポイントランキング】2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP終了時点
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、ノリス&ペナルティの脅威と戦い辛勝「ハードが機能せず厳しかった。逃げ切ることができて安堵」
フェルスタッペン、ノリス&ペナルティの脅威と戦い辛勝「ハードが機能せず厳しかった。逃げ切ることができて安堵」
AUTOSPORT web
過去最高業績!「バイクで絶好調のスズキ」に死角はないのか? 肩身狭かった二輪の躍進
過去最高業績!「バイクで絶好調のスズキ」に死角はないのか? 肩身狭かった二輪の躍進
乗りものニュース
国道・高速道路の「上り・下り」 “定義”を知らない人が多すぎる!
国道・高速道路の「上り・下り」 “定義”を知らない人が多すぎる!
Merkmal
6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
6/26申込締切「ロボタクシー」サービスの今とこれから~市場と主要企業の最新動向~
レスポンス
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
アクラポビッチのオリジナルグッズがアクティブから登場!
バイクブロス
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
正しい乗り方は! 基本的なライディングフォーム「リーンウィズ」って何?
バイクのニュース

みんなのコメント

6件
  • oom********
    まさにこの色とグレードに乗ってた。フロントマスクだけ後期型にして10万キロ走ったのが当時で三十万円で売ってたの買いました。箱スカよりも人気が無くてハイオクのツインキャブは速かった。
  • che********
    この勢いでヨンメリも出して欲しい!、、、アオシマ 、フジミ 、マイクロエース(旧LS)と昔から売ってる古いキットしかないから…。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.92050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村