現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「5速MT 最小SUV」の実車が凄い! 全長3.7m×ワイドデザイン採用で「空間」は狭くない!? アイゴXを体感してみた!

ここから本文です

トヨタ「5速MT 最小SUV」の実車が凄い! 全長3.7m×ワイドデザイン採用で「空間」は狭くない!? アイゴXを体感してみた!

掲載 19
トヨタ「5速MT 最小SUV」の実車が凄い! 全長3.7m×ワイドデザイン採用で「空間」は狭くない!? アイゴXを体感してみた!

■全長3.7mのトヨタ最小SUV「アイゴX」を体感!

 2022年から欧州の各市場で展開されているトヨタ「アイゴX(アイゴクロス)」。日本では販売されていないアイゴXにはどのような特徴があるのでしょうか。

【画像】小さくても存在感は凄い! トヨタ最小SUVの実車を体感! 内外装を写真で見る!(64枚)

 トヨタの欧州法人(欧州トヨタ)は、2005年に同市場において初代を投入、2014年には2代目にフルモデルチェンジ。

 欧州トヨタのエントリーモデルとしてそのコンパクトで可愛らしいデザインがユーザーに愛されてきました。

 2021年11月に世界初公開され2022年から発売されている現行の3代目は、車名をアイゴからアイゴXに変更され、エクステリアはクロスオーバーらしい踏ん張り感のある造形に加えて、新しいルーフラインを採用することでよりスポーティなイメージを演出しています。

 AセグメントのクロスオーバーとなるアイゴXですが、プラットフォームはコンパクトカー「ヤリス」やコンパクトSUV「ヤリスクロス」と同じTNGA GA-Bプラットフォームを採用しています。

 ボディサイズは全長3700mm×全幅1740mm×全高1510mmとなり、最小回転半径4.7mを実現するなど道の狭い場所でもストレスなく走ることが可能です。

 またインテリアは、シートポジションを55mm高くしたことや、Aピラーの角度を10%拡大したことで視認性を向上させ他、前席の間隔が20mm広がり、ショルダースペースも45mm拡大することで快適性も高まっています。

 実際にフランスで後席に乗って移動する機会に恵まれました。身長170cmの男性でもゆとりのある空間となっており、窮屈さは感じませんでした。

 さらに現地スタッフによれば「後席に180cmくらいの男性が乗っても狭い感じがないのが良い」という声もあり、見た目とは裏腹に快適な室内空間となっているようです。

 パワートレインは72馬力を発揮する1リッター直列3気筒エンジンにCVTもしくは5速MTが組み合わされます。

 大人3人でフランスの山道を走行しましたが、パワー不足という感じは無く機敏な動きでストレスなく走ります。

 なお、アイゴXのステアリングシステムは、欧州の都市部や郊外での走行を想定してチューニングされているといいます。

 快適機能として9インチタッチスクリーンディスプレイに備わる「Toyota Smart Connect」を使うことで様々な情報を見ることが可能な他、クラウドを利用したナビゲーションの提供や、新しいソフトウェアが自動的にシステムにインストールされる仕組みの備わっています。

※ ※ ※

 欧州トヨタにとってAセグメントのアイゴXの存在価値は大きく、同社は「新しいユーザーを取り込むクルマとして重要」だと説明しています。

 日本ではヤリスがエントリーモデルとして展開されていますが、それよりもボディサイズが小さなアイゴXは日本でも一定数の需要はありそうです。

こんな記事も読まれています

小山慶一郎オリジナル仕様のキャンピングカー登場!東京アウトドアショー2024
小山慶一郎オリジナル仕様のキャンピングカー登場!東京アウトドアショー2024
グーネット
車中泊やアウトドアで活躍!ポータブル電源「パワーアーク S10 Pro」に新色ブラック追加
車中泊やアウトドアで活躍!ポータブル電源「パワーアーク S10 Pro」に新色ブラック追加
グーネット
メルセデス・マイバッハ 専用ツートンカラーの特別仕様車「S 580 ナイトエディション」
メルセデス・マイバッハ 専用ツートンカラーの特別仕様車「S 580 ナイトエディション」
グーネット
ティアフォーとスズキ 自動運転技術の研究開発で協業 地域モビリティの発展目指す
ティアフォーとスズキ 自動運転技術の研究開発で協業 地域モビリティの発展目指す
グーネット
雨の日や夜間も安心!左右の道路状況がはっきり見えるスマートサイドモニター【動画あり】
雨の日や夜間も安心!左右の道路状況がはっきり見えるスマートサイドモニター【動画あり】
グーネット
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
ベストカーWeb
20歳女子レーサー、ENDLESSのトヨタ「GR86」を試す!「奥でしっかりコントロールできるブレーキが好きです」【令和女子旧車に乗る_番外編】
20歳女子レーサー、ENDLESSのトヨタ「GR86」を試す!「奥でしっかりコントロールできるブレーキが好きです」【令和女子旧車に乗る_番外編】
Auto Messe Web
現在も通用する安全デバイスの先進性に驚嘆! キャデラックSRXクロスオーバー試乗プレイバック
現在も通用する安全デバイスの先進性に驚嘆! キャデラックSRXクロスオーバー試乗プレイバック
ベストカーWeb
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
車内空間、乗り心地、操縦性、どれも強み! ルノー・セニック E-テック 593kmのロングレンジ版へ試乗
AUTOCAR JAPAN
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
BMW「1シリーズ」とホンダ「フリード」のニコイチバンパー! すべてワンオフでカスタムした「車種不明」なオーナーカーを紹介します
Auto Messe Web
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
AUTOCAR JAPAN
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
AUTOSPORT web
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
AUTOSPORT web
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
乗りものニュース

みんなのコメント

19件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.0318.0万円

中古車を検索
ヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

150.1235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

80.0318.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村