現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レビン直系のホットハッチ!! カローラスポーツはスポーティーな先祖たちを超えたのか

ここから本文です

レビン直系のホットハッチ!! カローラスポーツはスポーティーな先祖たちを超えたのか

掲載 更新 13
レビン直系のホットハッチ!! カローラスポーツはスポーティーな先祖たちを超えたのか

 カローラにはハッチゲートを備えたスポーティモデルが3代目から存在している。

 1976年1月に誕生した時は「リフトバック」を名乗り、シューティングブレーク風の3ドアハッチバックだった。が、83年5月にモデルチェンジして登場した5代目のE80系カローラはFRとFFのデュアル戦略を取り、後輪駆動モデルはレビンの名を引き継いだ。

新型シビック6/24世界初公開!! 発売は8月!! 売れるのか? そしてどうなるタイプR??

 そして1年半ほど遅れてFF2ボックスのカローラFXを送り込んでいる。フラッグシップの1600GTが積むのは、レビンと同じ4A-GE型DOHCエンジンで、これを横向きにして搭載した。このホットハッチが、今につながるカローラスポーツだ。

文/片岡英明、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】走りを気軽に楽しめるホット過ぎないハッチバック!! トヨタ カローラスポーツを見る

■12代目カローラに登場した久しぶりのハッチバック

2018年6月に鮮烈なデビューを飾ったカローラスポーツ

 カローラFXは87年に2代目、92年には3代目にバトンを託した。が、ハッチバックブームが去り、販売が落ち込んだため、カローラFXはわずか11年で姿を消している。その後ブランクがあったが、2001年に後継ハッチバックのカローラランクス(と兄弟車のアレックス)が登場した。

 だが、これも1代限りで姿を消している。そのポジションを引き継いだのがオーリスだ。

 そして18年3月のジュネーブショーにおいて新世代のオーリスハイブリッドが姿を現している。その直後に開催されたニューヨーク国際自動車ショーにはカローラiMの後継モデルとなるカローラ・ハッチバックを参考出品した。

 Cセグメントのど真ん中を狙ったトヨタ期待の世界戦略車は、ヨーロッパでは「カローラ」、北米では「カローラ・ハッチバック」を名乗っている。日本では「カローラスポーツ」と命名され、6月に鮮烈なデビューを飾った。12代目カローラの第1弾で、久しぶりのハッチバックである。

 5ドアのハッチバックだけの設定で、全幅は1790mmと、初めて3ナンバー枠に踏み込んだ。もう1つの注目は、トヨタの新世代として開発されたTNGAのGA-Cプラットフォームを採用したことである。

 強靭で軽量なプラットフォームの採用によってキレのいい走りを実現した。また。ダンパーの減衰力を好みに調整することができるAVSをオプション設定したこともニュースの1つだ。意のままの気持ちいい走りと快適な乗り心地を、高い次元で両立させている。

■走りを考えた数々の工夫

MT車に搭載されたi-MTなど、カローラスポーツには気軽に走りを楽しめる様々な工夫が凝らされている

 パワートレインは2つを用意した。1つはC-HRから譲り受けた1.8Lのアトキンソンサイクル直列4気筒エンジンにモーターのハイブリッドシステム、THSIIだ。もう1機種は1.2L直列4気筒DOHC直噴ターボである。

 ハイブリッド車は燃費がいいだけでなく快適性も高い。だが、一世を風靡したレビンの直系と考えるなら、チョイスするのは直噴ターボ搭載車だろう。販売の主役は10速モードを持つCVTになっている。が、レビンに思いをはせる人はシフトダウン時に自動でブリッピングを行う6速iMTを選ぶはずだ。

 1.2Lの直噴ターボは、レギュラーガソリン仕様なのが嬉しい。平坦路では不満のない実力だが、ターボが過給する前の低回転域ではパンチ力不足と感じた。応答レスポンスも今一歩と感じる。

 だが、2000回転を超えてからはターボの後押しによって力強い加速を楽しむことができる。10速CVTでもパドルを使って積極的に変速を行えば、気持ちいい加速と減速を引き出すことが可能だ。

 CVTより格段に楽しいのは、シフトダウン時に回転合わせするブリッピング機能やエンストを防ぐ発進アシストなどを加えた6速MTのi-MT搭載車である。スポーツモードとスポーツ+モードをチョイスすれば上手に回転を合わせ、ギクシャクとした動きにならず変速できた。

 クラッチ操作は軽く、スッと軽やかに変速できる。気難しいクラッチミートを補助してくれるアンチストール機能もあるから、エンストに悩まされることは大きく減った。これも嬉しいところだ。

 とはいえ、AE86型カローラレビンに搭載された1.6Lの4A-GEU型DOHCエンジンほど高回転は気持ちよくない。この時代のレビンの自然吸気エンジンは7000回転まで軽々と回り切る実力を秘め、加速を重視したローギアードな5速MTと相まって変速するのが楽しいのである。

 その後継となるAE101系レビンでは可変バルブタイミング機構を組み込んだDOHC5バルブエンジンになり、さらに鋭い切れ味を手に入れた。回していくと快音を奏でるなど、五感に訴える熱い鼓動がドライバーに伝わってくる。この快感もカローラスポーツには望めないものだ。

■肩肘張らずに走りを楽しめる

オプション設定の電子制御ダンパー、AVSを装備したカローラスポーツはスポーツ走行も気軽にこなせる

 大きな差を感じさせたのはハンドリングである。オプション設定の電子制御ダンパー、AVSを装備したカローラスポーツは軽快なハンドリングを身につけ、意のままの走りを楽しむことができた。強靭なシャシー性能と最新設計のダンパーによる懐の深い走りは大きな魅力だ。

 荒れた路面でも足がしなやかに動き、コーナーではロールの発生が自然だし、リアの接地フィールもいい。ステアリングを切り込むと軽やかに向きが変わる。

 とくにAVS装着車はスポーティ感だけでなく、コントロールできる領域も広い。タイトコーナーでも狙ったラインに無理なく乗せることが可能だ。

 スポーツ+モードを選べばサーキット走行も余裕でこなす。18インチタイヤを上手に履きこなし、限界域も驚くほど高いところにある。しかも乗り心地だって悪いと感じさせない。

 後輪駆動のAE86型レビンは、限界そのものは高くはないが、操る楽しさは格別だ。シャシーやサスペンションは古典的だが、テクニックを磨くのには最適だった。軽量だから軽快感が強く、乗りこなせるようになればドリフトも自在だ。

 ワインディングロードからサーキット走行まで、テクニックに応じて走りを楽しむことができる。AE101系レビンではスーパーストラットになって限界コントロール性が向上したし、これに続くAE110系レビンでは軽量化にも挑んだから痛快なコーナリングを披露した。

 カローラスポーツは若いカップルにも似合う2BOXハッチで、走りを最優先したホットハッチではない。イメージ的にはレビンではなく2BOX上級生として登場したカローラFXの系統になる。レビンの血統はトヨタ86に受け継がれているし、FFのホットハッチなら今はGRヤリスだろう。

 肩肘張らず気持ちいい走りを楽しめるのがカローラスポーツのいいところだ。世界をターゲットにしているから絶大な安心感があり、快適性も高いレベルにある。エコを意識するならハイブリッド車を選べるのも魅力だろう。

【画像ギャラリー】走りを気軽に楽しめるホット過ぎないハッチバック!! トヨタ カローラスポーツを見る

こんな記事も読まれています

車の「オイル」いつ交換? 換えないとどうなる!? 超大事な「車の血液」 定期交換とチェックが必要な理由とは
車の「オイル」いつ交換? 換えないとどうなる!? 超大事な「車の血液」 定期交換とチェックが必要な理由とは
くるまのニュース
新車のような深みのある艶が復活! 劣化した車の樹脂パーツにベストなコーティング剤
新車のような深みのある艶が復活! 劣化した車の樹脂パーツにベストなコーティング剤
月刊自家用車WEB
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
[破格]ロッキーは170万円で広々空間!! マツダはクラス超えのカッコよさ! 300万円で買えるSUV6選
ベストカーWeb
自分の責任ではあるけれど聞くも涙! 実際にあった愛車の廃車エピソード3つ
自分の責任ではあるけれど聞くも涙! 実際にあった愛車の廃車エピソード3つ
WEB CARTOP
カロッツェリアから2024年夏モデルが一挙に登場! カーライフを充実させる注目のアイテムを見逃すな!
カロッツェリアから2024年夏モデルが一挙に登場! カーライフを充実させる注目のアイテムを見逃すな!
LE VOLANT CARSMEET WEB
AS2OV × 38explore のリアルツリーカモ柄ランタン「38灯/MIYABI」の抽選販売が5/25スタート!
AS2OV × 38explore のリアルツリーカモ柄ランタン「38灯/MIYABI」の抽選販売が5/25スタート!
バイクブロス
T6カリフォルニアと比べてみる フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(3) 長旅の素晴らしい相棒
T6カリフォルニアと比べてみる フォルクスワーゲンID.バズ 長期テスト(3) 長旅の素晴らしい相棒
AUTOCAR JAPAN
フェルスタッペン、セナ&プロストの記録に並ぶ連続ポール「苦労し続けた週末。この挽回を誇りに思う」/F1第7戦
フェルスタッペン、セナ&プロストの記録に並ぶ連続ポール「苦労し続けた週末。この挽回を誇りに思う」/F1第7戦
AUTOSPORT web
【モト・グッツィ】V7ストーン/コルサ用「Arrow 製サイレンサーキット20%OFFキャンペーン」を7/31まで開催中!
【モト・グッツィ】V7ストーン/コルサ用「Arrow 製サイレンサーキット20%OFFキャンペーン」を7/31まで開催中!
バイクブロス
フェラーリ『12チリンドリ』..V12フラッグシップは彫刻的なデザインに
フェラーリ『12チリンドリ』..V12フラッグシップは彫刻的なデザインに
レスポンス
最速級の“超シャコタン”「クラウン“セダン”」公開! 全長5m超えの「ビッグな王道セダン」が“ベタベタ”に! 走行も可能なド迫力仕様に「カッコイイ!」の声も
最速級の“超シャコタン”「クラウン“セダン”」公開! 全長5m超えの「ビッグな王道セダン」が“ベタベタ”に! 走行も可能なド迫力仕様に「カッコイイ!」の声も
くるまのニュース
[カブトムシ]と呼ばれた超意外なクルマ!? 虫の愛称がつけられた名車たち
[カブトムシ]と呼ばれた超意外なクルマ!? 虫の愛称がつけられた名車たち
ベストカーWeb
誰もがサーキットを楽しめる一日! 「走る!」「見る!」「体験する!」クルマイベント「SUGOスピードフェスティバル2024」
誰もがサーキットを楽しめる一日! 「走る!」「見る!」「体験する!」クルマイベント「SUGOスピードフェスティバル2024」
LE VOLANT CARSMEET WEB
Juju、スーパーフォーミュラ第2戦は1周遅れの20位。ベストを尽くしきれず「もっとやれることがあったんじゃないか」
Juju、スーパーフォーミュラ第2戦は1周遅れの20位。ベストを尽くしきれず「もっとやれることがあったんじゃないか」
motorsport.com 日本版
F1分析|角田裕毅イモラでの10位は喜ぶべき結果? ヒュルケンベルグに先行されてしまったことで、タイヤの”美味しいところ”が使えなかった事実
F1分析|角田裕毅イモラでの10位は喜ぶべき結果? ヒュルケンベルグに先行されてしまったことで、タイヤの”美味しいところ”が使えなかった事実
motorsport.com 日本版
ダイハツが本気出すとこんなことになる! ブーンX4がガチで熱すぎるクルマだった
ダイハツが本気出すとこんなことになる! ブーンX4がガチで熱すぎるクルマだった
WEB CARTOP
フェラーリは、パワーの使い方で負けていた? ルクレール「予選の戦略が間違っていた」|F1エミリア・ロマーニャGP
フェラーリは、パワーの使い方で負けていた? ルクレール「予選の戦略が間違っていた」|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
セダン? SUV? シトロエンらしい個性派モデルが大規模改良へ フロントマスクに注目!
セダン? SUV? シトロエンらしい個性派モデルが大規模改良へ フロントマスクに注目!
レスポンス

みんなのコメント

13件
  • どこがレビン直系だ。
    アホか。
  • 字数稼ぎなのか、ヒョウロンカどもはお題に関係ないウンチクが長い。
    で、肝心の「超えた」かどうかはさらっと書いておしまい。
    なんともまあ薄っぺらなこった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.0272.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.8395.6万円

中古車を検索
カローラスポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.0272.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.8395.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村