現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由

ここから本文です

【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由

掲載 20
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由

 なかなか注目されずひっそりと消えていったクルマのなかには、意外にいいじゃないのよという名車も多い。そのなかでも欧州車のような走りで自動車評論家の評価も高かった。今回はあまり知られず、ひっそりと消えたスズキスプラッシュに焦点を当ててみたい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/スズキ

【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由

■1代限りで消滅した欧州テイスト溢れる小型車

スイフトとは違って全高が高く、ボディの四隅に力強く張り出したフェンダー、キャビンの広さがウリ

 こんなに走りがよかったのかと、感心する日本車は意外に多い。海外で生産された日本車と聞いて、50代以上のおじさん世代が思い浮かべるのはUSアコードクーペ、シビッククーペ、2代目アベンシス、SX4あたりだろうか。

 これらのクルマはそこそこ売れたのだが、今回紹介するスズキスプラッシュは、2008年に10月に販売開始した、極めて珍しい海外生産の日本車だった。

 スプラッシュはハンガリーのマジャールスズキ社から輸入され、スズキ相良工場(後に湖西工場)でPDI作業が行われた。1L、1.2L、1.3Lディーゼルの3種類のエンジンが用意されているが、スプラッシュは2代目スイフトと同じ、1.2Lエンジンにアイシン製CVTを組み合わせた日本専用のパワートレインが搭載された。

 発売された当時、すでにスイフト、スイフトスポーツがヒットしており、なぜ国内で販売されていないスプラッシュが販売されたのか、スイフトとの棲み分けをどうするのか、不思議に持ったものだ。目標月販売台数500台と、あまりに少ないので驚いたのを覚えている。

 スプラッシュの発表当時、メーカーに聞いたことがあるが、スプラッシュを発売した理由について、燃料価格が高騰していたこともあり、小型車カテゴリーを拡充する必要性があった、ということだった。

空力性能に貢献する流れるルーフラインと切り立ったリアエンドが特徴

 スイフトと喰い合わないのか、棲み分けはどうだったのか、というと、当時、スイフトはスポーティなハッチバックでヒットしていたが、そのユーザー層は男性が7割だった。

 いっぽう、スプラッシュは背が高く室内スペースはスイフトより広かったので、女性ユーザーに向けた実用車という位置づけだったので、スイフトとの棲み分けができていた、という解釈。

 たしかにスプラッシュのエクステリアを見ると、背が高く、居住性はスイフトより高い。しかも、スイフトと比べると、ガッチリと作られていて、どこかドイツ車のオペルっぽかった。

[usedcar-search brand_cd="1055" body_cd="3" car_cd="10552027" keyword="スプラッシュ" limit=30]

■女性よりもクルマ好きの男性向け! MTがあったら売れた?

欧州車のようなボディ剛性の高さと足回りで、日本車とは明らかに違う魅力に溢れていた

 そう、実はこのスプラッシュは、スズキとGMの提携関係から、GM傘下のオペルやボクスホールブランドでも販売されていた。開発はスズキ主導とはいえ、オペルは欧州車基準に合わせるための評価を行っていたので、どこかオペル車を感じさせるのは納得がいく。

 意外な一面としてはわざわざルーフ後端を下げて、リアホイール前にフラップを付けるなどして、空気抵抗のCd値は0.32と空力的に工夫を凝らして開発されたこともあまり知られていない。

 そのほか、国内専用のスプラッシュの専用装備としては、フロントのプッシュ式カップホルダーをはじめ、シートリフター付きの大柄でしっかりした作りのシート、サイドカーテンを含む6エアバッグ、人数分のヘッドラストと3点式シートベルト(プリテンショナー機構+フォースリミッター機構付き)。

 更にはイモビライザー付きのキーレスエントリー、さらに2011年の改良でESPが標準装備となり、低価格ながら欧州基準の装備が採用された。

 ではスプラッシュの話はどうだったのか? 当時、スズキが用意していたスプラッシュの広報車に、故三本和彦さんと一緒に乗ったことを思い出した。「ボディ剛性感が高く、足回りはそのせいなのか、よく動く。路面からの入力が大きくたっぷりとしたストロークで、衝撃をしなやかにいなす。

 こりゃ目隠しして乗ったらドイツ車と答えるだろうね。MTがあったら欲しかったね」と、走りのよさに感心していた。とはいえ、路面の悪い街中で走ると、正直、足の硬さを感じたものだ。

 スズキは女性ユーザーに買ってほしかったようだが、これは明らかに男性ユーザー向けだった。ボディ剛性感、コーナーでのロールの少なさ、ドイツ車のようなスポーティなハンドリングは、スイフトよりいいんじゃないかと、思うほどだった。

[articlelink]

■スプラッシュの中古車は15万~60万円

オーバル (楕円形)をデザインモチーフとした、シンプルかつモダンなインテリア。トランスミッションがCVTではなく、MTだったらヒットしていたのかもしれない

 スプラッシュは2008年10月に販売開始、2012年4月でいったん販売終了するものの、2012年6月にマイナーチェンジモデルを発表。2014年8月に日本での販売は終了した。

 現在、中古車市場に流通しているのは15万~60万円。最高価格の60万円のクルマは2014年式で3.9万km。そのほかのクルマも例えば2008年式1.9万km、23万円というふうに、多走行のクルマも多くはなく、荒れたクルマはあまりなさそうだ。

 MTだったらもっと高い気がするが、安価で欧州車のようなテイストを味わいたければ、スプラッシュも候補に入れてみるにも悪くはないだろう。

こんな記事も読まれています

3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
ターボの「ポン付け」とかいうけど全然「ポン」じゃない! いまどきのNA車のターボ化は超高難易度だった!!
WEB CARTOP
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
ハイパープロ CT125ハンターカブ(20-23)用「ステアリングダンパーステー」がアクティブから登場!
バイクブロス
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
アクティブが「Rebel1100 DCT」2024 ショーモデルのパーツを公開!
バイクブロス
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
株式会社 NEXER がバイクで走りたい都道府県ランキングを発表!
バイクブロス
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
軽自動車の王者「N-BOX」に何が起きた? 販売ランキングでついに「首位陥落」、その納得理由とは
Merkmal
スズキ新型「クルーズ」発表! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”! MT設定&精悍エアロもイイ「エルティガH」尼で登場
スズキ新型「クルーズ」発表! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”! MT設定&精悍エアロもイイ「エルティガH」尼で登場
くるまのニュース
日本にもたまにある!? バイクでのランドアバウトの正しい走り方とは
日本にもたまにある!? バイクでのランドアバウトの正しい走り方とは
バイクのニュース
ホンダ『メトロポリタン』…米国版『ジョルノ』の2025年モデル
ホンダ『メトロポリタン』…米国版『ジョルノ』の2025年モデル
レスポンス
巨匠が残した含蓄に富む名台詞を振り返る!! 小さな高級車論ほか 【復刻・徳大寺有恒「俺と疾れ!!」】
巨匠が残した含蓄に富む名台詞を振り返る!! 小さな高級車論ほか 【復刻・徳大寺有恒「俺と疾れ!!」】
ベストカーWeb
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
WEB CARTOP
1番安いのは「150万円」! 全長“4m以下”&利便性バッチリ! コンパクトな「国産ホットハッチ」3選
1番安いのは「150万円」! 全長“4m以下”&利便性バッチリ! コンパクトな「国産ホットハッチ」3選
くるまのニュース
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
国産の“次世代フォーミュラカー”製作を公表した日本自動車レース工業会に聞く。既に空力設計に着手……目指すはスーパーフォーミュラでの採用か?
motorsport.com 日本版
【MotoGP】アコスタは”天才”とKTMエスパルガロ太鼓判「誰も真似できないライディングをしている」
【MotoGP】アコスタは”天才”とKTMエスパルガロ太鼓判「誰も真似できないライディングをしている」
motorsport.com 日本版
陸・空の移動をシームレスに!「ホンダジェット」を使用したシェアサービス、2024年6月から開始!
陸・空の移動をシームレスに!「ホンダジェット」を使用したシェアサービス、2024年6月から開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB
全長4.1mで8人乗り! アンダー200万円のスズキ「めちゃコンパクトミニバン」がスゴい! 質素すぎる「APV」は日本でも求められる存在か
全長4.1mで8人乗り! アンダー200万円のスズキ「めちゃコンパクトミニバン」がスゴい! 質素すぎる「APV」は日本でも求められる存在か
くるまのニュース
色良し、スタイル良し、好みなんです!ホンダの原付二種レジャーモデル『CT125・ハンターカブ』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
色良し、スタイル良し、好みなんです!ホンダの原付二種レジャーモデル『CT125・ハンターカブ』に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
多くのアクシデントに見舞われたトヨタ勢。7号車がフェラーリに敗れた決定的要因は“パンクとエンジントラブル”か
多くのアクシデントに見舞われたトヨタ勢。7号車がフェラーリに敗れた決定的要因は“パンクとエンジントラブル”か
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

20件
  • vsl********
    安全装備が充実していたのは海外で鍛えられた。そこがスズキとダイハツの違いなのかな。
  • ant********
    パワステが重めで、いかにも「御してる」って感じが良かった。
    ユーロ安のおかげか新車価格は軽自動車より安かったけど、コンチネンタルを履いてたり、6エアバッグ装備だったり。
    スズキがトヨタと提携している限り、もう2度とこんな面白いクルマは出てこないだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.052.9万円

中古車を検索
スプラッシュの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.052.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村